CLAMP原作「東京BABYLON 2021」プロジェクト、制作中止 「協議の上、全く新たな制作体制で再出発」 | アニメ!アニメ!

CLAMP原作「東京BABYLON 2021」プロジェクト、制作中止 「協議の上、全く新たな制作体制で再出発」

アニメーション制作会社によるキャラクター衣装の模倣盗用が報じられていたTVアニメ『東京BABYLON 2021』が、公式サイトにて制作中止を発表。あわせて、原作者・CLAMPと製作委員会の協議の結果、新たな制作体制で再出発することも明かされた。

ニュース
注目記事
アニメーション制作会社によるキャラクター衣装の模倣盗用が報じられていたTVアニメ『東京BABYLON 2021』が、公式サイトにて制作中止を発表。あわせて、原作者・CLAMPと製作委員会の協議の結果、新たな制作体制で再出発することも明かされた。

『東京BABYLONE 2021』は、「サウス」「月刊ウィングス」にて1990年-1993年にかけて連載されたCLAMP初期の傑作とも称される『東京BABYLONE』を原作としたアニメ化プロジェクト。当初、2021年4月放送と発表されていた。

公式サイトでは、これまでの経緯について「過日、アニメーション制作会社によります【模倣盗用】が発覚した後、コンプライアンスを順守し二度と同様の事態を発生させないように、委員会として全てのプロダクトの見直しを行って参りました。その結果、残念ながらご指摘を受けましたキャラクターの衣装設定2点以外にも、多数の模倣盗用があることが判明いたしました」と説明し、「制作会社に対して管理不行届きでありましたこと、製作委員会一同、深くお詫び申し上げます」と謝罪を掲載。

その結果、「製作委員会内で協議を重ねました結果、現制作会社との信頼関係の欠如により制作続行は不可能と判断し、【東京BABYLON 2021】プロジェクトは制作中止とさせて頂きます」とし、その上で「改めてCLAMP先生、製作委員会にて協議の上、全く新たな制作体制で再出発させて頂くこととなりました」と発表した。

最後に、『東京BABYLON』のファンに向けて「CLAMP先生の【東京BABYLON】という大切な作品を、ファンの皆様が心より楽しんで頂けるように新たな体制で一日も早く作品をお届けできますよう、必ずや誠心誠意、製作委員会として努力してまいります。何卒引き続きの応援を頂戴できますように、心よりお願い申し上げます」と意気込みを綴っている。
《CHiRO★》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集