杉田智和、「無職転生」34歳無職童貞引きこもりな“主人公の前世”役に 「私も彼のようになっていた可能性を否定できない」 | アニメ!アニメ!

杉田智和、「無職転生」34歳無職童貞引きこもりな“主人公の前世”役に 「私も彼のようになっていた可能性を否定できない」

“なろう系ラノベのパイオニア”との呼び声高い『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』が、TVアニメの放送開始を控え、キービジュアルを公開。さらに“前世の男”役として杉田智和、テーマソングプロデュース・歌唱として大原ゆい子の参加も発表された。

ニュース
注目記事
『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』キービジュアル(C)理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会
  • 『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』キービジュアル(C)理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会
  • 杉田智和
  • 大原ゆい子
“なろう系ラノベのパイオニア”との呼び声高い『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』が、TVアニメの放送開始(2020年1月10日スタート)を控え、キービジュアルを公開。さらに“前世の男”役として杉田智和、テーマソングプロデュース・歌唱として大原ゆい子の参加も発表された。

『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』の原作は、理不尽な孫の手が2012年から小説投稿サイト「小説家になろう」にて連載している“なろう系小説”のパイオニア的大河ファンタジーだ。
部屋に引きこもってゲームやネットに明け暮れる34歳のニート男が、ある日交通事故に遭い死亡……したと思った次の瞬間、剣と魔法の異世界に生まれたばかりの赤ん坊として転生。少年・ルーデウスとして生まれ変わった男が、前世の記憶と後悔を糧に、出会いや試練に直面しながら「今度こそ本気で生きていく」姿と壮大な冒険が描かれる。

今回キービジュアルの公開と共に、主人公・ルーデウスことルディの前世である“34歳無職童貞引きこもりの男”を杉田智和が演じることに決定。
ルディの声を内山夕実、そして“内面の心”の声を杉田が務める演出で本編が展開していくという。

また、本作のOPとEDのテーマソングを、シンガーソングライター・大原ゆい子がプロデュースすることも発表。
大原は、作詞・作曲、さらに歌唱も担当する。

『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』は、2020年1月10日放送開始。
また、1月より杉田によるWEBラジオ「無職転生 心の声ラジオ」もYouTube TOHO animationチャンネルにてスタートする。

<以下、コメント全文掲載>


前世の男役/杉田智和


杉田智和
私はこの前世男の事を責められない。
嘲笑を浴びせる事も、辛いね大変だねと声をかける事も出来ない。
笑えないんだ。彼の存在そのものが。
転生による運命の覚醒、それを本気と呼ぶなら、誠実な芝居で応えるのみ。私もまた、彼の前世のようになっていた可能性を否定できないからだ。

テーマソングプロデュース・歌唱/大原ゆい子


大原ゆい子
オープニング、エンディングと両方作らせていただくのは初めてで、作品が「無職転生」なので私も転生したような気持ちで曲を作りました。
アニメになった無職転生を観るのが楽しみなのと、作品名を聞いて思い浮かぶ音楽になれたら嬉しいです。

〇放送情報
2021年1月10日(日)放送開始
TOKYO MX毎週日曜24:00 サンテレビ 毎週日曜 24:30
KBS京都 毎週日曜 24:00 BS11 毎週日曜24:00
dアニメストア、ニコニコにて地上波同時配信!他 配信サービスでも1月16日(土)正午より順次配信予定

〇キャスト
ルーデウス・グレイラット:内山夕実
前世の男:杉田智和
ロキシー・ミグルディア:小原好美
エリス・ボレアス・グレイラット:加隈亜衣
シルフィエット:茅野愛衣
パウロ・グレイラット:森川智之
ゼニス・グレイラット:金元寿子
リーリャ:Lynn
ルイジェルド・スペルディア:浪川大輔

〇スタッフ
原作:理不尽な孫の手(MFブックス/KADOKAWA刊)
キャラクター原案:シロタカ
原作企画:フロンティアワークス
監督・シリーズ構成:岡本 学
助監督:平野宏樹
キャラクターデザイン:杉山和隆
サブキャラクターデザイン:齊藤佳子
総作画監督:杉山和隆/齊藤佳子
美術監督:三宅昌和
色彩設計:土居真紀子
撮影監督:頓所信二
編集:三嶋章紀
音響監督:明田川仁
音響効果:上野 励
音楽:藤澤慶昌
テーマソングプロデュース・歌唱:大原ゆい子
プロデュース:EGG FIRM
制作:スタジオバインド

(C)理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会
《CHiRO★》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集