「少年ジャンプ+」が前代未聞のマンガ賞“MILLION TAG”開催 現役編集部員と挑戦者がタッグ&選考過程は番組配信 | アニメ!アニメ!

「少年ジャンプ+」が前代未聞のマンガ賞“MILLION TAG”開催 現役編集部員と挑戦者がタッグ&選考過程は番組配信

株式会社集英社の運営するマンガ誌アプリ「少年ジャンプ+」が、次世代のスターマンガ家を発掘することを目的とした新マンガ賞「MILLION TAG」(ミリオンタッグ)の開催を発表。選考過程を番組配信するという前代未聞のマンガ賞である。

ニュース
注目記事
「MILLION TAG」
  • 「MILLION TAG」
  • 新マンガ賞「MILLION TAG」選考スケジュール
  • 「少年ジャンプ+」編集長 細野修平
  • 「少年ジャンプ+」編集 林
  • 「少年ジャンプ+」編集 玉田
  • 「少年ジャンプ+」編集 岡本
  • 「ヤングジャンプ」編集 李
  • 「マーガレット」編集 ハタケヤマ
株式会社集英社の運営するマンガ誌アプリ「少年ジャンプ+」が、次世代のスターマンガ家を発掘することを目的とした新マンガ賞「MILLION TAG」(ミリオンタッグ)の開催を発表。賞金のほか「少年ジャンプ+」での連載やアニメ制作確約などの副賞が用意されており、選考過程を番組配信するという前代未聞のマンガ賞である。

「MILLION TAG」は、集英社が次世代のスターマンガ家を発掘するべく、選考を経て選抜された6名の連載候補者と編集者がタッグを組んで課題に挑み、優勝を目指すその選考過程を番組配信するという前代未聞の方式で開催。

選抜された連載候補者は、『SPY×FAMILY』など人気作の現役担当も含む各編集部の編集者たちのマンツーマンサポートを受けながら、3か月間にわたる期間で4つの課題に挑むこととなる。
各課題の審査員は「少年ジャンプ+」編集長・細野修平に加え、様々なジャンルから集めたゲスト審査員を予定。
優勝した1名には賞金500万円、「少年ジャンプ+での連載確約、コミックス発売、アニメ制作(1話分相当)」 が約束されるという。

新マンガ賞「MILLION TAG」選考スケジュール
各課題で1位を競いながら、集英社が誇る編集者の下で才能を開花させていく連載候補者たちの様子や過程は、マンガ家発掘バトルオーディション番組「 MILLION TAG」として2021年6月25日より全8回に分けてYouTube「ジャンプチャンネル」にて配信予定。
挑戦者は、2020年12月22日より募集開始。詳細は特設ページまで。

<以下、コメント全文掲載>


「少年ジャンプ+」編集長 細野修平


「少年ジャンプ+」編集長 細野修平
「少年ジャンプ+」の新しい挑戦となる漫画賞を始めます。編集者と漫画家さんがタッグを組んで課題に挑戦し、できた作品で競い合います。漫画家さんにとっては絶好の成長の機会となり、読者にとっては、編集者が漫画家さんとどういった打ち合わせをしているのかを見ることができる企画となります。優勝者の作品は連載権とアニメ化権を確約しています。ここから次代のヒット作家が生まれることを期待しています。是非ご応募ください!

