ウルトラマン40周年記念ワークショップ 東京大学で(1/25)

ニュース 学問/教育

 特撮番組『ウルトラマンシリーズ』が今年で40年を迎えるのを記念した特別ワークショップが、東京大学の本郷キャンパスで開催される。
 このワークショップは「東京大学 冬季特別ワークショップ 映像クリエイターを目指す人たちへ」で、日本で最も愛されている特撮番組のひとつ『ウルトラマンシリーズ』の映像を様々な視点で考える。開催は2月10日土曜日、東京大学本郷キャンパスで10時から12時半となる。

 プログラムは、専門家による3つのプレゼンテーションとパネルディスカッションからなる。
 プレゼンテーションでは、円谷プロダクション常務取締役製作本部大岡新一本部長による「円谷プロの映像表現」と南カリフォルニア大学映画部リピット・水田尭教授の「ウルトラマン40年の一般性と普遍性」、東京大学 国際・産学協同研究センター安田浩教授の「東京大学プロデューサー育成プログラムの紹介」である。
 パネルディスカッションには安田氏、大岡氏に、リチャード・ワインバーガー南カリフォルニア大学映画部教授とVFXスーパーアドバイザーのエリック・ハンソン氏も加わって「制作現場から、教育現場から」が開催される。
 さらに今回特別上演プログラムとして、「円谷TV特撮40年の歩み~映像メディアの変遷と共に」が上映される。こちらの注目も高くなりそうだ。

 コンテンツ産業が脚光を浴びるなかで、映画やアニメ、ゲームなどが、大学で取り上げられる機会が増えている。しかし、これまで特撮映像に絞って開催されたプログラムはあまり見られない。
 特撮番組はアニメと共に、日本のエンターテイメント映像の歴史を担ってきた長い伝統がある。あらためて特撮映像のありかたを考えるにはよい機会とも言えるだろう。

 今回のワークショップは、東京大学の会場から東京八王子市の東京工科大学と米国の南カリフォルニア大学のふたつの別会場にも同時中継を行なう。場所や国境を越えたワークショプとして、こちらのほうも注目である。
 さらに、今回のワークショップのダイジェスト映像は、パニックネットワークサービシーズが運営するウルトラマンチャンネルでも放映する予定である。

講演会の詳細は下記リンクから
/円谷プロダクション公式サイト  
  /円谷ニュース 東京大学「冬季特別一般講座」開催! 

「東京大学 冬季特別ワークショップ 映像クリエイターを目指す人たちへ」
第1部 プレゼンテーション
「円谷プロの映像表現」
円谷プロダクション 常務取締役 製作本部 大岡新一本部長
「ウルトラマン40年の一般性と普遍性」、
南カリフォルニア大学映画部 リピット・水田尭教授
「東京大学プロデューサー育成プログラムの紹介」
東京大学 国際・産学協同研究センター 安田浩教授
総合司会:野上綾花

第2部 パネルディスカッション
「制作の現場から、教育の現場から」
パネリスト
東京大学 国際・産学協同研究センター 安田浩教授
円谷プロダクション 常務取締役 製作本部 大岡新一本部長
リチャード・ワインバーガー南カリフォルニア大学映画部教授
VFXスーパーアドバイザー エリック・ハンソ氏
結城崇史氏(東京工科大学 メディア学部演習講師)

/東京大学 
/東京工科大学  
/南カリフォルニア大学 

/ウルトラチャンネル 

《animeanime》

特集