AXゲストに関智一さん、山下明彦さんら | アニメ!アニメ!

AXゲストに関智一さん、山下明彦さんら

イベント・レポート 海外イベント

 7月1日から米国カリフォルア州アナハイムで開催されるアニメエクスポ2005(Anime Expo2005)に新たに日本から6名、米国国内2名のゲストが参加することになった。今回発表されたのは、日本からのゲストは声優の関智一氏、堀川亮氏と北久保弘之氏、小林治氏、下笠美穂氏、山下明彦氏らクリエーターである。北久保氏は『老人Z』や『ロボットカーニバル』の監督も手掛けるベテランアニメーターで、小林氏は『BECK』の監督などを手掛けている。下笠氏は、『セーラームーン』シリーズや『キューティーハニーF』などの作画監督を手掛け、今回招かれた唯一の女性クリエーターでもある。山下氏は、期間中米国で公開されることになる『ハウルの動く城』の作画監督のほか『ジャイアントロボThe Animation』のキャラクターデザインなども手掛けている。
 日本からのゲストとしてキャラクターデザインや作画監督を務めるアニメーターの人気が高いのは作品の創造者として判りやすいためであろう。しかし、意外に米国で人気のある日本の声優は、マニアな日本アニメファンは吹替え版でなく字幕版を観るのをよしとする風潮のためようだ。今回は『天空のエスカフローネ』ヴァン役、『Gガンダム』ドモン役などの関智一氏と『聖闘士星矢』瞬役、『ドラゴンボール』ベジータ役で知られる堀川亮氏が招かれている。昨年に続く参加となる関氏は、現地における高い人気に応えたためだという。

 ゲスト参加者は通常、座談会などアニメエクスポ側が設けるパネルやサイン会などに出席することになる。また、ゲストを招いた食事会などが開催されることもある。エクスポの最終日に行われるチャリティーオークションでは、ゲストによるサインや色紙が驚くほどの高値をつけることも多い。日本以上にアニメのクリエーター達が遠い存在にある米国のファンにとって、こうした全米各地で開催されるアニメコンベンションはクリエーターと交流出来る数少ない機会といえるだろう。
 
 米国国内からのゲストとしては、声優のクリスピン・フリーマン氏、コリン・クリッケンベアード氏が参加する。両氏は米国において日本アニメの英語版の吹き替えを行っている。フリーマン氏は、米国の声優業界でもよく知られた名前で最近は、『ウルフズレイン』のツメ役などを吹替えた。また、クリッケンベアード氏は『名探偵コナン』の蘭役で知られている。フリーマン氏はまた会期中に開催される声優ワークショップのホスト役も務める予定となっている。
 AXは北米最大の日本アニメのイベントで期間中にアニメファンのアニメ業界関係者合わせて35,000人(延べでなく実数)の参加を見込んでいる。

アニメエクスポ2005 ゲスト(予定者)

クリエーター
逢坂浩司 (『機動戦士ガンダム0083』作画監督)
北久保弘之 (OVA『ジョジョの奇妙な冒険』監督)
小林治  (『BECK』監督、『青の6号』メカデザイン)
下笠美穂 (『美少女戦士セーラームーンS』作画監督)
村田蓮爾 (『青の6号』キャラクターデザイン)
山下明彦 (『ハウルの動く城』作画監督)
山本和枝 (『キャッスルファンタジア』キャラクターデザイン)

シンガー
KOTOKO (『お願い☆ティーチャー』主題歌)
坂本真綾 (『ツバサ・クロニカル』主題歌)

声優
関智一 (『天空のエスカフローネ』ヴァン役、『Gガンダム』ドモン役)
堀川亮 (『聖闘士星矢』瞬役、『ドラゴンボール』ベジータ役)
クリスピン・フリーマン (『ウルフズレイン』ツメ役、『攻殻機動隊S.A.C』トグサ役)
コリン・クリッケンベアード (『名探偵コナン』蘭役、『鋼の錬金術師』ロゼ役)
  ()内は代表作

/アニメエキスポ2005 
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集