東京ゲームショウ バンダイ、カプコン | アニメ!アニメ!

東京ゲームショウ バンダイ、カプコン

イベント・レポート

 一番、良いな~と思ったのはバンダイ!正直、ゲーム業界で1といえば、『ファイナルファンタジー』のスクエア・エニックスとか、『バイオハザード』のカプコン、『KOF』のSNKが正しい回答なんだろうけれど、アニメファンとってはバンダイである。とにかく、バンダイのアニメ作品とのタイアップしたゲームタイトルは凄い。『ガンダム』、『NARUTO』『宇宙戦艦ヤマト』『名探偵コナン』に『金色のガシュベル』、しまいには『ケロロ軍曹』まで出て来る始末だ。
 実際問題として、他のゲームソフトメーカーが売り上げとヒット作がなかなか出なくて苦しんでいる中、バンダイのキャラクターゲームはかなり好調である。ゲーム自体が高度化してマニア化する中で、タイアップ作品が一般ファンを引き止めるのに大きな力を発揮している可能性は高い。今後のゲームソフト会社の展開にキャラクタータイアップはますます重要になるだろう。

 その次のカプコンは単にブースとゲームの格好が良かったから。(笑) 黄緑色の巨大な輪を幾つもつなげたカプコンブースはひと際異彩を放っていた。それと、ここの作っていたゲーム作品のビューティフルジョーのキャラクターは初めて観たが、最高にかっこいい。ちょっとアメコミ調なんだが、そこまでバタ臭さがなくて微妙なバランスがOK。色使いも造形もシャープ。確かこれはアニメ化するはずなのだが、ちょっと楽しみである。

 それと最後は、会場の遠景写真。ほんの一部分だが、こんな感じの会場が結構な面積で広がっている。巨大なゲームセンターって表現の仕方もあるんだろうけれど、なんかしっくり来ない。正直、リニューアルされたあとでも、ゲームセンターには多少裏びたっていうイメージがある。ゲームショーはどちらかというと、もっとポジティブな感じである。先端的とかハイテクな感じだろうか。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集