「Re:ゼロ」原作者完全監修の外伝ストーリーがアツい! 「リゼロス」“新章1 囚人番号459 ナツキ・スバル”を振り返る | アニメ!アニメ!

「Re:ゼロ」原作者完全監修の外伝ストーリーがアツい! 「リゼロス」“新章1 囚人番号459 ナツキ・スバル”を振り返る

スマートフォン向けゲーム『Re:ゼロから始める異世界生活 Lost in Memories』で、「新章2 ゼロカラアガナウイセカイセイカツ」が2021年7月15日より配信される。 これに先駆けて、本記事では「新章1 囚人番号459 ナツキ・スバル」のあらすじを紹介したい。

ニュース
注目記事
『Re:ゼロから始める異世界生活 Lost in Memories』「新章1 囚人番号459 ナツキ・スバル IFルート:監獄王」(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会(C)SEGA
  • 『Re:ゼロから始める異世界生活 Lost in Memories』「新章1 囚人番号459 ナツキ・スバル IFルート:監獄王」(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会(C)SEGA
  • 『Re:ゼロから始める異世界生活 Lost in Memories』チャート(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会(C)SEGA
  • 『Re:ゼロから始める異世界生活 Lost in Memories』チャート(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会(C)SEGA
  • 『Re:ゼロから始める異世界生活 Lost in Memories』「新章1 囚人番号459 ナツキ・スバル」(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会(C)SEGA
  • 『Re:ゼロから始める異世界生活 Lost in Memories』「新章1 囚人番号459 ナツキ・スバル」(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会(C)SEGA
  • 『Re:ゼロから始める異世界生活 Lost in Memories』「新章1 囚人番号459 ナツキ・スバル」(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会(C)SEGA
  • 『Re:ゼロから始める異世界生活 Lost in Memories』「新章1 囚人番号459 ナツキ・スバル」(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会(C)SEGA
  • 『Re:ゼロから始める異世界生活 Lost in Memories』「新章1 囚人番号459 ナツキ・スバル」(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会(C)SEGA
『Re:ゼロから始める異世界生活』を原作とするスマートフォン向けゲーム『Re:ゼロから始める異世界生活 Lost in Memories』(以下:リゼロス)で、ナツキ・スバルの20年後を描く「新章2 ゼロカラアガナウイセカイセイカツ」が2021年7月15日より配信される。
これにあわせて、本記事では「新章1 囚人番号459 ナツキ・スバル」を振り返り、未プレイの『Re:ゼロ』ファンにもあらすじを紹介したい。

『リゼロス』は、プレイヤーが主人公スバルとなって、アニメのストーリーを追体験、そして「あの時、別の選択をしていたら…」という“IFのストーリー”への運命の分岐を体験できるスマートフォン向けゲーム。
「新章」では、原作者・長月達平による完全監修のもと、ゲームオリジナルの外伝ストーリーが展開される。


チャート
「新章1 囚人番号459 ナツキ・スバル」には、大筋のストーリーとなる本編に加えて【IFルート:監獄王】【本編:オットーVer.】【本編:リカードVer.】の4つの分岐が存在。今回は「新章1」の各ストーリーのあらすじを紹介していく。

「新章1 囚人番号459 ナツキ・スバル」


冤罪から始まる囚人生活



エミリア、レムとともに、王都で観劇を満喫したスバル。その夜、スバルのもとへ見知らぬ衛兵がやって来る。衛兵を遣わした人物は、王選に関する話をするためスバルに会いたいのだという。それを聞き素直に同行すると、どこからか叫び声が上がる。急いで現場へ向かうと、そこには行商人のオットーが青ざめた顔で立っていた。そして、足元には見知らぬ男の死体が……。

同行していた衛兵はいつの間にか姿を消し、スバルとオットーは殺人の現行犯として捕らえられてしまう。ギルモア監獄に収監された2人は、リカードとヘータロー、ティビーと思いがけず再会。彼らも予期せぬ事情で連れてこられたのだという。こうして、スバルたちの囚人生活は始まったのだった――。

スバルを見つめる殺意の視線



エミリアたちに冤罪を証明する協力を仰ぐスバル。しかし、なかなか事態が動かぬまま迎えた監獄での7日目の夜。同じ房の牢名主と揉めたスバルは、懲罰房に連行されてしまう。そこで突然に首輪から激しく電流が流れ出し、スバルはあまりの激痛に悶絶する。自分に殺意を抱く何者かの視線を感じながら、意識は遠のいていき……。

目覚めると、スバルはエミリアとレムの最初の面会の場面に『死に戻り』していた。誰が何のために自分を殺したのか。その手がかりをつかむため、エミリアたちに被害者について調査するように依頼する。すると、被害者は保守派貴族の大物だったと判明。その事実は、スバルが王選をめぐる政争に巻き込まれた可能性を示唆していた。対処できる範疇にない話だと悟ったスバルは、皆が助けに来てくれるまで、目立たないように振る舞うことにする。しかし、7日目の夜に訪れる死を回避することはできず……。

この状況を打開するために、スバルはオットーとリカードたち、そして牢名主に協力を求め脱獄を計画する。果たしてスバルたちの脱獄は成功するのか……!?

【本編:リカードver.】



リカードのはからいで、アナスタシアにケオール伯殺しに関する調査を依頼したところ、ある貴族に最近不審な動きが目立つという。犯人の目星はついたものの、監獄にいる間は、スバルたち囚人は皆殺しにされる運命を避けられない。そこでスバルは、リカードたちに脱獄計画を持ちかける。リカードが提案した穴を掘る作戦で、脱獄は成功したように思えたが……?

【本編:オットーver.】



厳しい監獄での生活を、ネズミと仲を深めることで耐え忍ぶオットー。スバルから脱獄計画を聞かされたオットーは、ネズミの力を借りて脱出のための下水管の位置を探り協力する。看守の目を欺きながら着々と準備を進めるスバルたち。そして、ついに決行の日がやって来る――。

【IFルート:監獄王】



獄中で、王都で絡んできたチンピラ3人組と再会したスバル。目の前でその内の一人が看守にいたぶられるのを見て、あまりの横暴ぶりに耐えかねたスバルは、看守たちをとっちめてやろうと檄を飛ばす。その怒りは大きなうねりとなり、全囚人を巻き込んだ大暴動へと発展し……。


『Re:ゼロから始める異世界生活 Lost in Memories』は現在配信中。
「新章2 ゼロカラアガナウイセカイセイカツ」は7月15日より公開。

(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会(C)SEGA
《CHiRO★》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集