宮野真守さんお誕生日記念!一番好きなキャラは?20年版 3位「Free!」松岡凛、2位「文スト」太宰治、1位は… | アニメ!アニメ!

宮野真守さんお誕生日記念!一番好きなキャラは?20年版 3位「Free!」松岡凛、2位「文スト」太宰治、1位は…

アニメ!アニメ!では宮野真守さんのお誕生日をお祝いする気持ちを込めて「演じた中で一番好きなキャラクターは?」と題した読者アンケートを昨年に引き続き実施しました。結果を発表します。

ニュース
注目記事
「Free!-Dive to the Future-」(C)おおじこうじ・京都アニメーション/岩鳶町後援会
  • 「Free!-Dive to the Future-」(C)おおじこうじ・京都アニメーション/岩鳶町後援会
  • 『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』メインビジュアル(C)UTA☆PRI-MOVIE PROJECT
  • 『文豪ストレイドッグス』 第3シーズン キービジュアル(C)朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/2019文豪ストレイドッグス製作委員会
  • 『さらざんまい』(C)イクニラッパー/シリコマンダーズ
  • 「ウルトラマンZ(ゼット)」キービジュアル (C)円谷プロ (C)ウルトラマンZ製作委員会・テレビ東京
  • 「東京喰種トーキョーグール」(C)石田スイ/集英社・東京喰種製作委員会
  • 「STEINS;GATE」(C)2018 MAGES./KADOKAWA/未来ガジェット研究所(C)2018 MAGES./KADOKAWA/STEINS;GATE 0 Partners
  • 『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer- 』(c)創通・サンライズ
6月8日は宮野真守さんのお誕生日です。

宮野真守さんは子役を経て、2000年代に声優デビュー。第2回声優アワードでは主演男優賞、第6回では助演男優賞とユニット名義で歌唱賞、第8回では個人で歌唱賞を受賞。さらに第14回では、SNSで最も印象に残った声優に贈られるインフルエンサー賞に輝きました。
2020年は『富豪刑事 Balance:UNLIMITED』や『うらみちお兄さん』、『劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-』の前編「Wandering; Agateram」など、幅広いタイトルに出演予定です。

宮野真守
そこで宮野真守さんのお誕生日をお祝いする気持ちを込めて「演じた中で一番好きなキャラクターは?」と題した読者アンケートを昨年に引き続き実施しました。5月28日から6月4日までのアンケート期間中に1,072人から回答を得ました。
男女比は男性約10パーセント、女性約90パーセントと女性がメイン。年齢層は19歳以下が約40パーセント、20代が約30パーセントと若年層が中心でした。

■トップはわずか数票差! 洋画や特撮のキャラもランクイン


1位は『うたの☆プリンスさまっ♪』の一ノ瀬トキヤ。支持率は約16パーセントで、昨年の2位からトップになりました。

『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』メインビジュアル(C)UTA☆PRI-MOVIE PROJECT
『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』メインビジュアル(C)UTA☆PRI-MOVIE PROJECT
一ノ瀬トキヤはアイドルグループ・ST☆RISHのメンバー。「アイドルという職業に対してひたすらストイックに向き合ってめちゃくちゃ努力する姿勢と、さまざまなジャンルを歌い分ける歌唱力、そしてクールに見えるけど内心は誰よりも熱い心を持っているところが好きです」や「自分にも自分以外にも厳しく高みをめざしていく姿は宮野さんにしか演じられない」と、プロフェッショナルなアイドルとして高い支持を得ました。
「努力家で歌唱力の高いトキヤさんと宮野さんがリンクしてしまいます」や「リアルライブでの歌唱力が本物のトキヤと被りました」と、宮野さん本人と重ね合わせたコメントも複数届いています。
劇場版の大ヒットも記憶に新しい人気シリーズのキャラクターがトップに輝きました。

