劇場版「ガンダム Gのレコンギスタ」第1部の公開時期決定!富野由悠季監督からコメント到着 | アニメ!アニメ!

劇場版「ガンダム Gのレコンギスタ」第1部の公開時期決定!富野由悠季監督からコメント到着

TVアニメ『ガンダムGのレコンギスタ』に新作カットが加わった劇場版の第1部「『ガンダム Gのレコンギスタ I』『行け!コア・ファイター』」の上映時期が2019年秋に決定し、キービジュアルお披露目。併せて、総監督・脚本を手掛ける富野由悠季からコメントが届いた。

ニュース
「『ガンダム Gのレコンギスタ I』『行け!コア・ファイター』」キービジュアル(C)創通・サンライズ
  • 「『ガンダム Gのレコンギスタ I』『行け!コア・ファイター』」キービジュアル(C)創通・サンライズ
  • 富野由悠季
  • 「『ガンダム Gのレコンギスタ I』『行け!コア・ファイター』」(C)創通・サンライズ
  • 「『ガンダム Gのレコンギスタ I』『行け!コア・ファイター』」(C)創通・サンライズ
  • 「『ガンダム Gのレコンギスタ I』『行け!コア・ファイター』」(C)創通・サンライズ
  • 「『ガンダム Gのレコンギスタ I』『行け!コア・ファイター』」(C)創通・サンライズ
  • 「富野由悠季の世界」(C)手塚プロダクション・東北新社 (C)東北新社 (C)サンライズ (C)創通・サンライズ(C)サンライズ・バンダイビジュアル・バンダイチャンネル (C)SUNRISE・BV・WOWOW (C)オフィス アイ
  • 「『ガンダム Gのレコンギスタ I』『行け!コア・ファイター』」キービジュアル(C)創通・サンライズ
TVアニメ『ガンダム Gのレコンギスタ』に新作カットが加わった劇場版の第1部『ガンダム Gのレコンギスタ I』「行け!コア・ファイター」の日本国内上映時期が2019年秋に決定し、キービジュアルがお披露目された。
あわせて総監督・脚本を務める富野由悠季監督から「大人の理屈だけで考えてしまいますと楽しいアニメ映画にはなりませんから、本作は楽しく観ていただきたいのです。その上で、未来的な問題がどこにあるのかに考えを巡らして、その解決策を考えてくださる子供たちを待ちたいのです」とコメントが届いた。

「『ガンダム Gのレコンギスタ I』『行け!コア・ファイター』」(C)創通・サンライズ
『ガンダム Gのレコンギスタ』は、『ガンダム』のTVアニメシリーズとして、富野監督が『∀ガンダム』以来15年ぶりに手がけた作品。全5部作の劇場版では、2014年放送のTVアニメ全26話に新たなカットを加え再編集され制作された。

劇場版『ガンダム Gのレコンギスタ I』「行け!コア・ファイター」は、2019年秋公開。

なお、「富野由悠季の世界」の福岡会場では2019年8月24日、国内最速試写会が開催決定。上映後は、富野監督によるトークイベント、質疑応答が行われる。

<以下、コメント全文掲載>


富野由悠季
【原作・脚本・総監督:富野由悠季】
巨大ロボット物というジャンルだからこそ、近未来も明るく楽しい物語にして描けるのではないかと考えて創りました。この映画で地球を見下ろしている夜の部分の電気の光の量は、20世紀はじめのように少なくしてあります。

宇宙エレベータについては、宇宙世紀を受け継いだ技術によって、現在考えられている以上の大きな質量のものが運用されています。それらの意味はどういうことなのか、と、子供たちには考えていただきたいと考えて、ベルリとアイーダの物語を創ったのです。

大人の理屈だけで考えてしまいますと楽しいアニメ映画にはなりませんから、本作は楽しく観ていただきたいのです。その上で、未来的な問題がどこにあるのかに考えを巡らして、その解決策を考えてくださる子供たちを待ちたいのです。

【作品概要】
●タイトル:劇場版『ガンダム Gのレコンギスタ I』「行け!コア・ファイター」
●公開表記:2019年秋

●第1部スタッフ
総監督・脚本 富野由悠季
キャラクターデザイン 吉田健一
メカニカルデザイン 安田 朗
形部一平
山根公利
美術監督 岡田有章
佐藤 歩
色彩設計 水田信子
ディスプレイデザイン 青木 隆
CGディレクター 藤江智洋
撮影監督 脇顯太朗
編集 今井大介
音楽 菅野祐悟
音響監督 木村絵理子

【開催概要】
●イベント:劇場版『ガンダム Gのレコンギスタ I』
「行け!コア・ファイター」国内最速試写会&富野由悠季トークイベント
●日時:2019年8月24日(土)13時~
●会場:福岡市美術館1階 ミュージアムホール
●定員:180名
※本イベントは無料で参加することができます。
※参加にあたり、事前に申し込みが必要になります。
※参加希望者が定員を上回った場合、事前に抽選をさせていただきます。


(C)創通・サンライズ

(C)手塚プロダクション・東北新社 (C)東北新社 (C)サンライズ (C)創通・サンライズ
(C)サンライズ・バンダイビジュアル・バンダイチャンネル (C)SUNRISE・BV・WOWOW (C)オフィス アイ
《MoA》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集