インディーズアニメフェスタ2006三鷹市で開催 (2/18) | アニメ!アニメ!

インディーズアニメフェスタ2006三鷹市で開催 (2/18)

ニュース イベント

 NPO法人コミュニティー・サポーターズ/University Studioが運営する「インディーズアニメフェスタ2006」が、2月25日に東京・三鷹市にて開催される。      
 インディーズアニメフェスタは、アニメーション業界の活性化を目的に、三鷹市とNPO法人コミュニティー・サポーターズが、2002年から開始したもので、全国からアマからセミプロまで数多くのインディーズクリエ-ターの作品を上映紹介する。今年で4回目を迎えるが、既にインディーズアニメの上映と表彰を行うイベントとして、インディペンドアニメの世界ではお馴染みになっている。

 フェスタは、毎年、第一線で働くアニメ監督や演出家が審査員に招かれ、それぞれの作品について丁寧な講評を行うのが特徴となっており、上映作品のなかから最終的にインディ-ズアニメ大賞を選出する。今年は、全部で14作品が上映され大賞を争う予定である。
 本年は、プロダクション I.Gのプロデューサー森下勝司氏、マッドハウスのアニメーターいしづかあつこ氏、さらに「警察戦車隊TANK S.W.A.T01」監督のロマのフ比嘉氏、move on web.実行委員会のルンパロ氏が審査委員を務める。
 
 また、当日は、海外からの招待作品も上映され、上映作品を中心に海外招待アーティストとのトークセッションも準備されている。さらに、「自主制作アニメーションの将来的可能性」と題されたシンポジウムも行われるなど盛りだくさんの内容となっている。
 イベントは、日本のインディーズアニメーションの現在と海外の現状に多方面から触れることの出来るよい機会になりそうである。詳細は、インディーズアニメフェスタ2006公式サイトにて確認出来る。

【インディーズアニメフェスタ2005】
日時:2月25日(土)  会場:三鷹市芸術文化センター
国内作品上映、海外招待作品上映&トークセッション、
ゲストシンポジウム「自主制作アニメーションの将来的可能性」

/インディーズアニメフェスタ2006 
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集