デジタル・フロンティア 新スタジオ開設(11/24) | アニメ!アニメ!

デジタル・フロンティア 新スタジオ開設(11/24)

ニュース テクノロジー

 デジタルアニメーションの制作を行なっているデジタル・フロンティアは、本年12月、東京・江東区にモーションキャプチャーの撮影を専門に行なう新スタジオ「デジタル・フロンティア お台場パフォーマンスキャプチャースタジオ」を開設する。
 現在、映像メディアの世界では、アニメや特撮映画だけでなく映画、ドラマ、ゲームといった様々な分野で高品質なCGグラフィックスが求められている。今回のスタジオは、そうした中でも実在の動きをコンピュターの中に取り込むモーションキャプチャーの撮影に対応したものである。
 デジタルカメラを多数用意することで、従来にない制作時間の短縮と製作費の圧縮を実現するとしている。またスタジオは、床面積約200坪、撮影可能面積は約45坪とアジア最大、世界でも4番目の規模を誇る。
 
 デジタル・フロンティアでは既に昨年、フル3DCGアニメーションの『アップルシード』において、モーションキャプチャーを利用した映像で実績を残している。『アップルシード』は国内で初めてモーションキャプチャーを本格的に用いたアニメーションとして注目を集めただけでなく、その高い技術力が評価された。
 今回の新スタジオの建設はこうしたデジタル・フロンティアの得意分野を強化し、モーションキャプチャー分野の競争力を強化することになるだろう。新スタジオの完成により映画・ゲーム・アニメ・ドラマといった様々な分野からの制作依頼が見込まれている。

/デジタル・フロンティア 
/TYO 

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集