「ひぐらしのなく頃に業」タイトル&サブタイトル“鬼騙し編”を発表! 新たな惨劇へ… | アニメ!アニメ!

「ひぐらしのなく頃に業」タイトル&サブタイトル“鬼騙し編”を発表! 新たな惨劇へ…

10月から放送スタートした秋アニメ「ひぐらしのなく頃に」の正式タイトルが「ひぐらしのなく頃に業」、サブタイトルが「鬼騙し編」であることが発表された。

ニュース
注目記事
新たな惨劇へ…!正式タイトルは「ひぐらしのなく頃に業」、サブタイトル「鬼騙し編」も発表
  • 新たな惨劇へ…!正式タイトルは「ひぐらしのなく頃に業」、サブタイトル「鬼騙し編」も発表


 10月から放送スタートした秋アニメ「ひぐらしのなく頃に」の正式タイトルが「ひぐらしのなく頃に業」、サブタイトルが「鬼騙し編」であることが発表された。第1話、第2話のあらすじは以下のとおり。

第1話「鬼騙し編 其の壱」

昭和五十八年の六月。雛見沢に引っ越してきた圭一は、村に住むレナたちとの新しい生活を楽しんでいた。
そんな六月のある日、圭一はダム工事現場の跡地で、偶然出会った写真家の富竹から不穏な話を聞かされる。

第2話「鬼騙し編 其の壱」

かつて雛見沢村で起こったダム工事にまつわるバラバラ殺人事件のことを知った圭一は、その日以来、まるで自分を見張るようなレナの視線に気づき、得体の知れない恐怖に苛まれるようになる。

【動画】惨劇の連鎖、再び…「ひぐらしのなく頃に」#1

広告の後にも続きます
【イントロダクション】
都心から遠く離れ、色濃く残る自然に囲まれた集落──雛見沢村。かつて、ダムの底に沈むはずだった村は、今もなお昔と変わらない姿で、転校生・前原圭一を迎え入れる。都会で暮らしていた圭一にとって、雛見沢の仲間と過ごす賑やかでのどかな生活は、いつまでも続く幸せな時間のはずだった。
一年に一度行われる村の祭り、綿流し。その日が来るまでは…。
昭和五十八年、六月。ひぐらしのなく頃に。日常は突如終わりを告げ、止まらない惨劇の連鎖が始まる──。

公式サイト:https:// higurashianime.com
公式Twitter:@higu_anime

(C)2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会

新たな惨劇へ…!正式タイトルは「ひぐらしのなく頃に業」、サブタイトル「鬼騙し編」も発表

《ABEMA TIMES》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集