高校生男子新体操部の青春を描く「バクテン!!」21年4月放送決定! キャストに土屋神葉、石川界人、小野大輔ら | アニメ!アニメ!

高校生男子新体操部の青春を描く「バクテン!!」21年4月放送決定! キャストに土屋神葉、石川界人、小野大輔ら

宮城県岩沼市を舞台に、高校生男子新体操部の青春を描くオリジナルアニメーション『バクテン!!』が2021年4月よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送が決定。あわせて、キービジュアル、キャスト情報が公開された。

ニュース
注目記事
『バクテン!!』キービジュアル(C)バクテン製作委員会
  • 『バクテン!!』キービジュアル(C)バクテン製作委員会
  • 双葉翔太郎(声:土屋神葉)(C)バクテン製作委員会
  • 美里良夜(声:石川界人)(C)バクテン製作委員会
  • 七ヶ浜政宗(声:小野大輔)(C)バクテン製作委員会
  • 築館敬助(声:近藤隆)(C)バクテン製作委員会
  • 女川ながよし(声:下野紘)(C)バクテン製作委員会
  • 亘理光太郎(声:神谷浩史)(C)バクテン製作委員会
  • 『バクテン!!』PVカット(C)バクテン製作委員会
宮城県岩沼市を舞台に、高校生男子新体操部の青春を描くオリジナルアニメーション『バクテン!!』が2021年4月よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送が決定。あわせて、キービジュアル、キャスト情報が公開された。

『バクテン!!』は、中学生活最後の夏に『男子新体操』と出会い魅せられた少年「双葉翔太郎」が、私立蒼秀館高等学校(通称:アオ高)に入学し、男子新体操部へ入部。個性的な先輩たちと、中学男子新体操のスター「美里良夜」とともに、一生懸命一つの目標に向かってチームでひた走る姿を描く「スポ根×青春群像劇」だ。

アニメ化の発表にあわせて公開されたキービジュアルでは、私立蒼秀館高校男子新体操部の6人が学校の屋上で新体操の練習をしている様子を確認できる。

双葉翔太郎(声:土屋神葉)(C)バクテン製作委員会美里良夜(声:石川界人)(C)バクテン製作委員会

双葉翔太郎(声:土屋神葉)/美里良夜(声:石川界人)
私立蒼秀館高校男子新体操部6人を演じるキャストも決定。主人公・双葉翔太郎役を土屋神葉、美里良夜役を石川界人、七ヶ浜政宗役を小野大輔、築館敬助役を近藤隆、女川ながよし役を下野紘、亘理光太郎役を神谷浩史が演じる。6人からはコメントも届いた。


また、双葉の「出会ってしまった、本当に夢中になれるものに」というモノローグから始まり、アオ高男子新体操部の新入部員勧誘風景が描かれた、物語の幕開けを期待させる第1弾PVも公開された。

2020年11月5日20時から配信される「フジテレビアニメラインナップ発表会2020」では、双葉翔太郎役・土屋神葉、美里良夜役・石川界人、築館敬助役・近藤隆、女川ながよし役・下野紘が出演し、本作の紹介や見どころを伝える。

TVアニメ『バクテン!!』は、2021年4月よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送開始。

<以下、コメント全文掲載>


土屋神葉コメント


Q1. 本作の印象を教えていただけますでしょうか。

まずは、とても本格的にスポーツを描いている作品だと感じました!
競技の描写はもちろん、人との出会い、踏み出すきっかけ、そういったエピソードが生き生きと重ねられて、
スポーツ経験者はもちろん、スポーツに接する機会が少ない人にも共感していただける作品です。
また、何かに夢中になるということが如何にかけがえのないことかを、青春という特別な、未来に向かって吹く風のような日々を通して伝えてくれる作品でもあります。

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えていただけますでしょうか。

とにかく明るくて素直! 見た感じは可愛い系かもしれませんが、どんどん力強くなっていきます。
特に底抜けの明るさは、自分のみならず周りをも照らすほど。何かに全てを賭けている時期は物事を前向きに捉えることが難しい時もありますが、
翔太郎の「前を向く眼差し」の力強さに出会った人は、きっとポジティブな何かを感じるのではないでしょうか。そんな思いと共に、一緒に育つような気持ちでキャラ作りをしていきたいと思います。

石川界人コメント


Q1. 本作の印象を教えていただけますでしょうか。

男子新体操ということで、なかなか触れることのなかったジャンルだったのですが、第一話からこんなにワクワクするんだと感銘を受けました。
僕は中学生の頃に新体操と近いデンマーク体操をやっていたので懐かしい気持ちも感じつつ、細かな違いや競技性の面白さを感じています。
また、体操のシーンだけでなくキャラクターたちのやりとりが青春に溢れていて、前向きで、ずっとこの作品の中にいたいという気持ちになりました。

