フル3DCGアニメ「ULTRAMAN」2020年4月に地上波放送! OLDCODEXが新主題歌を担当 | アニメ!アニメ!

フル3DCGアニメ「ULTRAMAN」2020年4月に地上波放送! OLDCODEXが新主題歌を担当

アニメ『ULTRAMAN』が2020年4月から地上波で放送されることがわかった。地上波放送では新主題歌をOLDCODEXが担当。新コンセプトのキービジュアルが発表され、オリジナル実写短編PVの制作も明らかになった。

ニュース
「『ULTRAMAN』新キービジュアル」(C)円谷プロ (C)Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi (C)ULTRAMAN 製作委員会
  • 「『ULTRAMAN』新キービジュアル」(C)円谷プロ (C)Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi (C)ULTRAMAN 製作委員会
  • 「『ULTRAMAN』ロゴ」(C)円谷プロ (C)Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi (C)ULTRAMAN 製作委員会
  • 「『ULTRAMAN』キービジュアル」(C)円谷プロ (C)Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi (C)ULTRAMAN 製作委員会
  • 「『ULTRAMAN』コミックス」(C)円谷プロ
アニメ『ULTRAMAN』が2020年4月から地上波で放送されることがわかった。地上波放送では新主題歌をOLDCODEXが担当。新コンセプトのキービジュアルが発表され、オリジナル実写短編PVの制作も明らかになった。

「『ULTRAMAN』ロゴ」(C)円谷プロ (C)Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi (C)ULTRAMAN 製作委員会
『ULTRAMAN』ロゴ
『ULTRAMAN』は、清水栄一と下口智裕が「月刊ヒーローズ」で連載中の同名コミックのアニメ化作品。2019年4月よりNetflixにて配信された本作が、2020年4月からTOKYO MX、BS11でオンエアされることになった。
今回の情報は12月14日と15日の二日間にわたって東京ドームシティで開催中の「TSUBURAYA CONVENTION 2019」オープニングセレモニーにて発表された。

「『ULTRAMAN』新キービジュアル」(C)円谷プロ (C)Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi (C)ULTRAMAN 製作委員会
『ULTRAMAN』新キービジュアル
新キービジュアルでは「俺たちが、ウルトラマンだ」という惹句とともに、本作で活躍するウルトラマンたちが登場。以前のビジュアルとは異なるレイアウトで、新たな魅力が表現された。
主題歌は音楽ユニット・OLDCODEXが担当する。Netflixの配信時にも主題歌を手がけたアーティストが新たな楽曲を生み出す。すでにNetflixで作品を鑑賞済みの人も楽しみな発表となった。

そして『ULTRAMAN』初の実写映像化として、オリジナル実写短編PVの制作も決定。主人公・早田進次郎がまとう「ULTRAMAN SUIT」、さらに諸星弾がまとう「ULTRAMAN SUIT ver.7」(通称・セブンスーツ)が登場し、アニメの魅力をさらに堪能できる。
こちらはクラウドファンディングサービスのMakuakeで、ファン参加型の企画として制作する予定だ。詳細は後日発表される。

アニメ『ULTRAMAN』

「『ULTRAMAN』キービジュアル」(C)円谷プロ (C)Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi (C)ULTRAMAN 製作委員会
■Netflix にて世界独占配信中
■放送情報:2020年4 月よりTOKYO MX、BS11にて放送(予定)
話数:全13話
原作:円谷プロダクション、清水栄一×下口智裕(「月刊ヒーローズ」連載)
監督:神山健治×荒牧伸志
音楽:戸田信子×陣内一真
制作:Production I.G×SOLA DIGITAL ARTS
CAST:早田進次郎/木村良平、諸星弾/江口拓也、北斗星司/潘めぐみ、早田進/田中秀幸、佐山レナ/諸星すみれ、井
手光弘/魚建、エド/牛山茂、ジャック/竹内良太、遠藤庸介/花輪英司、倉田/関戸博一、白石/白石稔、アダド/津田健次
郎、エースキラー/平田広明、ベムラー/曽世海司
地上波放送新主題歌:OLDCODEX「タイトル未定」

コミックス『ULTRAMAN』

「『ULTRAMAN』コミックス」(C)円谷プロ
作家:清水栄一 下口智裕(『鉄のラインバレル』他)
出版社/連載:株式会社ヒーローズ / 月刊誌「月刊ヒーローズ」
単行本コミック:現在、14巻まで発行 / ヒーローズコミック(小学館クリエイティブ刊)
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集