2020年秋アニメ、期待値の高い作品は? 3位「おそ松さん」2位「ハイキュー!! TO THE TOP」1位は… | アニメ!アニメ!

2020年秋アニメ、期待値の高い作品は? 3位「おそ松さん」2位「ハイキュー!! TO THE TOP」1位は…

アニメ!アニメ!では「2020年秋アニメ 期待値の高い作品は?」と題した読者アンケートを実施しました。結果を発表します。

ニュース
注目記事
『おそ松さん』第3期メインビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
  • 『おそ松さん』第3期メインビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
  • 『魔法科高校の劣等生 来訪者編』(C)2019 佐島 勤/KADOKAWA/魔法科高校 2 製作委員会
  • 『ハイキュー!! TO THE TOP』キービジュアル (C)古舘春一/集英社・「ハイキュー!!」製作委員会・MBS
  • 『呪術廻戦』キービジュアル(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
  • 『神様になった日』(C)VISUAL ARTS / Key / 「神様になった日」Project
  • 『進撃の巨人』The Final Season(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会
  • 『憂国のモリアーティ』キービジュアル(C)竹内良輔・三好 輝/集英社・憂国のモリアーティ製作委員会
  • 『ご注文はうさぎですか? BLOOM』キービジュアル(C)Koi・芳文社/ご注文はBLOOM 製作委員会ですか?
9月に突入し、2020年も残り4か月となりました。

10月には今年最後となる新作ラッシュが控えています。2020年秋放送予定のタイトルは、人気シリーズの続編からオリジナルタイトルまで多彩な作品が揃いました。その中でアニメ!アニメ!読者が最も期待している作品は一体何なのでしょうか?

そこでアニメ!アニメ!では、「2020年秋アニメ 期待値の高い作品は?」と題した読者アンケートを実施しました。9月1日から9月10日までのアンケート期間中に527人から回答を得ました。
男女比は男性約43パーセント、女性約57パーセントと女性が少し多め。年齢層は19歳以下が約30パーセント、20代が約35パーセントと若年層が中心でした。

■人気シリーズの続編が上位に!


第1位


1位は『魔法科高校の劣等生 来訪者編』。支持率は約15パーセントでした。

『魔法科高校の劣等生 来訪者編』(C)2019 佐島 勤/KADOKAWA/魔法科高校 2 製作委員会
『魔法科高校の劣等生 来訪者編』(C)2019 佐島 勤/KADOKAWA/魔法科高校 2 製作委員会
『魔法科高校の劣等生』の第2期となる本作には「待ちに待った新作! ようやく来るのだと期待が積み重なった作品です」と約6年ぶりのTVアニメ化を待ち望んでいたというコメントが寄せられています。
「原作でも一番面白かった『来訪者編』がどうアニメ化されるのか。この秋一番の楽しみです!」という原作ファンや、「達也と深雪の兄妹の行く末から目が離せません」とメインキャラの活躍に注目した視聴者からの投票が目立ちました。


第2位


2位は『ハイキュー!! TO THE TOP』。支持率は約10パーセントでした。

『ハイキュー!! TO THE TOP』キービジュアル (C)古舘春一/集英社・「ハイキュー!!」製作委員会・MBS
『ハイキュー!! TO THE TOP』キービジュアル (C)古舘春一/集英社・「ハイキュー!!」製作委員会・MBS
人気バレーボールアニメは第4期2クール目に突入。「稲荷崎戦はとにかく熱く面白いシーンが原作で描かれていたので、アニメでどのように表現されるのかが楽しみ!」や「宮兄弟がいるチームとどんな戦いをするのか……。そのほかの新キャラにも注目!」と春の高校バレー2日目に期待の声が届いています。

広告の後にも続きます

原作の連載がフィナーレを迎えたことから「最後までアニメ化してほしい!」と第4期以降の映像化を望む声もありました。

第3位


3位は『おそ松さん』。支持率は約8パーセントでした。

『おそ松さん』第3期メインビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
『おそ松さん』第3期メインビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
「まさか3期が制作されるとは思わなかったのでパワーアップした六つ子たちの活躍が見たい!」とファンも想定していなかった『おそ松さん』の新シリーズ。「映画も面白かったので。やっぱり奴等に会いたい」という期待のコメントはもちろん、「3期が決定したときのPVのクオリティの高さに、力の入れ具合を感じました」とキャストとアニメ映像を組み合わせたPVも好評でした。


なお男性票のみでは1位が『魔法科高校の劣等生』、2位が『神様になった日』、3位が『ご注文はうさぎですか? BLOOM』女性票のみでは1位が『ハイキュー!!』、2位が『おそ松さん』と『魔法科高校の劣等生』が同票でした。

『ご注文はうさぎですか? BLOOM』には「かわいいが花いっぱいの日常を楽しみたい!」や「待望の続編です! 3期からBSも同時ネットなので全国のみんなとぴょんぴょんしたいです!」と、こちらは5年ぶりのTVアニメ化となっています。

■そのほかのコメントを紹介!!


『神様になった日』には「keyと麻枝准、やなぎなぎ、P.A.WORKS…。これは期待しない方がおかしい!」や「『Angel Beats!』と『Charlotte』のファンだから」。
『半妖の夜叉姫』には「『犬夜叉』の続編で、しかもテレビオリジナル!」や「『犬夜叉』をリアルタイムで見ていた世代として、とても気になっています」。

『半妖の夜叉姫』キービジュアル(C)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020
『半妖の夜叉姫』キービジュアル(C)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020
『憂国のモリアーティ』には「コナン・ドイルの小説が好きで、その中に出てくるラスボス的な存在であるモリアーティが主人公というだけでワクワクします」。
『「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」Rhyme Anima』には「キャラたちがラップをする姿はもちろん、いきいきと動く様子を見たときから、アニメ化がとても楽しみでした」とさまざまなタイトルに投票がありました。

「『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rhyme Anima」キービジュアル(C)『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rhyme Anima製作委員会
「『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rhyme Anima」キービジュアル(C)『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rhyme Anima製作委員会
秋アニメの期待値は過去のアンケートと同様に、人気シリーズの続編が目立つ結果となりました。
トップ20には『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』や『ひぐらしのなく頃に』など、注目作品もランクインしています。

秋アニメの放送開始後には「“いま”一番推せる作品は?」と題したアンケートも実施予定です。こちらもお楽しみに。

■ランキングトップ10


[2020年秋アニメ 期待値の高い作品は?]
1位 『魔法科高校の劣等生 来訪者編』
2位 『ハイキュー!! TO THE TOP』(第2クール)
3位 『おそ松さん』(第3期)
4位 『呪術廻戦』
5位 『神様になった日』
6位 『進撃の巨人 The Final Season』
6位 『憂国のモリアーティ』
8位 『ご注文はうさぎですか? BLOOM』
9位 『半妖の夜叉姫』
9位 『「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」Rhyme Anima』

(回答期間:2020年9月1日~9月10日)

次ページ:ランキング20位まで公開
※本アンケートは、読者の皆様の「今のアニメ作品・キャラクターへの関心・注目」にまつわる意識調査の一環です。結果に関しては、どのキャラクター・作品についても優劣を決する意図ではございません。本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。


《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集