新作オリジナルアニメ「擾乱」は“昼ドラ”のよう? Raychell×伊藤彩沙が明かす【インタビュー】 | アニメ!アニメ!

新作オリジナルアニメ「擾乱」は“昼ドラ”のよう? Raychell×伊藤彩沙が明かす【インタビュー】

日本テレビ、ブシロード、BAKKEN RECORDが総力をあげて取り組む新プロジェクト『擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD』。メインキャストを務めるRaychellと伊藤彩沙に、本作の魅力や役作りのポイントなどをうかがった。

インタビュー
注目記事
新作オリジナルアニメ「擾乱」は“昼ドラ”のよう? Raychell×伊藤彩沙が明かす【インタビュー】
  • 新作オリジナルアニメ「擾乱」は“昼ドラ”のよう? Raychell×伊藤彩沙が明かす【インタビュー】
  • 新作オリジナルアニメ「擾乱」は“昼ドラ”のよう? Raychell×伊藤彩沙が明かす【インタビュー】
  • 新作オリジナルアニメ「擾乱」は“昼ドラ”のよう? Raychell×伊藤彩沙が明かす【インタビュー】
  • 新作オリジナルアニメ「擾乱」は“昼ドラ”のよう? Raychell×伊藤彩沙が明かす【インタビュー】
  • 新作オリジナルアニメ「擾乱」は“昼ドラ”のよう? Raychell×伊藤彩沙が明かす【インタビュー】
  • 新作オリジナルアニメ「擾乱」は“昼ドラ”のよう? Raychell×伊藤彩沙が明かす【インタビュー】
  • 新作オリジナルアニメ「擾乱」は“昼ドラ”のよう? Raychell×伊藤彩沙が明かす【インタビュー】
日本テレビ、ブシロード、BAKKEN RECORDが総力をあげて取り組む新プロジェクト『擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD』。その第一歩として、2021年4月から日本テレビにてTVアニメが放送される。

舞台は徳川慶喜が権力を維持している明治64年。慶喜暗殺を阻止するため、政府お抱えの処刑人組織“鵺(ぬえ)”は街中に目を光らせていた。
鵺の一員である花風エレーナを演じるのはRaychell。そして主人公・雪村咲羽(ゆきむらさわ)と生活をともにする少女、中村浅陽役を伊藤彩沙が務める。

「復讐サスペンス」と位置付けられた本作に、2人はどのように挑むのだろうか。また、「脚本を読んで昼ドラを思い出した」と伊藤が語る理由とは?
Raychellと伊藤彩沙に、『擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD』(以下、『擾乱』)の魅力や役作りのポイントなどをうかがった。
[取材・文=ハシビロコ]

(本文)

「まずタイトルの意味を調べました」


――『擾乱』への出演が決まったときの心境はいかがでしたか。

Raychell:これまで演じたことのない役柄だったので、嬉しさを感じるとともに挑戦心が芽生えました。エレーナを演じることで、声優としての引き出しも増やしたいです。
また、最初に絵を見たとき「かっこいい!」と素直に感じました。絵と音、色味などを駆使して、これまでにない世界観が作られていました。今後どのような展開を見せるのか、とても楽しみです。

伊藤:シリアスなテイストの作品に参加できたことがまず嬉しかったです。人間としての重みをしっかり描いているので、登場人物たちの抱える背景を考えさせられる作品だと思います。
ただ、最初は『擾乱』というタイトルが読めなくて……(笑)。初めて聞く言葉だったので、真っ先に意味を調べました。「秩序を乱す」を意味する「擾乱」という言葉を、本作を機にたくさんの方に知っていただけたらと思います。

――ご自身が演じるキャラクターの第一印象をお聞かせください。



Raychell:キャラクターの設定を読んだとき、エレーナに憧れを抱きました。自分の気持ちに素直で嘘をつけない、好き嫌いがはっきりしている女性です。鵺としての顔だけでなく、小説家や娼婦などさまざまな一面を持っているので、演じがいのある役だと思います。

