キッズステーション NTTでオンデマンド番組配信(9/21) | アニメ!アニメ!

キッズステーション NTTでオンデマンド番組配信(9/21)

ニュース アニメ

 NTT東西のフレッツを利用した映像オンデマンド・サービス「オンデマンドTV」の基本チャンネルに、アニメチャンネルのキッズステーションなど2チャンルが11月1日から加わる。
 オンデマンドTVの利用者は、基本月額料金内でキッズステーションの番組が見放題で利用できるようになる。作品ラインナップには、『ポケットモンスター』、『ルパン三世』、『NARUTO』」などの人気アニメ番組が多数含まれている。

 オンデマンドTVは、NTT東西のフレッツサービスを利用して家庭のテレビに直接番組を提供するサービスで、2005年3月に開始した。現在は、5000作品の番組リストと今回の2チャンネルを加えた29ベーシックチャンネルと7つの有料チャンネルからなる。
 また、サービスは好きな番組だけを選択するビデオサービスと専門チャンネルを放映するチャンネルサービスの2種類分かれており、今回キッズステーションが加わるのはこのチャンネルサービスである。
 アニメ関連のチャンネルでは、これまでアニマックスとカートゥーンネットワーク、トゥーン・ディズニーも配信されている。今回のカートゥーンネットワークの追加により日本の主要なアニメ・アニメーションのチャンネルが全てそろったことになる。

 米国では大手の通信会社が、光ファイバーを使ったオンデマンド型の番組配信サービスを拡大しており、既存の放送局と番組放映と市場の争奪を始めている。一方、日本のオンデマンド・サービスではこれまでヤフーやGyaOのようなインターネット関連企業が、こうした分野を開拓していた。

 しかし、日本でも通信業界の大企業であるNTT東西が、この分野への進出に意欲を高めているようだ。とりわけネットを通じた番組配信サービスのなかでは、アニメ作品は需要が高い。
 アニメ番組に強みを持つキッズステーショやアニメックスを並べるオンデマンドTVは、インターネット配信サービスだけでなく、地上波放送局やケーブル放送局の手強いライバルになる可能性を秘めている。

/オンデマンドTV 
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集