「シン・エヴァ」100億円の大台目前! 興行収入“99.9”億円突破 | アニメ!アニメ!

「シン・エヴァ」100億円の大台目前! 興行収入“99.9”億円突破

現在公開中の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』より、公開から2021年7月11日までの126日間累計で興行収入が99.9億円を突破。終映を前にして、ついに大台100億円まで迫ったことが分かった。

ニュース
注目記事
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(C)カラー
  • 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(C)カラー
  • キャストサイン⼊りミニポスター「真希波・マリ・イラストリアス」バージョン または 「渚カヲル」バージョン(C)カラー
  • 公式謹製 36P 冊⼦『EVA-EXTRA-EXTRA』(A4)(C)カラー
現在公開中の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』より、公開から2021年7月11日までの126日間累計で興行収入が99.9億円を突破。終映を前にして、ついに大台100億円まで迫ったことが分かった。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』2007年から公開されていた『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの『:序』『:破』『:Q』に続く最新作にして完結編。

7月10日、11日の2日間の興行収入は1.67億円、観客動員10.2万人を記録。3月8日~7月11日の126日間累計では、興行収入99億9,700万円、観客動員654万人を突破した。7月21日に一部劇場を除き終映となることが決定し、ラストランが最終局面を迎える中、ついに大台目前まで迫った。

7月11日にはフィナーレ舞台挨拶と題して、緒方恵美・三石琴乃・山口由里子・立木文彦・庵野秀明総監督による『シン・エヴァ』“最後の”舞台挨拶が2回にわたって実施。TVシリーズ第壱話から出演しているキャスト陣からの思い出・裏話や、庵野総監督から初めて語られる作品設定などに驚きの声があがるなど、大きな盛り上がりを見せた。
そして庵野総監督から「この状況の中で100億という数字を目指せることに改めて御礼申し上げたい」とファンへの感謝の思いが語られるなど、まさにフィナーレにふさわしい舞台挨拶となったようだ。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は現在、公開中。7月21日以前に終映する劇場もあるため、お近くの映画館の公式サイト、または『シン・エヴァンゲリオン劇場版』シアターリストを確認してから、映画館に足を運んでほしい。

・タイトル:『シン・エヴァンゲリオン劇場版』
・上映時間:2時間35分
・企画・原作・脚本・総監督:庵野秀明
・監督:鶴巻和哉、中山勝一、前田真宏
・テーマソング:「One Last Kiss」宇多田ヒカル(ソニー・ミュージックレーベルズ)
・音楽:鷺巣詩郎
・声の出演:緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子、坂本真綾、三石琴乃、山口由里子、石田彰、立木文彦、清川元夢
関智一、岩永哲哉、岩男潤子、長沢美樹、子安武人、優希比呂、大塚明夫、沢城みゆき、大原さやか、
伊瀬茉莉也、勝杏里、山寺宏一、内山昂輝、神木隆之介
・制作:スタジオカラー
・配給:東宝、東映、カラー

(C)カラー
《MINAMI》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集