「ソウルフル・ワールド」監督が明かす――誰も見たことのない“魂<ソウル>”の世界を舞台にした理由とは? | アニメ!アニメ!

「ソウルフル・ワールド」監督が明かす――誰も見たことのない“魂<ソウル>”の世界を舞台にした理由とは?

ディズニー&ピクサーの最新作『ソウルフル・ワールド』が、「ディズニープラス」にて12月25日17 時より配信開始となる。『モンスターズ・インク』や『インサイド・ヘッド』の天才監督が、本作で誰も見たことのない“魂<ソウル>”の世界を舞台にした理由とは?

ニュース
注目記事
『ソウルフル・ワールド』(C)2020 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『ソウルフル・ワールド』(C)2020 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『ソウルフル・ワールド』(C)2020 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
ディズニー&ピクサーが『トイ・ストーリー』制作から25周年という記念すべき年に贈る、“生まれる前の魂<ソウル>の世界”を描く最新作『ソウルフル・ワールド』が、ディズニー公式動画配信サービス「ディズニープラス」にて2020年12月25日17時より配信開始となる。
これまでもイマジネーションあふれる世界を作り上げてきたピート・ドクター監督が本作で挑むのは“魂<ソウル>”の世界。ドクター監督はその舞台設定について「人々に“こんな世界見たことない”という映画体験をしてほしいんだ」との思いを明かしている。

ドクター監督は、『モンスターズ・インク』ではモンスターたちが暮らす世界、『インサイド・ヘッド』では少女ライリーの頭の中の世界と、誰も見たことがない世界を豊かなイマジネーションを爆発させて描いてきた。
そんなドクター監督が“生まれる前の魂<ソウル>”の世界を舞台に選んだ『ソウルフル・ワールド』に登場するのは、もちろん“魂”のキャラクター。ドクター監督はこれについて、人間世界ではない空想の世界を描くことで観る人に“驚き”を与えたかったと語る。

『ソウルフル・ワールド』(C)2020 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
『ソウルフル・ワールド』の舞台について、ドクター監督は「僕は誰も見たことのない世界を想像して作り上げるのが好きなんだ。人は、映画を観るときに『こんなの、今までに見たことない』という脳を刺激されるような体験をしたいと思っている。だから僕はみんなに驚いてほしいと思って、予測がつかないような世界を作ろうと思ったんだ」とコメント。
魂<ソウル>の世界をアニメーションで描くときも、参考資料のない世界を想像して作ることやキャラクターの動かし方など、事細かにチーム内で話し合い、時間をかけて完成させたそうだ。

誰も見たことのない魂<ソウル>の世界は、一体どんなイマジネーションあふれる世界になっているのだろうか。
“やりたいことがない”ソウルの女の子22番と、“夢を叶えたい”音楽教師のジョーが繰り広げる、ピクサー史上最も深い感動作になったという本作に期待が高まるばかりだ。

『ソウルフル・ワールド』
12月25日(金)ディズニープラスにて17時より独占配信開始

(C)2020 Disney/Pixar.
《仲瀬 コウタロウ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集