「少年ジャンプ+」編集 林


「少年ジャンプ+」編集 林
主要担当作品:『SPY×FAMILY』『チェンソーマン』『青の祓魔師』
挑戦者へ一言:あなたの「思いつき」が世界に届き、愛される。そんな夢物語が、実現しうるのが「漫画家」という仕事です。「創る」ことは楽しくも苦しく、大変なことも多々あります。しかし、生み出した作品が読者に届いた「喜び」は素晴らしいものです。作家を目指す全ての方に、その瞬間を味わってほしいと願っています。皆様の衝動が詰まった意欲作、是非に読ませて下さい。
世界中で読まれる「面白くて」「売れる」漫画を一緒に創りましょう。

「少年ジャンプ+」編集 玉田


「少年ジャンプ+」編集 玉田
主要担当作品:『生者の行進 Revenge』『双星の陰陽師』『大正処女御伽話』
挑戦者へ一言:多くの漫画家さんを見てきた中で、一つだけハッキリと言えるのは、どんな漫画家さんも生みの苦しみを味わっているということ。あなたにとっての一生の宝物になるようなキャラクターと出会うには、調べて悩んで描いてをひたすらに繰り返すしかないと思います。 1人で延々と真っ暗な洞窟を進むような作業だと思いますが、たまにコンパスやランタンや食料を持って宝探しのお手伝いに向かえたらと思います。一緒に頑張りましょう!

「少年ジャンプ+」編集 岡本


「少年ジャンプ+」編集 岡本
主要担当作品:『終末のハーレム』『デビィザ・コルシファは負けず嫌い』『オトメの帝国』
挑戦者へ一言:少しでも気になった方は是非ともご応募ください。 どんな人にも平等にチャンスがあり、工夫や発想次第で誰でも大ヒットを生み出せる可能性があると信じています。私は今回参加する編集者の中では一番若手です。だからこそ読者に近い感性で、作品の力になれると思っています! 皆様にお会いできる日を、そして一緒に新たな作品を作る日々をとても楽しみにしております。

「ヤングジャンプ」編集 李


「ヤングジャンプ」編集 李
主要担当作品:『久保さんは僕を許さない』『疫神のカルテ』『転生ゴブリンだけど質問ある?』
挑戦者へ一言:限られた期間でたった一つの枠を争うサバイバル。編集者としても経験の無いスタイルのお仕事で、漫画家さんとしても非常にタフな企画になると思います。でも、「連載のチャンスは多く、売れるチャンスは少ない」というレッドオーシャン化が加速する漫画市場で、このような形で確実に“目立てる”連載を勝ち取れるのは本当に大きなチャンスだと思います。素敵な才能と出会えることを楽しみにしています!

「マーガレット」編集 ハタケヤマ


「マーガレット」編集 ハタケヤマ
主要担当作品:『ふたりで恋をする理由』『彼女が可愛すぎて奪えない』『アンクールデッド』
挑戦者へ一言:普段は少女漫画編集をしていますが、この企画の話を伺った時に「こんなに面白いチャンスはない!」と思い参加表明しました。「やらない後悔よりやって後悔」とはよく言いますが、本当にその通りだと思います。迷うくらいなら是非飛び込んできてもらいたいです! この面白くて魅力的なチャンスを一緒にモノにしましょう! ジャンルの垣根をものともしない、漫画家さんのエネルギー溢れる作品を読者へ届ける一助となれたらと思います!

「少年ジャンプ」編集 浅井


「少年ジャンプ」編集 浅井
主要担当作品:『マッシュル-MASHLE-』『鬼滅の刃』『火の丸相撲』
挑戦者へ一言:漫画は、一人で物語を作り、その感動を、臨場感をもって多くの人に伝えることができる、本当に魔法のような手段です。あなたの好きも、こだわりも、努力も、心行くまで込めて物語を作ることができます。一方で、その分あらゆる技術が必要とされる過酷さもあります。漫画家になるということは大変な道のりですが、その負担を少しでも軽くし、才能の開花のお手伝いできるよう必死に頑張ります。ご応募お待ちしています。

■漫画家発掘バトルオーディション番組「MILLION TAG」番組概要
・タイトル: 漫画家発掘バトルオーディション番組「MILLION TAG」
・配信: YouTube 「ジャンプチャンネル」
・配信日:2021年 6月25日(金)~8月13日(金) 毎週金曜日配信 全8回予定

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]
《小野瀬太一朗》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集