畠中祐さんお誕生日記念!一番好きなキャラは? 3位ウルトラマンゼット、2位「キンプリ」香賀美タイガ、1位は… | アニメ!アニメ!

畠中祐さんお誕生日記念!一番好きなキャラは? 3位ウルトラマンゼット、2位「キンプリ」香賀美タイガ、1位は…

アニメ!アニメ!では畠中祐さんのお誕生日をお祝いする気持ちを込めて「演じた中で一番好きなキャラクターは?」と題した読者アンケートを実施しました。結果を発表します。

ニュース
注目記事
『ウルトラマンZ』(C)円谷プロ(C)ウルトラマンZ製作委員会・テレビ東京
  • 『ウルトラマンZ』(C)円谷プロ(C)ウルトラマンZ製作委員会・テレビ東京
  • 『僕のヒーローアカデミア』ビジュアル(C) 堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会
  • TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』5期第1弾ビジュアル」(C)堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会
  • 2019年『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』(C)T2A/S/KOP(C)T2A/S/API/T/KPH(C)T2A/S/API/T/KS
  • 『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』(C)カバネリ製作委員会
  • 『A3!』キービジュアル(C)A3! ANIMATION PROJECT
  • 「遊☆戯☆王ZEXAL」(C)高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS
  • 「夢色キャスト」(c)SEGA/夢色カンパニー
8月17日は畠中祐さんのお誕生日です。

畠中祐さんは2006年の映画『ナルニア国物語 第1章: ライオンと魔女』の吹き替えで声優デビュー。その後はアニメにも活動の幅を広げ、数多くの作品でメインキャラクターを演じてきました。
2017年にはアーティストデビュー。8月19日には4thシングル「HISTORY」のリリースを控えており、歌声でもファンを魅了しています。


アニメ!アニメ!では声優を志した経緯やアーティスト活動についてインタビューを行ったことがあります。

そこで畠中祐さんのお誕生日をお祝いする気持ちを込めて「演じた中で一番好きなキャラクターは?」と題した読者アンケートを実施しました。8月5日から8月12日までのアンケート期間中に154人から回答を得ました。
男女比は男性約35パーセント、女性約65パーセントと女性が多め。年齢層は19歳以下が約35パーセント、20代が約30パーセント、30代が約20パーセントでした。

■トップは『ヒロアカ』上鳴電気 ショートしたときの声も魅力


第1位


1位は『僕のヒーローアカデミア』の上鳴電気。支持率は約20パーセントでした。

『僕のヒーローアカデミア』ビジュアル(C) 堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会
『僕のヒーローアカデミア』ビジュアル(C) 堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会
上鳴電気は「帯電」の個性を持つヒーロー候補生ですが、電気を使いすぎると脳がショートしてアホになってしまうというキャラクターです。「強力な能力の持ち主なのに上手く使いこなせていなかったり、アホになってしまったりするところが残念ながらも微笑ましい」や「おバカキャラの立場だけど、いざとなったらやってくれるところがカッコイイ!」といったコメントが届きました。電気を使いすぎたときの「ウェーイ」という声も人気で、活躍シーンとのギャップがファンを魅了しています。

第2位


2位は「KING OF PRISM」シリーズの香賀美タイガ。支持率は約18パーセントでした。

広告の後にも続きます

ストリート系のブレイクダンスが得意な香賀美タイガには「ぶっきらぼうでツンツンして見える中に秘めた熱い想いが、畠中さんの迫力のある声でより熱さを増して伝わってきます」や「見た目はクールで美形な男なのに内面がお祭り大好き熱い男。憧れの先輩に対してのリスペクトが行き過ぎていて面白さも兼ね備えている」と「熱い」というキーワードでキャラクターを評した声が多く寄せられています。「ライブではアニメのタイガくんそのままのダンスと歌を見ることができて圧巻でした」とイベントでのパフォーマンスも好評です。

第3位


3位は『ウルトラマンZ』のウルトラマンゼット。支持率は約14パーセントでした。


2020年6月にスタートしたばかりの『ウルトラマンZ』。読者からは「ご唱和ください 我の名を! 」という決めゼリフが印象的だというコメントが目立っています。「先輩ウルトラ戦士たちへのリスペクトが熱すぎることや、地球の言葉がまだ上手く喋れないところなど、演技がとてもコミカルでウルトラ大好きです」と新ヒーローが早くも支持を集めています。

■そのほかのコメントを紹介!!


『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』(C)カバネリ製作委員会
『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』(C)カバネリ製作委員会
『甲鉄城のカバネリ』生駒には「必死に生き抜く生駒を全力で演じる姿が今も忘れられず大好きな作品です」や「見ている私たちまで痛くなるような叫び声など、人間味のある熱い演技がよかったから」。
『うしおととら』蒼月潮には「骨太なキャラクタービジュアルにぴったりな優しくも力強い声がとても印象的です」。

『夢色キャスト』城ヶ崎昴には「明るく元気で何事にも全力なところに惹かれたのですが、何よりも歌が上手すぎる! ソロ曲『You&Me…で, wave?』を初めて聴いた時の衝撃がすごかった」。
『遊☆戯☆王ZEXAL』九十九遊馬には「畠中さんのことを初めて知ったキャラクターです。元気いっぱいで決して諦めない遊馬にとても勇気づけられました」とアニメ初主演を飾ったタイトルにも投票がありました。

今回のアンケートではアニメはもちろんゲームや特撮、洋画の吹き替えなど、幅広いジャンルの作品に投票がありました。歌にまつわる作品も複数ランクインしています。
次ページのトップ10もぜひご覧ください!

■ランキングトップ5


[畠中祐さんが演じた中で一番好きなキャラクターは?]
1位 上鳴電気 『僕のヒーローアカデミア』
2位 香賀美タイガ 「KING OF PRISM」シリーズ
3位 ウルトラマンゼット 『ウルトラマンZ』
4位 生駒 『甲鉄城のカバネリ』
5位 兵頭九門 『A3!』

(回答期間:2020年8月5日~8月12日)

次ページ:ランキング20位まで公開

※本アンケートは、読者の皆様の「今のアニメ作品・キャラクターへの関心・注目」にまつわる意識調査の一環です。結果に関しては、どのキャラクター・作品についても優劣を決する意図ではございません。本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。


《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集