電車男 米国公開 9月22日からNYで(9/9) | アニメ!アニメ!

電車男 米国公開 9月22日からNYで(9/9)

ニュース 海外

 米国でマンガ・アニメの流通・販売を行う大手企業Vizメディアは、2005年に日本で大ヒットした映画『電車男』(監督:村上正典)の映画配給を行うと発表した。配給を行うのはVizメディアのグループ会社であるVizピクチャーズである。
 Vizによれば『電車男』は、9月12日にニューヨークのイマジンアジア・シアターでプレス試写会を行う。その後、9月22日から同劇場で一週間上映される。さらに、ニューヨークでの上映後は、オレゴン州ポートランドやシカゴ、シアトルほか全米の主要都市を巡回する予定となっている。
 Vizメディアは10月3日にはコミック版の『電車男』(画:原秀則)の米国発売も行う。さらに、2007年1月にはDVDの販売も予定している。今回の映画上映はこれらのプロモーションを兼ねているだろう。

 VizピクチャーズはVizメディアの行う新規事業で、主に米国での展開が難しいとされる日本の実写映画を米国で紹介する目的で設立された。同社社長の堀淵清治氏は、Vizメディアの前身であるViz.LLCの設立者で、現在はVizメディアの会長も務めている。
 同氏は8月に、Vizメディア設立から現在までのビジネスの軌跡を追った『萌えるアメリカ米国人はいかにしてMANGAを読むようになったか』を出版している。本のなかでは、Vizピクチャーズの目的や設立の経緯についても詳しく触れられている。
 今回の『電車男』の公開は、そのVizピクチャーズにとって最初の本格的なプロジェクトになる。

/Vizメディア 

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集