AbemaTV、クリスマスに4年連続「School Days」一挙配信! 今年は“Twitter世界トレンド1位”目指す | アニメ!アニメ!

AbemaTV、クリスマスに4年連続「School Days」一挙配信! 今年は“Twitter世界トレンド1位”目指す

2016年から毎年この時期に、“Xmas恋愛アニメスペシャル”と称して『School Days』を全話一挙放送してきたAbemaTVが、今年も12月24日に『School Days』全話一挙放を行うことを発表しました。

ニュース
注目記事
(C)STACK・School Days 製作委員会 2007
  • (C)STACK・School Days 製作委員会 2007
  • 『School Days』場面カット(C)STACK・School Days 製作委員会 2007
  • 『School Days』場面カット(C)STACK・School Days 製作委員会 2007
  • 『School Days』場面カット(C)STACK・School Days 製作委員会 2007
  • 『School Days』場面カット(C)STACK・School Days 製作委員会 2007
  • 『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 特別篇』(C)創通・サンライズ
  • 『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』(C)創通・サンライズ
  • 『おそ松さん』場面カット(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
2016年から毎年この時期に、“Xmas恋愛アニメスペシャル”と称して『School Days』を全話一挙放送してきたAbemaTVが、今年も12月24日に『School Days』全話一挙放を行うことを発表しました。
さらに今回は、新たな試みとして「聖夜に『#SchoolDays』をTwitter世界トレンド1位にしよう!」というTwitter連携キャンペーンも行われます。

『School Days』場面カット(C)STACK・School Days 製作委員会 2007『School Days』場面カット(C)STACK・School Days 製作委員会 2007

『School Days』場面カット【画像クリックでフォトギャラリーへ】
もはやアニメファンにとって冬の風物詩になりつつある(?)AbemaTV「Xmas恋愛アニメスペシャル」とは、“浮気”や“三角関係”を描いた恋愛作品を一挙放送し、毎年ネット上で「正気か…?」という声が上がるなど話題性の高い特別企画です。
これまでに『WHITE ALBUM2』、『SHUFFLE!』などが放送されてきましたが、『School Days』は今年で4年連続の登場。本企画が始まって以来、一度もラインナップから外れたことがなく、「AbemaTVの定番クリスマスアニメ」として不動の地位を築いていると言えるのではないでしょうか。


そして今年は一挙放送とあわせて、「聖夜に『#SchoolDays』をTwitter世界トレンド1位にしよう!」キャンペーンも実施。『School Days』放送中にTwitter連携コメント、もしくはTwitterにてハッシュタグ「#SchoolDays」をつけた投稿を行い、その名の通りクリスマスに『School Days』の世界トレンド1位を目指すというものです。
時代は平成から令和に移り変わりましたが、今年のクリスマスも変わらず、AbemaTVでアニメを観てハッピーで“刺激的”な時間を過ごすのも良いかもしれません。

『ダンベル何キロ持てる?』場面カット(C)2019 サンドロビッチ・ヤバ子,MAAM・小学館/シルバーマンジム『とらドラ!』場面カット(C)竹宮ゆゆこ/アスキー・メディアワークス/「とらドラ!」製作委員会

『ダンベル何キロ持てる?』、『とらドラ!』場面カット【画像クリックでフォトギャラリーへ】
『School Days』全話一挙放送は、AbemaTV「アニメLIVE チャンネル」にて、12月24日18時50分よりスタート。
また、Abemaビデオでは12月24日0時より『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 特別篇』と『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』を配信予定のほか、『おそ松さん』第1期11話、『ダンベル何キロ持てる?』第10話、『とらドラ!』第19話など、お馴染みアニメのクリスマスにまつわるエピソードも配信中です。

(C)STACK・School Days 製作委員会 2007
(C)2019 サンドロビッチ・ヤバ子,MAAM・小学館/シルバーマンジム
(C)竹宮ゆゆこ/アスキー・メディアワークス/「とらドラ!」製作委員会
《小野瀬太一朗》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集