伊藤:浅陽は普段から明るく気丈に振る舞っていて、子どもだけれど大人のような心も持っていると感じました。浅陽は両親を幼いころに失った過去を持っているので、同年代の子よりもさまざまな経験をしている。こうした背景を声にも反映させて、しっかり演じようと思いました。

“人間らしさ”をどう演じるか


――インタビュー時点ではPVの音声収録が完了していますが、TVアニメの収録はこれからだそうですね。アフレコで意識したいポイントはありますか。

Raychell:艶やかでありながらも、好き嫌いをふくめた自分の価値観をしっかり出すことを心がけたいです。作中で一番人間的なキャラクターなので、成長も人一倍見えてくると思います。
エレーナはどんな場面でも感情に素直に生きています。娼婦として男の人に抱かれているとき、雪村と接しているとき、子どもと接しているときなどすべて表情が違いますが、どれもエレーナにとっては自然体。
PVの収録で「花(エレーナ)とともに生きてほしい」とディレクションをいただいたので、TVシリーズを通して私も一緒に成長していきたいです。


伊藤:浅陽は子どもですが、子どもっぽくなり過ぎないように意識しています。アニメらしいデフォルメの演技ではなく、人間ドラマとしてのリアルなお芝居に近いです。日常の楽しさ、雪村への想い、葛藤などを大切に演じていけたらと思います。

監督からは「浅陽はイノセントな存在」だと説明をいただきました。ずっしりとした重みのある作品の中で、みなさんが肩の力を抜けるような癒しを届けたいです。

Raychell:たしかに本作はシリアスなシーンやバトルも多いので浅陽は貴重な存在だと思います。
バトルといえば、私はそもそもアニメへの出演経験が多くないのでアクションシーンのアフレコも挑戦だと感じます。戦いや暗殺シーンではどのような息遣いをすればいいのか、さまざまな作品を見て研究しています。声優として先輩の伊藤さんに、この場を借りて「ご指導よろしくお願いします!」とあいさつさせていただきたいです。

伊藤:いやいや、そんな! こちらこそよろしくお願いします!

復讐サスペンスは昼ドラに似ている


――脚本や映像に触れて感じた本作の魅力を教えてください。

Raychell:『擾乱』は私たちが生きる世界とは違う時代を描いていますが、現代にも通じる部分もあり、魅力的だと感じました。過酷な背景を抱えながらも明日への希望を見出して生きているキャラクターたちの姿に、勇気をもらえると思います。

伊藤:ビジュアルを一目見ればわかるように、世界観に魅了されるはずです。映像もストーリーも手に汗握るクオリティーですし、集中して見たくなる作品だと感じました。


――本作のジャンルは復讐サスペンスですが、普段からこうしたテイストの作品はご覧になりますか。

Raychell:実は復讐サスペンスというジャンルを初めて知りました。演技の参考にした作品から感じたおもしろさを、今度は私がみなさんに伝えていきたいです。見れば見るほど沼にハマるジャンルだと思います。

伊藤:復讐サスペンスと銘打った作品はあまり見たことがありませんが、本作の脚本を読んだとき、なぜか懐かしさを感じました。
少し毛色は違いますが、子どものころに家族が昼ドラをよく見ていて、心の中でメラメラと感情が燃え上がるような雰囲気が、復讐サスペンスに似ているのかもしれません。

これまでにないRAISE A SUILENのテイスト


――『擾乱』の主題歌についてもうかがえればと思います。OPとEDはRaychellさんがベース&ボーカルを務めるバンドRAISE A SUILEN(RAS)が担当しました。作品の世界観をどのように音楽で表現しようと思いましたか?

