ドリームワークスと アードマン オンラインゲームへ(8/1) | アニメ!アニメ!

ドリームワークスと アードマン オンラインゲームへ(8/1)

ニュース ゲーム

 米国の大手映画会社ドリームワークスは、アードマンやAOL、マーク・バーネット氏と協力して同社初のオンラインゲームを開発する。このゲームは11月3日に公開予定のドリームワークス/アードマン製作の新作劇場アニメーション『スプラッシュド・アウェイ:Flushed Away』がテーマとなった『スプラッシュド・アウェイ 地下の冒険:Flushed Away Underground Adventure』である。
 ゲーム内のアニメーションは3D映像を豊富に盛り込んだものとなり、映画とは別のオリジナル映像として制作される。

 ゲームの企画には、AOLでインタラクティブゲームの『ゴールドラッシュ』を成功させた辣腕プロデュサーのバーネット氏が協力する。ゲームはAOL利用者限定コンテンツとなり、映画公開直前の今年10月に一般公開される。
 ゲームの特徴は、これまでのオンラインゲームがハイティーン以上の限られた世代をメインターゲットにしていたのに対して、子供も含めた幅広い世代を対象としていることである。親子で遊べるオンラインゲームがコンセプトとなる。ゲーム内にはパズルゲームなども用意され、それを利用したコンテストなども行われる。

 子供向けのアニメーションとオンラインゲームについては、先日、カートゥーンネットワークが自社のキャラクターを利用した大規模な子供向けオンラインゲームの開発を発表したばかりである。
 これまで米国でも、日本同様にオンラインゲームの利用者はMMORPGに代表されるハイティーン以上の層が多かった。しかしオンラインゲームをより一般化するために、子供が楽しめるオンラインゲームが新たなトレンドとなりつつあるようだ。

/スプラッシュド・アウェイ 地下の冒険公式サイト
/スプラッシュド・アウェイ公式サイト

/ドリームワークス
/アードマンアニメーション 
/AOL 

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集