「呪術廻戦」が2冠!“2020年に1番○○だったアニメ”選ぶ「dアニメストアアワード2020」発表 | アニメ!アニメ!

「呪術廻戦」が2冠!“2020年に1番○○だったアニメ”選ぶ「dアニメストアアワード2020」発表

アニメ見放題サービス「dアニメストア」が、「2020年に1番○○だったアニメ」を9,000人以上のユーザーに聞いた「あなたが選ぶdアニメストアアワード2020」の6部門の受賞作品を発表した。

ニュース
注目記事
TVアニメ『呪術廻戦』ビジュアル(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
  • TVアニメ『呪術廻戦』ビジュアル(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
  • “オススメしたいアニメ部門”第1位『呪術廻戦』(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
  • “展開が気になったアニメ部門”第1位『呪術廻戦』(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
  • “世界観が良かったアニメ部門”第1位『魔女の旅々』(C)白石定規・SBクリエイティブ/魔女の旅々製作委員会
  • “ストーリーが良かったアニメ部門”第1位『かくしごと』(C)久米田康治・講談社/かくしごと製作委員会
  • “アツかったアニメ部門”第1位『ハイキュー!! TO THE TOP』(C)古舘春一/集英社・「ハイキュー!!」製作委員会・MBS
  • “キュンキュンしたアニメ部門”第1位『トニカクカワイイ』(C)畑健二郎・小学館/トニカクカワイイ製作委員会
  • 「あなたが選ぶdアニメストアアワード2020」
アニメ見放題サイト「dアニメストア」が、「2020年に1番○○だったアニメ」を9,000人以上のユーザーに聞いた「あなたが選ぶdアニメストアアワード2020」の6部門の受賞作品を発表した。
『呪術廻戦』が2冠に輝き、そのほか 『魔女の旅々』、『かくしごと』、『ハイキュー!! TO THE TOP』、『トニカクカワイイ』が部門別のトップとなった。

“オススメしたいアニメ部門”の第1位は、呪術師たちの闘いを描いたダークファンタジー『呪術廻戦』だ。圧倒的な作画クオリティに加え、お洒落でカッコいいOPとED、迫力の戦闘シーンなど見どころ満載。個性的なキャラクターたちが繰り広げるギャグシーンも注目のポイントで、多くの視聴者の心を掴んでいたようだ。

“オススメしたいアニメ部門”第1位『呪術廻戦』(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
“オススメしたいアニメ部門”第1位『呪術廻戦』(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
“展開が気になったアニメ部門”も、第1位は『呪術廻戦』となった。“両面宿儺”という呪いと肉体を共有することになった主人公・虎杖悠仁は、「正しい死」を求めて呪いと向き合い、仲間とともに呪術師として成長していく。ストーリーのテンポがよく、バトルシーンは臨場感があり、とにかくカッコいい。その出来栄えに次の展開が気になる人が続出したのかもしれない。

“展開が気になったアニメ部門”第1位『呪術廻戦』(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
展開が気になったアニメ部門”第1位『呪術廻戦』(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
“世界観が良かったアニメ部門”の第1位は『魔女の旅々』だ。主人公のイレイナは、幼いころに読んだ『ニケの冒険譚』に憧れて、魔女になって旅をしている。訪れた先でさまざまな国や人との出逢いと別れを繰り返し、美しい街並みにわくわくしたり、困ってる人を助けたり、忘れられない出逢いがあったり……。旅とともに成長するイレイナが魅力的に映ったようだ。

“世界観が良かったアニメ部門”第1位『魔女の旅々』(C)白石定規・SBクリエイティブ/魔女の旅々製作委員会
世界観が良かったアニメ部門”第1位『魔女の旅々』(C)白石定規・SBクリエイティブ/魔女の旅々製作委員会
“ストーリーが良かったアニメ部門”の第1位は『かくしごと』となった。同作は、下ネタ漫画家であることを愛娘に隠す主人公・後藤可久士が奮闘する姿や、漫画家ならではのあるあるネタを面白可笑しく描く、時折シリアスな一面を見せつつも心温まるほのぼのファミリーコメディ。爽やかなOP・EDも作品にピッタリで、クライマックスに向けて解き明かされる真相に涙なしにはいられない。

“ストーリーが良かったアニメ部門”第1位『かくしごと』(C)久米田康治・講談社/かくしごと製作委員会
ストーリーが良かったアニメ部門”第1位『かくしごと』(C)久米田康治・講談社/かくしごと製作委員会
“アツかったアニメ部門”の第1位は『ハイキュー!! TO THE TOP』だ。全国大会を迎え、熱い攻防戦を繰り返すストーリーは、その緊張感に手に汗握る展開に。選手一人ひとりにストーリーがあり、敵味方の関係なく応援してしまう視聴者も多かったはず。競技そのものをあまり知らなくても熱くなれる、青春ど真ん中のバレーボールアニメが視聴者の胸を熱くさせたようだ。

“アツかったアニメ部門”第1位『ハイキュー!! TO THE TOP』(C)古舘春一/集英社・「ハイキュー!!」製作委員会・MBS
アツかったアニメ部門”第1位『ハイキュー!! TO THE TOP』(C)古舘春一/集英社・「ハイキュー!!」製作委員会・MBS
“キュンキュンしたアニメ部門”の第1位は『トニカクカワイイ』となった。運命の一目惚れをして名も知らぬ美少女・司に告白した主人公・星空は、「結婚してくれたら、付き合ってあげる」と返事される。そこから始まる新婚生活は、ふたりにとって初めてだらけ。キュンキュンしながら、“トニカクカワイイ”ふたりの物語を見守りたくなった視聴者が続出したようだ。

“キュンキュンしたアニメ部門”第1位『トニカクカワイイ』(C)畑健二郎・小学館/トニカクカワイイ製作委員会
キュンキュンしたアニメ部門”第1位『トニカクカワイイ』(C)畑健二郎・小学館/トニカクカワイイ製作委員会
「dアニメストア」結果ページでは、このほか「あなたが選ぶdアニメストアアワード2020」の詳細を公開中だ。

(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
(C)白石定規・SBクリエイティブ/魔女の旅々製作委員会
(C)久米田康治・講談社/かくしごと製作委員会
(C)古舘春一/集英社・「ハイキュー!!」製作委員会・MBS
(C)畑健二郎・小学館/トニカクカワイイ製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集