Raychell:こぶしを入れるなど、和の歌い方を意識しました。今までのRASにはない和のテイストが詰まった楽曲に仕上がっていると思います。本作のために描き下ろされた歌詞やサウンドに注目してほしいです。

OPとEDには『擾乱』のテーマである「光と影」が反映されています。OPのレコーディングでは「もっと憎しみを込めて」などほかの作品にはないディレクションが印象的で。憎しみをたっぷり込めて歌わせていただいたので、フルバージョンで聴くと「怖い!」と感じる部分もあるかもしれません。


一方EDは「母親のような愛情や包容力を込めて」とOPとは真逆のアプローチでした。2曲の雰囲気や歌い方をぜひ聴き比べてほしいです。

伊藤:RASさんが主題歌を担当すると聞いてはいたのですが、先ほどPVを見て「こう来たか!」と良い意味で驚かされました。和のテイストが本当にかっこいいです。
さまざまなジャンルのかっこよさを表現できるRASさんだからこそ、作品にぴったりな曲が仕上がったのだと思います。早くフルサイズで聴きたいですし、OPの映像も楽しみです!

世界中に『擾乱』が広まってほしい

2w
――本作は海外展開も予定されています。これまでも海外ファンから日本のアニメが愛されていると感じた経験はありましたか?

Raychell:ライブやイベントで作品への愛をたくさん感じています。昨年海外でライブをしたときには現地の方々が日本語で私たちの曲を歌ってくれて、とても嬉しかったです。
本作もSNSや動画配信などを通して『擾乱』という言葉が世界に広まっていくように届けていけたらと思います。主題歌もぜひライブで披露したいです!

伊藤:私も海外でのイベントが印象に残っています。日本語で歌ってくれたりコスプレをしてくれたりと、とにかく応援が熱狂的でありがたいです。『擾乱』もたくさんの方に届いてほしいですし、世界中で好きになってもらえる作品だと自信を持っています。


――本作はTVアニメ以外にも舞台などさまざまなアプローチで世界中に発信していく予定です。舞台でもアニメのキャスト陣が続投する可能性が高いとうかがいましたので、楽しみにしているポイントをお聞かせください。

Raychell:エレーナを舞台でも演じるのであれば、まずは私が金髪にするところからはじめないと(笑)。花魁の衣装もとても楽しみです。以前にも私が所属していたロックバンドのSHAZNAで着物を着崩した衣装を着たことがありますが、本格的な花魁衣装は初めて。着物はとても好きなので、もし舞台で実現したら格別の嬉しさがあります。

伊藤:浅陽の衣装はもんぺなので、動きやすそうだな、と。子どもらしい動きも研究しておこうと思います。

Raychell:あとはアクションシーンが楽しみです。エレーナの武器はムチなので、今から振り回す練習をしておかないと(笑)。PVでは、わりと長いムチを使っていたので驚きました。

伊藤:私は殺陣の経験もありますが、はたして浅陽にアクションシーンがあるのかどうか……(笑)。

Raychell:浅陽は料理上手なので、もしかしたら大根を持って戦う可能性もあるかもしれません。

伊藤:それはぜひチャレンジしてみたいです(笑)。子どもの役なので、ビジュアル的にも芝居的にもどうなるのか、今からドキドキしています。まずは身長を縮めないと……。舞台の上ではどうなっているのか、お楽しみに!

――最後に読者へのメッセージをお願いします。

Raychell:エレーナを通して『擾乱』の魅力を全世界に知っていただけるよう、全力で務めていきます。
実はブシロードさんの作品で初めてアニメのお仕事をさせていただいたときに「とても楽しい!」と感じました。これからの人生をかけて声優の仕事を続けたいと思っているので、本作では演技もさらに成長させていきます!

伊藤:ハラハラドキドキの展開になるはずですので、毎週楽しみに見守っていただけたら幸いです。私が幼いころに見た昼ドラのように、「次回はどうなっちゃうの?」と胸がぎゅっとなる感覚をみなさんにも味わっていただけるよう、しっかり演じたいと思います。

◆◆◆
人間としての重み、そして感情のぶつかり合いが描かれる『擾乱』。Raychellと伊藤にとっても挑戦的な作品だけあり、真剣なまなざしに気合がみなぎっていた。

TVアニメや舞台などで多角的に描かれる『擾乱』の世界。これから広がりを見せていく本作にぜひ注目してもらいたい。
《ハシビロコ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集