Morfonica倉田ましろ役・進藤あまね、「バンドリ!」参加から激動の1年を振り返る【ガルパ4周年インタビュー】 | アニメ!アニメ!

Morfonica倉田ましろ役・進藤あまね、「バンドリ!」参加から激動の1年を振り返る【ガルパ4周年インタビュー】

2021年3月16日にリリース4周年を迎える『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』の連載インタビュー。第4弾となる今回は、Morfonicaのボーカル・倉田ましろ役の進藤あまねさんに、ましろと出会ったときの心境からライブの思い出まで、ガルパと過ごした日々をうかがった。

インタビュー
注目記事
Morfonica倉田ましろ役・進藤あまね、「バンドリ!」参加から激動の1年を振り返る【ガルパ4周年インタビュー】
  • Morfonica倉田ましろ役・進藤あまね、「バンドリ!」参加から激動の1年を振り返る【ガルパ4周年インタビュー】
  • Morfonica倉田ましろ役・進藤あまね、「バンドリ!」参加から激動の1年を振り返る【ガルパ4周年インタビュー】
  • Morfonica倉田ましろ役・進藤あまね、「バンドリ!」参加から激動の1年を振り返る【ガルパ4周年インタビュー】
  • Morfonica倉田ましろ役・進藤あまね、「バンドリ!」参加から激動の1年を振り返る【ガルパ4周年インタビュー】
  • Morfonica倉田ましろ役・進藤あまね、「バンドリ!」参加から激動の1年を振り返る【ガルパ4周年インタビュー】
  • Morfonica倉田ましろ役・進藤あまね、「バンドリ!」参加から激動の1年を振り返る【ガルパ4周年インタビュー】
  • Morfonica倉田ましろ役・進藤あまね、「バンドリ!」参加から激動の1年を振り返る【ガルパ4周年インタビュー】
  • Morfonica倉田ましろ役・進藤あまね、「バンドリ!」参加から激動の1年を振り返る【ガルパ4周年インタビュー】
    スマートフォン向けゲーム『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』(以下、ガルパ)が2021年3月16日にリリース4周年を迎える。アニメ!アニメ!では4周年記念企画としてガルパスタッフや声優にインタビューを実施。ガルパと歩んだ道のりや制作の裏側を振り返る。


今回インタビューしたのは倉田ましろ役の進藤あまね。ガルパ3周年で登場したバンドMorfonicaのボーカルとして、まっすぐな歌声を届けている。
「ガルパに出演するならリアルバンドに挑戦したかった」と語る進藤だが、レコーディングやライブはわからないことだらけ。不安を感じたとき背中を押してくれたのは、先輩バンドからのアドバイスだったという。

ましろと出会ったときの心境からライブの思い出まで、ガルパと過ごした日々をうかがった。
[取材・文=ハシビロコ、撮影=Fujita Ayumi]

「こんな気持ちだったのか」と追体験した学校生活


――『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』が4周年を迎えます。Morfonicaの登場からは1年が経ちましたが、周囲の反響を含めて進藤さんの生活に変化はありましたか。

進藤:ガルパはもともと好きなゲームだったので、そこに自分が出ているなんて今でも「信じられない!」と思うことは多いですし、生活もだいぶ変わりました。
Morfonicaの登場が発表された1か月後に高校に入学したので、ましろちゃんはこんな気持ちだったのかと今になってわかったことがたくさんあります。
ましろちゃんが経験した学校生活を追体験しているような1年間でした。経験したことを次の演技にも活かしたいと思っています。

高校ではガルパをプレイしている子が多かったことにも驚きました。Morfonicaの登場発表が中学校の卒業式時期だったのですが、新型コロナウイルスの影響で式が中止になってしまったので、私の周りではそれほど大きな盛り上がりを感じていなかったんです。
でも高校では私がクラスにいると知らない子もガルパの話をしていて、「ましろちゃんかわいいよね」と聞いたときはとても嬉しかったです!

