集英社、マンガ・ラノベ・写真集の総合電子書店サービス開始 「ワンピース」「鬼滅」などが“待てば読める”! | アニメ!アニメ!

集英社、マンガ・ラノベ・写真集の総合電子書店サービス開始 「ワンピース」「鬼滅」などが“待てば読める”!

「週刊少年ジャンプ」の『ワンピース』『鬼滅の刃』をはじめ、集英社の少年マンガ、少女マンガ、青年マンガ、ライトノベルが詰まった新総合電子書店「ゼブラック」がサービス開始となった。

ニュース
『ワンピース』原作書影(C)尾田栄一郎/集英社
  • 『ワンピース』原作書影(C)尾田栄一郎/集英社
「週刊少年ジャンプ」の『ワンピース』『鬼滅の刃』をはじめ、集英社の少年マンガ、少女マンガ、青年マンガ、ライトノベルが詰まった新総合電子書店「ゼブラック」がサービス開始。
同サービスでは「ジャンプコミックス」「ヤングジャンプコミックス」「りぼんマスコットコミックス」「マーガレットコミックス」「JUMP j BOOKS」、デジタル写真集などから作品が順次配信される。

「ゼブラック」は、WEBサイト、iOS・Android向けのアプリとしてサービス提供。集英社がこれまで送り出した作品をもっと多くの人に届けるために、またその販売経験とデータをさらに作品へと還元できる体制を作るためにスタートしたという。

本サービスは、コミックス単位ではなく、話単位で作品を読むことが可能な「話読み」のシステムが採用されており、対象作品ごとに1話分を読むことができるチケットが付与される。
そしてそのチケットを利用して1話読むと、23時間後に対象作品のうち好きな1話を新たに読めるチケットが配付されるという、“待てば読める”仕様となっている。
なお、『ワンピース』『鬼滅の刃』『約束のネバーランド』といった作品の“待てば読める”話数の公開範囲は、他ストアよりも広くなっているとのことだ。

今後は「週刊少年ジャンプ」「ジャンプ SQ.」「ウルトラジャンプ」の定期購読の実装も予定。また、2019年12月28日まで、「話読み」の回復時間が通常23時間のところを12時間に短縮するキャンペーンが全ユーザーを対象に行われている。

【対応プラットフォーム】
■WEB サイト: Chrome/Safari/Firefox/Edge 各最新版
■iOS: iOS11.0 以降
■Android: Android5.0 以降

◆「話読み」主な対象作品
『ONE PIECE』(尾田栄一郎)、『約束のネバーランド』(原作:白井カイウ/作画:出水ぽすか)、『鬼滅の刃』(吾峠呼
世晴)、『ブラッククローバー』(田畠裕基)、『HUNTER×HUNTER』(冨樫義博)、『カラダ探し』(村瀬克俊)、『ファイア
パンチ』(藤本タツキ)、『生者の行進』(みつちよ丸)、『花のち晴れ~花男 Next Season~』(神尾葉子)、『ワールドト
リガー』(葦原大介)、『新テニスの王子様』(許斐剛)、『プラチナエンド』(原作:大場つぐみ/漫画:小畑健)、
『絶叫学級』(いしかわえみ)、『メイちゃんの執事』(宮城理子)、『俺物語!!』(作画:アルコ/原作:河原和音)、
『プリンシパル』(いくえみ綾)、『スミカスミレ』(高梨みつば)、『離婚記念日』(粕谷紀子)など。
※作品ごとに公開範囲が異なります。
※「話読み」対象作品以外もストア内で購入可能です。

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]
《MoA》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集