「呪術廻戦」真希&真依、「リゼロ」レム&ラム… 仲良し? 複雑? ちょっと気になる2人の関係【双子の日】コラム | アニメ!アニメ!

「呪術廻戦」真希&真依、「リゼロ」レム&ラム… 仲良し? 複雑? ちょっと気になる2人の関係【双子の日】コラム

2月5日は「ふ(2)たご(5)」(双子)と読む語呂合わせから、双子の日です(諸説あり)。『リゼロ』ラム&レム、『呪術廻戦』真希&真依、『ひぐらしのなく頃に』魅音&詩音、『To LOVEる 』ナナ&モモなど魅力的な双子キャラが盛りだくさん!

コラム・レビュー
注目記事
『Re:ゼロから始める異世界生活』2nd season 後半クール キービジュアル(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会
  • 『Re:ゼロから始める異世界生活』2nd season 後半クール キービジュアル(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会
  • 『Re:ゼロから始める異世界生活』(c)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会
  • 『呪術廻戦』キービジュアル第3弾(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
  • 『ひぐらしのなく頃に』キービジュアル(C)2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会
  • 「To LOVEる -とらぶる-」シリーズ(c)矢吹健太朗・長谷見沙貴/集英社・とらぶるダークネス製作委員会
2月5日は「ふ(2)たご(5)」(双子)と読む語呂合わせから、双子の日です(諸説あり)。
アニメ作品でも多くの双子キャラが存在します。顔がそっくりなキャラクターも多く、2人並ぶと可愛さも倍増♪ でも実は、性格が正反対だったり、仲良しに見えて深い関係が隠されている場合も……!?
今回は、そんなさまざまな要素が詰まった双子の<関係性>に着目してみましょう。

■『Re:ゼロから始める異世界生活』ラム&レム



『Re:ゼロから始める異世界生活』(c)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会
『Re:ゼロから始める異世界生活』(c)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会
死ぬと数日前に時間が巻き戻る「死に戻り」。その能力を駆使して、困難を乗り越える主人公のナツキ・スバル。深手を負ったスバルが身を寄せるロズワール邸で、働いているメイドさんが双子の姉妹、ラムとレムです。

背丈もほぼ一緒で、髪型も片目が隠れるショートカット。ただし赤い髪のラムと青髪のレム、違いは一目瞭然です(ついでに言うと、胸のサイズも妹のレムのほうが大きい!)。ゴシックなメイド服が可愛らしい双子の少女ですが、実は「鬼族」。特にレムは、愛らしい外見に似合わない、棘のついた鉄球(モーニングスター)を手に、魔獣を蹴散らすほどの高い戦闘力を持っています。


そんな双子のラムとレム、ともにロズワール邸の家事を分担するかと思いきや……ほとんどがレムの担当。ラムはあまり働きません。
一方でラムは、絵本を使ってスバルに文字を教える面倒見のいい一面があるのですが、教える理由は「スバルが読み書きを覚えれば、ラムの仕事が減る」から!?

少しおサボり癖のあるラムですが、レムは姉のラムに対して、絶対的な信頼と、最高評価がゆるぎません。料理だけではなく、「掃除洗濯も得意ですよ、姉さまより」と断言するにも関わらず。その理由は、遠い幼少期の過去に繋がります。

姉のラムは幼少の頃から、鬼族の中でも極めて優れた天才少女でした。一方で、落ちこぼれのレムは優秀な姉と比較されて、肩身の狭い思いをしていた……現在とは逆の立場だったのです。
そんな折、魔女教の襲撃で鬼の村は壊滅。孤軍奮闘するラムですが、鬼の強さの源である角を折られてしまいます。その瞬間、レムの奥底に眠る、暗い本音を口にしてしまう……「やっと折れてくれた」

仲良しの姉、大好きな姉が鬼の力を失ったことを一瞬だけでも嬉しく感じてしまったレム。自分を責め続けるレムは、その後の人生すべてを、ラムへの贖罪に捧げる覚悟を決めるのです。