休日に街中を歩いていても、この1年でMorfonicaの認知度が上がってきたと感じています。以前ましろちゃんのグッズ目当てでゲームセンターに行ったとき、隣でましろちゃんをゲットしようとがんばっている子がいて、その姿を見たときに「嬉しい!」と心の底から思いました。


――改めて、ましろの役作りを振り返って心がけた点はありましたか。

進藤:地声が低いので、キャラクターのイラストを見たとたん「これは大変だ」と思いました。
ましろちゃんは絶対に高くてかわいい声をしているはずだと思ったので、「もしほかの声優さんが演じたとしたら?」と演技のイメージを膨らませていきました。ほかの方から取り入れた要素を自分なりに解釈して演技に活かしています。

高い声も最初はなかなかコントロールできなかったので練習を重ねました。高音域を出すボイストレーニングの成果なのか、最近はスムーズに高い声を使えるようになってきたと思います。
引き続きトレーニングを続け、ましろちゃんの声を自然に出せるようにがんばります。

――ましろを演じていて「自分と似ている」と思う点はありますか。

進藤:自信のなさは似ていると思います。私は細かい部分が気になってしまい、周囲に「大丈夫だよ」と言われても安心しきれない性格なんです。
また、ポエマーなところやマスコットキャラクターが好きなところも似ているかもしれません。

ましろちゃんのように語彙を増やしたいです。私は語彙力があまりないので、キャラクターの絵を見たときもただ「尊いです」と言ってしまいがちで(笑)。あとはお弁当に入っている野菜を避けがちなところも似ています。

そういえば、以前は「ましろちゃんと似ているところは?」と聞かれるとなかなか見つからなくて困っていたんです。でも登場から1年経って、少しずつ自分とましろちゃんの重なる部分が見えてきました。

背中を押してくれた先輩からのアドバイス


――Morfonicaは『BanG Dream!(バンドリ!)』プロジェクト第4のリアルバンドで、演技だけでなくバンド活動もしています。あらためて、本プロジェクトの参加時を振り返っていかがですか。

進藤:「自分もリアルバンド活動をするんだ!」と、本当にびっくりしました。ガルパに関わるならリアルバンドに挑戦したいと思っていたので嬉しいです。
リアルバンドは仲間と集まる場面も多く、メンバーとの絆がより深まります。アニメやゲームの枠を超えて音楽関連のイベントステージに立つこともあるので、さらに世界を広げるきっかけにもなると思いました。

もともと音楽は身近な存在だったのですが、ボーカルの経験はなかったので「どうしよう」と不安でした。なので歌に対するましろちゃんの悩みには共感しました。
私は声が大きいので声量には困らなかったものの、気持ちを歌に込める方法がわからなかったんです。音程は合っていても感情が伝わらないので、単調に聞こえがちでした。


どうしようかと悩んでいるうちにボイストレーニングが始まり、レコーディングでは上も下も左も右もわからない状態で……。歌唱力があるほかの声優さんと比べては自信をなくしていました。
でも、「自分は歌の経験はゼロ。これからがんばればきっと成長できる」と考えを切り替えてからは、前を向けるようになったと思います。

事務所の先輩でもあるRoseliaの相羽あいなさん(湊友希那役)に「ボーカルは難しい立ち位置だけど、考え過ぎないで」とアドバイスいただいたおかげでとても救われました。Poppin'Partyの愛美さん(戸山香澄役)からも感情を込めた歌い方を教わりました。

――作中のましろのように、先輩バンドからも影響を受けた形ですね。

進藤:そうですね。ほかにも作中でMorfonicaが最初に登場したイベント(花明かりのシンフォニー)で瑠唯さんがほかのバンドから勉強になることを聞きだしていたので、私も同じことをしています。先輩たちからたくさん学んで、早く追いつけるようになりたいです。
もちろん答えは人それぞれ違いますが、今はとにかくスポンジのように吸収して全部取り入れていく時期だと思っています。

