松本零士の漫画コレクション 東京で特別展(12/26) | アニメ!アニメ!

松本零士の漫画コレクション 東京で特別展(12/26)

ニュース イベント

 平成18年1月8日から2月5日まで、東京・大手町の逓信総合博物館で『松本零士コレクションでつづる「漫画誕生から黄金バットの時代」展』が開催される。この展覧会は、漫画家松本零士氏の漫画コレクションを中心に、漫画の誕生から永松健夫作の紙芝居『黄金バット』の時代までを展示紹介する。主に漫画の誕生からアニメーションの始まりまでの期間が扱われる。
 また、期間中は展覧会の連動イベントとして、1月29日に「漫画の歴史を語る:松本零士講演会」や「『フンイチさん』アニメーションフィルム上映会」なども開催される。

 松本零士氏は著名な漫画家であると同時に、日本でも有数の漫画古書・稀構本のコレクターとしても知られている。松本氏のコレクションの中には昭和初期から現代までの数多くの貴重な漫画が含まれているといわれる。こうした松本氏のコレクションの一部は、松本零士・日高敏著作の『漫画大博物館 1924-1959』(小学館)の中でも紹介されている。
 しかし、これまで実物のコレクションがまとまって公開されてことはあまりなかった。今回はその膨大なコレクションの一部を見ることが出来る貴重な機会といえるだろう。

松本零士コレクションでつづる「漫画誕生から黄金バットの時代」展
会期:平成18年1月8日~2月5日
会場:逓信総合博物館 主催:日本郵政公社郵政資料館/黄金バット企画
特別協力:松本零士
内容:(1)漫画の源流紹介、(2)江戸時代からの流れ、(3)明治時代の風刺漫画 、(4)ストーリー漫画の誕生、(5)絵物語の世界、(6)紙芝居のその後、そして映画からアニメーションへ

詳細は下記サイトにて確認ください。
/逓信総合博物館 
/松本零士オフィシャルホームページ  

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集