「これからは姉さまができたことをすべて、レムが代わりにやれるようにしなければ。姉さまならこうしたはず。姉さまはもっとすごい。姉さまならもっとよくやる。それすら満足にできない自分に価値なんてない

レムの極端な自己犠牲と自己肯定感の低さ……その理由が物悲しい。ですがスバルとの出会いが、レムを変えていくことに。

「ラムにはないもんが、レムにはある」

姉と比べて自分を卑下するのはやめて、未来に目を向けようと誘うスバルの優しさ。「鬼がかってますね」と泣きながら答えるレムの笑顔が眩しい。
レムがラムに負い目を感じている関係から、対等な姉妹関係になった瞬間かもしれません。

※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります。

■『呪術廻戦』禪院真希&真依


『呪術廻戦』キービジュアル第3弾(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
『呪術廻戦』キービジュアル第3弾(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
人間が生む負の感情=呪いを祓う呪術師たちの活躍を描いた『呪術廻戦』。禍々しい呪霊のデザインや、スタイリッシュな戦闘に魅せられている人も多いでしょう。

主人公・虎杖悠仁の一年先輩である禪院真希(ぜんいん まき)は、呪いを祓う立場でありながら、呪力を全く持たない珍しい呪術師です。そのため、呪いが見えるようになるメガネをしているんですが、ポニーテールの組み合わせと相まって、凛々しさとはつらつさを備えた超美人! 頼りがいのあるお姉さんタイプです(実際、悠仁の同輩の釘崎野薔薇からは「姐さん」と慕われている)。


真希たちの所属する呪術高専の東京校が交流会で相まみえたのが、京都校に在籍する真希の妹である禪院真依(ぜんいん まい)。姉と比べてショートヘア、初対面の野薔薇に対して挑発的な悪口を連発……サバサバした真希とは、双子なのに見た目も性格も正反対!?

真依は姉である真希への呼び方も「アンタ」呼ばわり。か、関係冷え切ってますね……。
交流戦でも、敵愾心(てきがいしん)むき出しで真希に対して銃口を向ける。対峙する姉は日本刀で迎え撃つ。そう、使用武器すら「刀剣vs拳銃」で、戦闘スタイルが対照的なんです。
真依の放つ弾丸を、真希は刀の一振りで真っ二つ。『ブラックラグーン』の松崎銀次ばりの芸当を見せるカッコよさ。これは野薔薇じゃなくても惚れちゃう。


この超人的な身体能力は、呪力と引き換えに人間離れした身体能力を持つ「天与呪縛」を真希が備えているから。才能を持たない真依が、姉に嫉妬する理由の一つです。

ですがそれも些事。真依が執拗に真希を憎むに足る、もっと大きな理由が判明します。
名門・禪院家の宗家に生まれながら、呪術の才能に恵まれなかったという双子の姉妹。ともに落ちこぼれという境遇も相まって、いつも一緒に手を繋ぐ、幼き日の真希・真依の姿。けれども真希は「未来をズカズカ突き進む」向上心の高い女性。虐げられる現状を良しとせず、半ば絶縁のように禪院家を出奔してしまうのです。
置いてきぼりにされた真依は、そんな姉が許せなかった。裏切られた悔しさと憎しみを姉に対して抱えているんです。

戦いの後、真希から出奔の理由を訊いた真依の口から漏れる「嘘つき……」の一言。「大っ嫌い」の裏側に隠された、深い思慕。心の奥底では、いまだに姉を慕っていることが伝わってくる、グッとくる一言です。
今すぐに和解するには、2人の溝は深いかもしれません。ですが真希と真依。2人が肩を並べて、あるいは背中合わせで、呪霊に立ち向かう共闘シーンが今後、見られることを期待したいです。

