IGのゲーム・アニメの戦略 KOFアニメ化発表(9/16) | アニメ!アニメ!

IGのゲーム・アニメの戦略 KOFアニメ化発表(9/16)

ニュース ゲーム

 SNKの人気ゲームシリーズ『KOF』のアニメ化が東京ゲーム2005で正式発表された。タイトルは『The King of Fighters:Another Day』となり、ゲームソフト『KOF MAXMUM IMPACT2』リリースに合わせて、今年の冬にWEB配信される予定である。
 人気アニメのゲーム化が一般的なのと同様に、人気ゲームからのアニメ化は珍しくない。しかし、今回のアニメ化で注目すべきは2点ある。ひとつは、今回のアニメがテレビアニメやOVAではなく、WEBで配信されるショートアニメだということである。
 WEB配信のオリジナルのアニメというとあまり予算のかかってないものというイメージがある。ところが今回のアニメは、クオリティの高いアニメを作り続けることで有名なプロダクションIGが手掛ける。これがもうひとつの特徴だ。しかも、制作はプロダクションIGの中でも特にSF世界の表現に力を発揮した『攻殻機動隊S.A.C』を手掛けた第9スタジオ。キャラクターデザインは、下村一氏である。
 実際、今回公開されたキャラクターや美術設定をみると、間違いなく『KOF』の世界であるにもかかわらず、見事にIGらしさの発揮された独特のデザインになっている。

京3.JPG

庵3.JPG

『The King of Fighters:Another Day』
第1話『all about』、第2話『accede』、第3話『in the dark』、第4話『all over』
原作:SNKプレイモア 監督:橘正紀 脚本:浅沼文生
キャラクターデザイン:下村一 オリジナルキャラクターデザイン:ファルコム
制作:プロダクションI.G 

 一方、アニメからゲーム化の作品では、同じ東京国際アニメフェアの中で、9月15日に発売されている。『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX-狩人の領域-』も出展されていた。また、来年1月から米国カートゥーンネットワークでも放映が開始される『IGPX』も既にゲーム化が進んでいるという。プロダクションIGは、様々な作品でアニメからゲーム、ゲームからアニメへと多彩な展開を繰り広げている。
 
 昨年よりプロダクションIGは、テレビコマーシャルや企業プロモーションといったこれまでにない領域でアニメーーションのビジネスを行ない始めている。今回の『KOF』のアニメ制作もその流れの一環であろう。高い品質をより身近にするIGの今後の戦略が興味深い。

4C14.JPG

/東京ゲームショウ
/SNK
/プロダクションIG
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集