「盾の勇者の成り上がり」年末年始の一気見にオススメしたい!【編集部が選ぶ2019年No.1アニメ】 | アニメ!アニメ!

「盾の勇者の成り上がり」年末年始の一気見にオススメしたい!【編集部が選ぶ2019年No.1アニメ】

『盾の勇者の成り上がり』は昨今人気の高い「異世界転生モノ」となっている。

ニュース
『盾の勇者の成り上がり』(C)2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会
  • 『盾の勇者の成り上がり』(C)2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会
  • 『盾の勇者の成り上がり』続編決定ビジュアル(C)2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会
  • 『盾の勇者の成り上がり』(C)2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会
『盾の勇者の成り上がり』は昨今人気の高い「異世界転生モノ」となっている。

アニメ版での主人公である岩谷尚文は異世界にある国家メルロマルクに「盾の勇者」として召喚される。同じタイミングで「剣の勇者」、「弓の勇者」、「槍の勇者」がそれぞれ異なる世界線から召喚され、共に国家メルロマルクの危機を救うと思いきや……。

「異世界転生モノ」ではよくある「現実世界ではパッとしないが、異世界ではめっちゃ強い」というよくある設定は適応されず、「盾の勇者」として盾意外の武具は一切使用できず(剣はもちろん、槍や弓、投擲物も使用不可)、序盤に出会うスライムを倒すのにも一苦労。なんとか一緒(代わりに)に戦ってくれる仲間の女性を見つけたかと思いきや、出会って数時間で簡単に裏切られ、全財産を奪われ、挙句の果てには冤罪をかけられ、勇者としての名声や信用を失ってしまうのである。
この一件で、主人公は異世界にて他人を一切信用することはなくなり、一人で旅にでることを決意、とはいえ攻撃手段が何も無いということで、奴隷商人から少女ラフタリアを買い、旅を始めるのである。

「異世界転生」を題材にしたアニメ作品は毎クール大量に投入され、中には「これは本当につまらん」といったものも多いなか、本作は筆者としては完全にノーマークであった。正直な話「これはつまらなそう」枠で見始めたのだが、アニメを視聴しながらも「次の話が気になる!」「ここからどういう話が展開されるのであろう……」と気になり、『ハルヒ』シリーズ、『化物語』シリーズ、以来についつい小説を読んで先回りをしてしまったくらい、ストーリーに飲み込まれてしまった。
2クールでの実施ということで、放映とともに話題化も進み、多くのファンを捉えた本作。続編の制作も決定していると言うことで、年末年始の一気見におすすめの一作だ。

《森 元行》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集