大塚芳忠さんお誕生日記念!一番好きなキャラは?20年版 3位「鬼滅の刃」鱗滝左近次、2位「仮面ライダー電王」デネブ、1位は… | アニメ!アニメ!

大塚芳忠さんお誕生日記念!一番好きなキャラは?20年版 3位「鬼滅の刃」鱗滝左近次、2位「仮面ライダー電王」デネブ、1位は…

アニメ!アニメ!では、大塚芳忠さんのお誕生日をお祝いする気持ちを込めて「演じた中で一番好きなキャラクターは?」と題した読者アンケートを昨年に引き続き実施しました。結果を発表します。

ニュース
注目記事
「鬼滅の刃」(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
  • 「鬼滅の刃」(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
  • 『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』(C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ(C)劇場版NARUTO制作委員会2014
  • 『仮面ライダー電王』(C)石森プロ・東映
  • 「銀魂」(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス
  • 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第七章「新星篇」(C)西崎義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会
  • 「宇宙戦艦ヤマト2199」(C)2012 宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会
  • 「亜人」(C)桜井画門・講談社/亜人管理委員会
  • 「劇場版 幼女戦記」(C)カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/劇場版幼女戦記製作委員会
5月19日は大塚芳忠さんのお誕生日です。

大塚芳忠さんは1980年代から現在まで多くのキャラクターを演じており、第11回声優アワードでは助演男優賞を受賞しました。洋画や海外ドラマの吹き替えはもちろん、ニュースやバラエティ番組のナレーションでもお馴染みです。

大塚芳忠
そこでアニメ!アニメ!では、大塚芳忠さんのお誕生日をお祝いする気持ちを込めて「演じた中で一番好きなキャラクターは?」と題した読者アンケートを昨年に引き続き実施しました。5月7日から5月14日までのアンケート期間中に146人から回答を得ました。
男女比はほぼ同数。年齢層は19歳以下が約45パーセント、20代が約20パーセントと若年層が中心でした。

2019年結果:https://animeanime.jp/article/2019/05/19/45562.html

■師匠から悪役まで、幅広いキャラがランクイン!


1位は『NARUTO -ナルト-』の自来也。支持率は約15パーセントで、昨年に続きトップとなりました。

『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』(C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ(C)劇場版NARUTO制作委員会2014
『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』(C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ(C)劇場版NARUTO制作委員会2014
「おちゃらけたときの声、戦闘のときの冷静で低いカッコイイ声、ナルトに対して親のように接する愛情深い声、さまざまな感情を上手に声で表している。自来也が大塚芳忠さんで本当に良かったと思っています」と多彩な芝居を楽しめるというコメントが寄せられています。

「ときに厳しくときに優しくナルトを育ててくれた世界一の師匠です」や「最後までナルトのことを考えていた姿に感動しました」と、ナルトの師匠としても人気で、尊敬すべきキャラクターだという意見も多かったです。

2位は『仮面ライダー電王』のデネブトップとの差はごくわずかでした。
「お茶目な性格のデネブにちょっと渋めの芳忠さんの声がギャップがあるのに絶妙にマッチしてます」や「デネブの優しさやオカンっぽさを大塚さんの声が引き立てていたから」と、仮面ライダーのパートナーとして人気を博しています。「アクターさんの動きと芳忠さんの声が合っていて、すごく良いキャラクターだった」という特撮ドラマだからこそのコメントや、「キャラクターソングも大好き」という声もありました。

広告の後にも続きます
3位は『鬼滅の刃』の鱗滝左近次
彼も主人公の師匠となる人物であり、「厳しくも優しい育手である左近次。大塚さんが声を担当すると聞いたときはとても納得しました」や「炭治郎を親のように育てて、守る姿がカッコイイ」といったコメントが届きました。物語序盤に登場したこともあって、ファンの印象に残るキャラクターです。

■そのほかのコメントを紹介!!


『宇宙戦艦ヤマト2199』シリーズの真田志郎には「『ヤマト』の真田さんと言えば沈着冷静な科学者の代名詞。ですが『ヤマト2202』では頼れる兄貴として熱い一面も見せてくれました。最終話では芳忠さんの長い長い演説にファンみんなが涙しました」。
『亜人』佐藤には「淡々と穏やかに話しているけれど、どこか狂気を感じさせる声がカッコイイ」や「佐藤の人間性がある部分もきちんと表現していてすごい」。

「亜人」(C)桜井画門・講談社/亜人管理委員会
「亜人」(C)桜井画門・講談社/亜人管理委員会
『旋風の用心棒』銀鮫吉には「ヤクザの親分という一癖も二癖もあるキャラクター。建前と本音の感情が声からにじみ出ていて感動しました」。
『フルハウス』ダニー・タナーには「子供のころ夢中になって『フルハウス』を見ていました」と海外ドラマの吹き替えにも投票がありました。

今回のアンケートでは、主人公を導く師匠や立ちはだかる悪役など、絶大な力を持ったキャラクターが複数ランクインしています。特撮や映画、ドラマの吹き替え役にも投票が寄せられており、多くのキャラクターを演じてきたことが再確認できる結果でした。

■ランキングトップ5


[大塚芳忠さんが演じた中で一番好きなキャラクターは? 2020年版]
1位 自来也 『NARUTO -ナルト-』
2位 デネブ 『仮面ライダー電王』
3位 鱗滝左近次 『鬼滅の刃』
4位 阿伏兎 『銀魂』
5位 真田志郎 『宇宙戦艦ヤマト2199』

(回答期間:2020年5月7日~5月14日)

次ページ:全体ランキング公開

※本アンケートは、読者の皆様の「今のアニメ作品・キャラクターへの関心・注目」にまつわる意識調査の一環です。結果に関しては、どのキャラクター・作品についても優劣を決する意図ではございません。本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。


《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集