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えていただけますでしょうか。

僕が演じる美里良夜はクールで感情表現の薄いキャラクターです。
第一印象では冷たい印象を受けるのですが、ただただ感情の表出が薄いだけで心ではたくさんのことを感じ取り、頭では様々なことを考えています。
新体操に関しては経験者なのですが、始めた時のワクワクする気持ちを常に持っているキャラクターでもあります。
新体操に対する熱い気持ちが溢れている時は本当にかっこいいです。

小野大輔コメント


Q1. 本作の印象を教えていただけますでしょうか。

新体操との出会いが少年を変えていく。仲間との出会いが新しい世界を切り開く。真っ向から青春を描く物語。こういうの、大好きです。

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えていただけますでしょうか。

七ヶ浜はとにかくパワフルで明るくてポジティブな男。演じていると自分自身も元気になれます。新体操部のキャプテンとして、個性あふれるメンバーをしっかりまとめていければと思っています!

近藤隆コメント


Q1. 本作の印象を教えていただけますでしょうか。

男子新体操というテーマを、端的ながらさらりと受け止めやすいように作られている印象を受けました。その上で、男子新体操に打ち込む少年たちの青春を爽やかに描いているので、良い意味で単純明快、シンプルでわかりやすい作品になっていると思います。
個人的に、関わることができて嬉しい作品です。

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えていただけますでしょうか。

築館くんは、アオ高男子新体操部の中でお母さん役みたいな存在なのだそうです。七ヶ浜くんがみんなを前から引っ張り、築館くんが後ろから支えるといった感じでしょうか。個人的にもそういう役割を担うことは吝かではない性分なので、みんなと一緒にアオ高男子新体操部の成長を応援していけたら良いなと考えています。

下野紘コメント


Q1. 本作の印象を教えていただけますでしょうか。

今まで男子新体操をやったことのない双葉翔太郎が男子新体操に魅了され、通称アオ高男子新体操部に体験入部するところから物語が始まるんですが、新体操のアニメっていうのは今までほとんどなかったと思いますし、しかも団体演技なので、チームとして一人一人にいろんなドラマ生まれてきそうで、個人的にはワクワクしてます!

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えていただけますでしょうか。

ボクが演じる女川はキャプテンの七ヶ浜や築館と同じ3年であり、アオ高新体操部のエースなんですが、
ボクとしては、現段階でまだその辺り確認できてないですね。
むしろ飄々としてたり、茶化したりする場面が目立つのでお調子者なのかなって思ってます。
3年なので、亘理役の神谷さんより先輩ということに勝手にプレッシャーを感じていますが、絡むことも多いので、先輩として頑張りたいと思います!(笑)

神谷浩史コメント


Q1. 本作の印象を教えていただけますでしょうか。

将来への不安、そして今この瞬間にしか存在しないかけがえの無い仲間たちと過ごす時間……その天秤のウエイトが徐々に変化していく……そんな青春期を精一杯、駆け抜けていく高校生の物語です。

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えていただけますでしょうか。

彼は二年生なので上記のような天秤に変化が生じ始める時期だけれど、それに気づいているのかいないのか……?でも今のチームに誰よりも強い拘りがあって、その拘りが空回りし続ける……そんな役です。

【放送情報】
2021年4月よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送開始

◆イントロダクション
「笑ったぶんだけ高く、泣いたぶんだけ強く」

中学生活最後の夏、『男子新体操』と出会い、
強烈に魅せられた少年「双葉翔太郎」。

私立蒼秀館高等学校(通称:アオ高)に入学した翔太郎は、男子新体操部の門を叩く。
そこには、個性的な先輩たちと、中学男子新体操のスター「美里良夜」がいた。

何か一つのことに懸ける、熱い青春の日々。
ときに挫折し、すれ違うも、共に仲間と過ごす毎日の中で、一生懸命一つの目標に向かって、
チームでひた走る姿を描く「スポ根 × 青春群像劇」。

この春、情熱を懸けた本気の青春が、始まる――

◆スタッフ
監督:黒柳トシマサ
シリーズ構成・脚本:根元歳三
キャラクターデザイン原案:ろびこ
キャラクターデザイン・総作画監督:柴田由香
アニメーション制作:ZEXCS

◆キャスト
双葉翔太郎:土屋神葉
美里良夜:石川界人
七ヶ浜政宗:小野大輔
築館敬助:近藤隆
女川ながよし:下野紘
亘理光太郎:神谷浩史

(C)バクテン製作委員会
《酒井靖菜》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集