2位は『文豪ストレイドッグス』の太宰治。昨年から順位を下げましたが、トップとはわずか数票差でした。

『文豪ストレイドッグス』 第3シーズン キービジュアル(C)朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/2019文豪ストレイドッグス製作委員会
『文豪ストレイドッグス』 第3シーズン キービジュアル(C)朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/2019文豪ストレイドッグス製作委員会
「自殺愛好家でありながらも、後輩の敦くんや鏡花ちゃんを見守る先輩としての姿や、周りの人間を困らせるようなことをする太宰さんがとても好きです。光と影の要素が濃いキャラクターなのに、その二つを完璧に演じていてすごい」や「とぼけているようですべてを知っている賢者。少し鼻にかかった甘く優しい声は、まさに掴みどころのない太宰にピッタリ」と飄々としたキャラを演じています。
シーンによる演じ分けはもちろん「『十五歳』編の演技は、普段の22歳から本当に7歳分だけ幼くなっている感じがして、とても衝撃を受けました」と年齢による芝居の違いに触れたコメントもありました。

広告の後にも続きます
3位は『Free!』の松岡凛。支持率は約12パーセントで、昨年と同順位でした。

「Free!-Dive to the Future-」(C)おおじこうじ・京都アニメーション/岩鳶町後援会
「Free!-Dive to the Future-」(C)おおじこうじ・京都アニメーション/岩鳶町後援会
「クールなのに情熱的。男らしいけど泣き虫。くじけながらも夢に突き進んでいく複雑な内面を素敵に演じていて忘れられないキャラになりました」や「負けず嫌いで強がりな態度を取っているけれど、本当は友達・妹思いの優しくて涙もろい人。そのギャップを演じ分けているのがすごい」と、多面性を持った役柄を演じ切ったところが人気です。
とくに泣きの芝居の評価が高く「感情的になったときの声の少しかすれる感じもすごくリアリティがある」や「こっちまで号泣してしまうほどです」と心を揺さぶられたファンが多いようです。

■そのほかのコメントを紹介!!


『さらざんまい』(C)イクニラッパー/シリコマンダーズ
『さらざんまい』(C)イクニラッパー/シリコマンダーズ
『さらざんまい』新星玲央には「チャラい悪役として登場し、後半になるにつれ感情を露呈していく演技がとてもよかったです」や「挿入歌の歌声もキャラクターを構成するピースとしてぴったりハマっていた」。
『STEINS;GATE』岡部倫太郎には「マッドサイエンティストとしてのコミカルな部分と、大切な人の命を救うために悩み苦しむシリアスな部分の演じ分けがすごい」や「喜怒哀楽のすべての演技にプロの本気を感じました。運命に抗おうとするシーンはとくに生々しくて印象的」。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』メイン(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』メイン(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
『ファンタスティック・ビースト』シリーズのニュート・スキャマンダーには「宮野真守さんといえば二枚目でクールなキャラクターの印象が強かったのですが、シャイな魔法動物学者というキャラクターを吹替でも魅力的に表現されていて一気にファンになりました!」。
『ウルトラ』シリーズのウルトラマンゼロには「登場当初はやんちゃキャラでしたが、だんだん頼れる兄貴分へと変わっていったことが声の演技だけでわかる表現力が素晴らしい」と洋画や特撮の吹き替え役にも投票がありました。

2020年版のアンケートはアニメ以外も対象としたため、キャラクターの顔ぶれも変化しています。
次ページでは上位20キャラを紹介中。こちらもぜひご確認ください。

■ランキングトップ10


[宮野真守さんと演じた中で一番好きなキャラクターは? 2020年版]
1位 一ノ瀬トキヤ 『うたの☆プリンスさまっ♪』
2位 太宰治 『文豪ストレイドッグス』
3位 松岡凛 『Free!』
4位 須王環 『桜蘭高校ホスト部』
5位 新星玲央 『さらざんまい』
6位 ウルトラマンゼロ 『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』ほか
7位 月山習 『東京喰種トーキョーグール』
8位 岡部倫太郎 『STEINS;GATE』
9位 刹那・F・セイエイ 『機動戦士ガンダム00』
10位 夜神月 『DEATH NOTE』

(回答期間:2020年5月28日~6月4日)

次ページ:ランキング20位まで公開
2019年結果:https://animeanime.jp/article/2019/06/08/46016.html


※本アンケートは、読者の皆様の「今のアニメ作品・キャラクターへの関心・注目」にまつわる意識調査の一環です。結果に関しては、どのキャラクター・作品についても優劣を決する意図ではございません。本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。


《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集