――Morfonicaメンバーとの練習の雰囲気はいかがですか。

進藤:とにかくユニークです(笑)。Ayasaさんはクールに見えて、実は感情表現が豊か。おゆちゃん(西尾夕香)はまだまだ未知な部分が多いですが、とにかく勉強熱心で常に一生懸命。
(直田)姫奈ちゃんは明るくて、みんなと積極的にコミュニケーションをとってくれます。mikaさんはみんなのお姉さんでリーダー。

全員タイプは違いますが、なぜかうまく合わさっているんです。食べ物で例えると、さまざまな食材が一緒に盛り付けられているワンプレートメニューのような感じで「よくまとまってるなあ」といつも思います(笑)。


――音楽プロデューサーの上松範康さんと藤田淳平さんは、以前インタビューで「進藤さんの成長は目覚ましい」とおっしゃっていました。この1年、ボーカルに関してどのような練習を積み重ねましたか。

進藤:とにかくボイストレーニングを積み重ねました。2019年の冬からずっとボイストレーニングを続けていて、コロナ渦も細心の注意をはかりながら、可能な限り先生とスケジュールを合わせてボイストレーニングに通いました。
レッスンがないときは、ひとりでカラオケに行って自分が出しにくい音域の曲にも挑戦しています。

目標は地声で出せる高音域を広げること。とくに幅広い音域が求められる「CQCQ」のカバーは、私にとって転機となりました。

この1年間、レコーディングと練習をくり返しているうちに自分の課題や挑戦したいことが見えてきたので、楽曲ごとに成長した歌声を届けたいです。だんだんと技術も身につけて、ゆくゆく実力ある歌い手になりたいと思っているので、これからも練習は欠かさず取り組みます。
ライブでは絶対にレコーディング音源以上のパフォーマンスを届けるので、これからも上松さんたちが作ってくれる曲を楽しみにしています……!

――2020年8月には「BanG Dream! 8th☆LIVE」夏の野外3DAYSのDAY3で、ファンの皆さんの前で初めて生歌を披露しました。ステージに立ったときの心境はいかがでしたか。

進藤:メンバー全員、緊張と嬉しさで泣きそうでした(笑)。私はもともと緊張しやすいタイプなので、ライブ前は呼吸も荒くて。でもステージに立ったらもうやるしかない。どうせやるならいいものを残していこう、とスイッチが入りました。

本来ならば5月にMorfonicaのパフォーマンスを初めてお見せする予定だったのですが、新型コロナウイルスの影響で実現できず、8月まで初お披露目が延期になってしまいました。今となっては、延期になったおかげでさらに磨きのかかったライブをお届けできたので、結果的にはプラスになったと思っています。

ライブ後はたくさんの方から「よかった!」と言ってもらえて本当に嬉しかったです。Morfonicaのバンド名にも「メタモルフォーゼ(変化)」が含まれているので、私たち自身もどんどん変わっていきたいと思っています。

――ステージで着た衣装はいかがでしたか。

進藤:もともとかわいい服が好きで、初めてステージ衣装を着たときはウキウキしました。ゲームのイラストだけではわからない衣装の素材や細部を理解できて嬉しかったです。


本当は髪の長さにもこだわって、ましろちゃんと同じボブカットにしようと思っていました。でもほかの役との兼ね合いもあって、髪は長いままにしておかなければいけなくて。
メイクさんと相談して、ステージ上ではボブに見えるように後ろ髪をワックスなどで固めています。
ただ、髪型が完成するまでかなり時間がかかるので、ウィッグなども検討中です。ましろちゃんは楽曲ごとに髪型を変える子なので、私もできる限り再現したいと思っています。


→次のページ:バンドの意外な一面が知れるカバー楽曲
《ハシビロコ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース