「はめふら」エンドロールで“内田真礼ラッシュ” 1人5役の脳内会議が話題に | アニメ!アニメ!

「はめふら」エンドロールで“内田真礼ラッシュ” 1人5役の脳内会議が話題に

アニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」(以下「はめふら」)での、カタリナ(CV:内田真礼)の“脳内会議”が好評を博している。

ニュース
注目記事
アニメ「はめふら」エンドロールで“内田真礼ラッシュ” 1人5役の脳内会議が話題に
  • アニメ「はめふら」エンドロールで“内田真礼ラッシュ” 1人5役の脳内会議が話題に


 アニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」(以下「はめふら」)での、カタリナ(CV:内田真礼)の“脳内会議”が好評を博している。

▶動画:エンドロールも要チェック!「はめふら」第2話

 同アニメは、山口悟氏による人気ライトノベルが原作。前世でプレイしていた乙女ゲームに登場する悪役令嬢のカタリナ・クラエス(CV:内田真礼)に転生した主人公が、悪役ゆえの破滅フラグを回避するために奔走するラブコメディだ。

 4月11日より順次放送中の第2話「王子に勝負を挑まれてしまった…」では、カタリナの脳内で「議長」「真面目」「ハッピー」などといった5人のカタリナが議論を繰り広げる一幕があった。同じカタリナ同士が議論するシュールな映像に加えて、カタリナ役の声優・内田真礼がそれぞれのカタリナを見事に演じ分けている点も評判。Twitter上では、「これほんと好きw」「まれいたそがひたすら喋る会議好き」「何度見てもどのシーンでも可愛い~」「相変わらず面白い」などの反響が続出した。

 また、エンドロールでは毎回、主役の「カタリナ・クラエス」に加えて、脳内会議に登場する5人のカタリナ役として、内田の名前が5つ続けてクレジットされている。ネット上では「内田真礼ラッシュで笑う」「内田真礼さんは5人いる」「内田真礼5段重ね」と盛り上がっていた。

第2話「王子に勝負を挑まれてしまった…」

広告の後にも続きます
【あらすじ】
「破滅フラグ」を回避しようと悪戦苦闘していたカタリナは、ある日招待されたお茶会で、侯爵令嬢メアリ・ハントと出会う。畑の相談をする内に、植物の世話が得意なメアリと親しくなったカタリナは、突然やってきたメアリの婚約者で、第4王子のアラン・スティアートに何故か勝負を挑まれてしまうのだった。

(C)山口悟・一迅社/はめふら製作委員会

アニメ「はめふら」エンドロールで“内田真礼ラッシュ” 1人5役の脳内会議が話題に

《ABEMA TIMES》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集