ゲーム開発者会議 基調講演に任天堂宮本茂氏(1/23) | アニメ!アニメ!

ゲーム開発者会議 基調講演に任天堂宮本茂氏(1/23)

ニュース ゲーム

 3月5日から9日まで米国サンフランシスコ市で開催されるコンピュ-ターゲームの産業コンファレンス「ゲーム開発者会議2007」(GDC2007)は、大会の基調講演を任天堂の取締役専務で開発本部長の宮本茂氏が行なうと発表した。

 講演のタイトルは「クリエイティブ・ビジョン」となる。このなかで宮本氏は、自身の創造的なビジョンと仕事との関係や、ニンテンドーDSやWiiを初めとする現在のグローバルな現象を取り巻くテクノロジーついて語る予定である。
 宮本氏は『スーパーマリオブラザーズ』や『ゼルダの伝説』、『ニンテンドッグス』といった人気ソフトの開発で、任天堂や日本だけでなく世界を代表するゲームクリエイターと見做されている。
 GDCの基調講演は、昨年、一昨年が任天堂の岩田聡社長だったことから、3年連続任天堂の関係者によるものとなる。

 GDCは米国内でも有数のゲーム業界イベントで、ゲーム産業関係者に対する影響力の大きさで知られている。そうしたなかでの宮本氏の基調講演は、米国のゲーム業界の変わらない任天堂への高い関心の表れといえる。
 これまでGDCはゲーム開発を主にクリエイター側から見ることが多く、また会場でのゲーム新作の発表も少なかった。しかし、今年から全米最大のコンピューターゲームショーのE3がなくなるため、その代替イベントとして大きな注目を浴びている。こうしたことから今回の基調講演も、例年以上に大きな関心を集めるだろう。

 また、GDC2007での宮本氏以外の日本人による講演は、ゲーム開発者会議の日本支部であるIGDA日本の公式サイトが一覧にしてまとめている。これによると日本人によるセッションは1月22日段階で9つとなっている。
 セッションの内容はスクゥエア・エニックス関連が2つ、任天堂関連が2つあり、人気ゲームの開発や開発後の分析に関するものが中心となっている。

/ゲーム開発者会議2007(日本語) 
/IGDA日本公式サイト  /GDC2007 日本人講演者セッション一覧
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集