「セーラームーン」三石琴乃&日野聡&豊永利行&蒼井翔太が語る、アマゾン・トリオの魅力とは?【レポート】 | アニメ!アニメ!

「セーラームーン」三石琴乃&日野聡&豊永利行&蒼井翔太が語る、アマゾン・トリオの魅力とは?【レポート】

劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』前編の公開を記念し、1月15日に「アマゾン・トリオナイト」イベントが無観客で開催された。三石琴乃、日野聡、豊永利行、蒼井翔太の4人がトークを繰り広げた。

ニュース
注目記事
「『美少女戦士セーラームーンEternal』アマゾン・トリオナイト イベント」(C)武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」製作委員会
  • 「『美少女戦士セーラームーンEternal』アマゾン・トリオナイト イベント」(C)武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」製作委員会
  • 「『美少女戦士セーラームーンEternal』アマゾン・トリオナイト イベント」(C)武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」製作委員会
劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』前編の公開を記念し、1月15日に「アマゾン・トリオナイト」イベントが無観客で開催された。キャスト陣よりスーパーセーラームーン/月野うさぎ役の三石琴乃、タイガーズ・アイ役の日野聡、ホークス・アイ役の豊永利行、フィッシュ・アイ役の蒼井翔太が登壇し、トークを繰り広げた。

「『美少女戦士セーラームーンEternal』アマゾン・トリオナイト イベント」(C)武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」製作委員会
『美少女戦士セーラームーンEternal』アマゾン・トリオナイト イベント
今回、男性キャスト陣はセーラームーンに敵対するアマゾン・トリオの面々として出演している。役が決まったときの心境について、日野は「率直に嬉しかったし驚きました。妹と一緒に見ていた作品で、さらにその中でも人気のデッド・ムーン編で、アマゾン・トリオの役ということで。オーデション合格の結果をいただいた時は事務所で歓喜しました」と振り返る。
豊永は「『嘘でしょ?ホントに?』とマネージャーに確認しました。子供の頃から知っている、”あの”『美少女戦士セーラームーン』に、しかも有名なアマゾン・トリオ役ということで。一瞬訳が分からなくなりました。いまだに、『いいんですか?』という気持ちです」と喜びのコメントをすると、三石は「いいんだってば」と笑いながらうなずく。

「『美少女戦士セーラームーンEternal』アマゾン・トリオナイト イベント」(C)武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」製作委員会
『美少女戦士セーラームーンEternal』アマゾン・トリオナイト イベント
蒼井は「『美少女戦士セーラームーン』は敵役でさえも愛おしく思える作品です。でも、当時からフィッシュ・アイが一番好きで、この役を今回やらせていただくにあたり、夢のようといいますか、当時は(この役を演じられるなんて)思ってもいなかったし、身体中から鳥肌が立ちました」と熱い気持ちを述べる。
実は他キャストのオーディションも見学していたという三石は「スケジュールが空いているところは見学に行きました。だいたいの方のオーディションは見てたわよ」と笑顔を見せて、「プレッシャーをかけないように扉の影に座っていました」と語った。

三石はアマゾン・トリオについて妖艶さを絶賛。芝居が上手くいった理由について蒼井は「3人でアフレコできたのが大きかったです。『前世で僕たちなにかやってたかな?』と思うくらいのチームワークでした」と理由を語ると、日野も「3人で息の合うセリフは一発OKでした」と続ける。
今回は新型コロナウイルスの感染対策のため別日での収録となった三石は「一緒にアフレコをしたかったです。もし劇中でスーパーセーラームーンが駆けつけたら、浄化して元の姿に戻してあげたのに…」と残念がると、アマゾン・トリオを演じた3人は次々に「撮り直しましょう!」と冗談を言い合い盛り上がった。

最後に三石は「万全ではない状態での公開となりましたが、前を向いてキラキラした目で、セーラー戦士たちや、アマゾン・トリオや、アマゾネス・カルテットたちが活躍しています。元気がないな、というときは会いに来てください。きっと勇気と元気がもらえると思います」とファンに向けてメッセージを送り、イベントは幕を閉じた。

劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』アマゾン・トリオナイト イベント
日時:1月15日(金) 19:20~19:50
場所:丸の内TOEI1 ※無観客イベント
登壇者:三石琴乃 日野聡 豊永利行 蒼井翔太

(C)武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」製作委員会
《高橋克則》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集