米アダルトスイム 18歳-34歳で視聴率1位(5/9) | アニメ!アニメ!

米アダルトスイム 18歳-34歳で視聴率1位(5/9)

ニュース 海外

 アメリカのカートゥーンネットワーク(CN)は、大人向けアニメ・カートゥーンを放映するアダルトスイム局が、4月の視聴率で18歳から34歳の視聴者層で1位になったと発表した。アダルトスイムは子供向けチャンネルのカートゥーンネットワークとチャンネルを共有しており、平日の22時半以降(土曜23時以降、日曜22時以降)に放映されている。
 放映される番組には、『サムライチャンプルー』や『エヴァンゲリオン』、『犬夜叉』、『カウボーイビバップ』などの日本アニメが数多く含まれている。アメリカにおける日本アニメ放送の主要な放送局として知られる。

 CNによればアダルトスイムが視聴率1位になったのは、無料ケーブルテレビ番組の18歳から34歳、18歳から24歳、18歳から34歳(男性)、18歳から24歳(男性)の4部門である。データはニールセンメディアリサーチによるものである。
 アダルトスイムは、昨年4月の同調査でも18歳-34歳で視聴率1位になっており、4月の視聴率1位は2年連続である。日本アニメを含んだ大人向けのアニメーションは、アメリカの若い世代に依然高い支持を受けているようだ。

 一方、アダルトスイムではない子供向けのカートゥーンネットワーク(Toonamiブロック)で放映されている『NARUTO』の視聴率も相変わらず好調が伝えられている。CNによれば、『NARUTO』の4月土曜9時からのテレビ放映は、9歳から14歳の少年層でプライムタイム視聴率1位を獲得した。この順位には、地上波放送を含む全てのテレビ放送局が含まれている。
 『NARUTO』は、昨年4月の同時間帯との比較で、9歳から14歳の少年層の視聴者数が46%の増加、視聴率が47%増加となっている。

/アダルトスイム 
/カートゥーンネットワーク 
/Toonamiブロック 

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集