※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります。

■『ひぐらしのなく頃に』園崎魅音&詩音


『ひぐらしのなく頃に』キービジュアル(C)2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会
『ひぐらしのなく頃に』キービジュアル(C)2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会
園崎魅音と園崎詩音は、魅音が姉、詩音が妹の一卵性双生児です。
魅音は、面倒見のいい姉御肌で、主人公の通う雛見沢分校ではリーダー的な存在ですが、一人称がときどき「おじさん」になるなど、少々ガサツなところもあります。
もう一方の詩音は、言葉使いも丁寧でお嬢様っぽい雰囲気の女の子。ファミレスでは可愛く制服を着こなしてアルバイトをしています。
彼女たちが2人でいるときは、デリカシーがないように見えて実は繊細な魅音を、大人しそうに見えて実は情熱的な詩音がよく手玉に取っていますが、基本的には大の仲良しです。

ですが、2人はお家柄のせいで少し複雑な関係にあります。
彼女たちの実家である園崎家は、雛見沢御三家と呼ばれる村の権力者集団のなかでも筆頭の一族で、魅音はその家の跡取り娘です。
しかし、詩音は双子なのにも関わらず、そうした資格がないばかりか、とある理由から園崎家から距離を置かれており、2人は別々の場所で暮らしています。

物語では、魅音が園崎家の跡取りとしての立場と、学校の友達を守ろうとする気持ちで板挟みになる様子や、自分が魅音の立場だったらもっとうまく立ち回れたはずだと感情的になってしまう詩音の姿が描かれます。

それでも相手の立場をよく理解している2人が、最後はお互いを励まし合って惨劇に立ち向かっていく姿は、美しく感動的です。

※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります。

■『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』ナナ&モモ


「To LOVEる -とらぶる-」シリーズ(c)矢吹健太朗・長谷見沙貴/集英社・とらぶるダークネス製作委員会
『To LOVEる -とらぶる-』シリーズ(c)矢吹健太朗・長谷見沙貴/集英社・とらぶるダークネス製作委員会
この作品に出てくる双子の姉妹、ナナ・アスタ・デビルークとモモ・ベリア・デビルークは、銀河系を統べるデビルーク星の第2王女と第3王女です。
ナナは明るくて元気な女の子ですが、少し意地っ張りで子どもっぽいところがあります。
一方のモモは、清楚で可憐なように見えますが、実は二面性があってちょっぴり腹黒な小悪魔系。

モモは本作で、主人公・結城リトを中心としたハーレムを創る“楽園(ハーレム)計画”のために、あの手この手で周りの女の子たちをリトとくっ付けようとするのですが、これにナナは反対しています。
ナナは、保守的で古風な恋愛観の持ち主……という以前に性的知識が極めて乏しい女の子なので、エッチなことが大の苦手なのです。
これに対してモモは、自分もハーレムの一員になることで、第1王女である姉に遠慮せずにリトと結ばれたいと考えています。そのためいつもリトに大胆に迫り、双子のナナすらもリトのハーレムに入れようとするのです。

保守的で純情なナナと、解放的で自由奔放なモモ。2人は双子なのに恋愛に対する価値観は真逆です。
それでも、ナナとモモは今日もリトの家に一緒に居候していて、価値観が違うと言いつつも、まるで子猫がじゃれあうみたいに仲良く暮らしています。

※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります。

◆◆◆

双子によって関係もさまざま。相容れない部分や、難しい家庭事情などもあります。ケンカしたり反発しあっても、胸の奥ではお互いのことを思ってる……そんな2人をあたたかく見守りたいですね。ぜひ“双子”キャラに注目してアニメを楽しんでみてはいかがでしょうか。

(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
(C)2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会
(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会
(C)矢吹健太朗・長谷見沙貴/集英社・とらぶるダークネス製作委員会
《『Re:ゼロから始める異世界生活』『呪術廻戦』かーずSP/『ひぐらしのなく頃に』『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』曙ミネ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集