一番好きな「ガンダム」シリーズは? 3位「00」、2位「鉄血のオルフェンズ」、1位は… | アニメ!アニメ!

一番好きな「ガンダム」シリーズは? 3位「00」、2位「鉄血のオルフェンズ」、1位は…

アニメ!アニメ!では、「一番好きな『ガンダム』シリーズは?」と題した読者アンケートを実施しました。結果を発表します。

ニュース
注目記事
「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」(C)創通・サンライズ・MBS
  • 「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」(C)創通・サンライズ・MBS
  • 劇場版『ガンダム Gのレコンギスタ I』「行け!コア・ファイター」(C)創通・サンライズ
  • 「機動戦士ガンダムSEED」
  • 「∀ガンダム」(c) 創通・サンライズ
  • 『機動戦士ガンダム劇場版』(C)創通・サンライズ
  • 「機動武闘伝Gガンダム」(C)創通・サンライズ
  • 「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」(C)創通・サンライズ
  • 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(C)創通・サンライズ
11月29日(金)に富野由悠季総監督の『ガンダム Gのレコンギスタ I』「行け!コア・ファイター」の劇場上映がスタートします。TVアニメ版の放送から5年を経て、全5部作の劇場版として描かれる最新作に要注目です。

劇場版『ガンダム Gのレコンギスタ I』「行け!コア・ファイター」(C)創通・サンライズ
劇場版『ガンダム Gのレコンギスタ I』「行け!コア・ファイター」(C)創通・サンライズ
『機動戦士ガンダム』は1979年に放送がスタート。2019年10月からは『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』が放送・配信されており、40年にわたって幅広いメディアでシリーズが親しまれてきました。そんなバラエティ豊かな「ガンダム」シリーズの中で、アニメ!アニメ!読者が最も支持するタイトルは一体何なのでしょうか?

そこでアニメ!アニメ!では、「一番好きな『ガンダム』シリーズは?」と題した読者アンケートを実施しました。11月13日から11月20日までのアンケート期間中に162人から回答を得ました。
男女比は男性約75パーセント、女性約25パーセントと男性が多め。年齢層は19歳以下が約20パーセント、20代が約30パーセント、30代が15パーセント、40代が20パーセントと幅広い層から投票がありました。

■『ガンダムSEED』とくに女性から高い支持!


1位は『機動戦士ガンダムSEED』。支持率は約12パーセントでした。
『ガンダムSEED』は2002年から2003年にかけてオンエア。遺伝子操作によって生まれた新人類・コーディネイターと、通常の人類・ナチュラルの争いを描いた物語で、「ガンダム」シリーズに新たなファンを呼び込みました。
「ガンダムにハマったきっかけ。地球連合軍だけでなく敵対する勢力の言い分も間違ってないように感じて、どこを応援するでもなく見守ってしまいました」や「21世紀のファーストガンダムという展開はもちろん、後半のドロドロなドラマ展開がいいです」といったコメントが寄せられています。またモビルスーツも人気で「『SEED』でガンプラにハマった」という声も多数届きました。

「機動戦士ガンダムSEED」
2位は『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』。支持率は約9パーセントでした。
『鉄血のオルフェンズ』は2015年から2017年にかけて全50話が放送されました。本作は少年兵として虐げられていた主人公たちが民兵組織・鉄華団を結成するというストーリー。
「世知辛い世の中で懸命に生きようとする少年たちの姿が自分に重なった」や「2期の後半からの怒涛の展開、鉄華団の散り際が切なくて苦しくて美しかった」と感情移入しながら楽しんだというコメントが寄せられています。

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』(C)創通・サンライズ・MBS
『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』(C)創通・サンライズ・MBS
3位は『機動戦士ガンダム00』。支持率は約8パーセントでした。
『ガンダム00』は2007年から2009年にかけて全50話をオンエア。2010年には『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』も公開されました。
「ガンダム初の西暦と言う舞台で作られた作品。世界で起こる紛争が、決して他人事ではないと言うことを学ばされた」や「声優陣が豪華過ぎ。平和についても深く考えさせられた作品です」と重厚なストーリーが人気。刹那・F・セイエイが発した“俺がガンダムだ”をはじめ、名ゼリフが多いことも票を集めた理由です。

なお男性票のみではトップは『∀ガンダム』と『鉄血のオルフェンズ』が同票女性票のみでは『ガンダムSEED』がダブルスコアでトップでした。
『∀ガンダム』は1999年から2000年にかけて放送。地球と月をめぐる物語で、工業デザイナーのシド・ミードが手がけたヒゲのあるターンエーガンダムの造型も話題となりました。ガンダムを使って洗濯をするなど、どこか牧歌的なエピソードも多いことから、「ストーリーがゆったりしていて、それでいて緩急がちゃんとある」というコメントがありました。

広告の後にも続きます
「∀ガンダム」(c) 創通・サンライズ
「∀ガンダム」(c) 創通・サンライズ

■そのほかのコメントを紹介!!


『機動武闘伝Gガンダム』には「機動戦士ガンダムをガンダムシリーズへと昇華させた、まさにシリーズの先駆者的存在。『G』がなければ、これほどさまざまなガンダムは生まれなかったはず」。
『新機動戦記ガンダムW』には「少年たちの真っ直ぐさが、ときにつらいこともありましたが見応えがありました。TWO-MIXの歌も合っていて今でも大好きです」。

『機動戦士ガンダムAGE』には「父親・子供・孫と三世代にわたる物語と言うのが斬新だった。主題歌アーティストも人気者揃い」。
『機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線』には「絶望的状況下において、地球連邦の兵士が勇猛果敢にザクに挑む姿……。惚れてしまいました。今作では連邦軍の地上戦に絞って話を展開しているところが、前作との対比を感じさせられて非常によかった」とOVAにも投票が寄せられています。

富野由悠季監督のタイトルはもちろん、21世紀に制作されたガンダムも多数ランクインしました。次ページではトップ20まで公開中です。どのシリーズがランクインしているのか、こちらもお見逃しなく!

■ランキングトップ10


[一番好きな『ガンダム』シリーズは?]
1位 『機動戦士ガンダムSEED』
2位 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』
3位 『機動戦士ガンダム00』
4位 『∀ガンダム』
5位 『機動戦士ガンダム』
5位 『機動武闘伝Gガンダム』
5位 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』
8位 『機動戦士ガンダム逆襲のシャア』
8位 『新機動戦記ガンダムW』
10位 『機動戦士ガンダムZZ』
10位 『ガンダム Gのレコンギスタ』

次ページ:ランキング20位まで公開 好きな作品がランクインしているか要チェック!!
(回答期間:2019年11月13日~11月20日)

《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集