谷山紀章、昔なりたかった職業は“アニメーター”? アニメ業界に興味を持ったキッカケ語る | アニメ!アニメ!

谷山紀章、昔なりたかった職業は“アニメーター”? アニメ業界に興味を持ったキッカケ語る

声優の谷山紀章(「文豪ストレイドッグス」中原中也役や「進撃の巨人」ジャン・キルシュタイン役など)が、宮崎駿監督作品「天空の城ラピュタ」初見時の思い出を語った。

ニュース
声優・谷山紀章、「天空の城ラピュタ」を見てアニメーターに憧れた過去
  • 声優・谷山紀章、「天空の城ラピュタ」を見てアニメーターに憧れた過去

 声優の谷山紀章(「文豪ストレイドッグス」中原中也役や「進撃の巨人」ジャン・キルシュタイン役など)が、宮崎駿監督作品「天空の城ラピュタ」初見時の思い出を語った。

 2月21日に生放送されたAbemaTV「声優と夜あそび」では、それぞれの「ヘビロテ映画」をテーマに木曜MCを務める声優の浪川大輔(「ルパン三世」石川五ェ門役や「BLEACH」ウルキオラ・シファー役など)と谷山がトークを繰り広げた。まず、普段はあまり映画を繰り返し見ることがないという浪川が例外として「天空の城ラピュタ」を紹介。しかし谷山も同作を自身の「ヘビロテ映画」に選んでおり、浪川に負けじと熱い思い入れを語った。


 谷山によると、「天空の城ラピュタ」を初めて鑑賞したのは小学5年生のころだという。冒険活劇の王道とも言えるストーリーや迫力満点の作画に衝撃を受けたそうで、「こんなん子供のころに見ちゃったら人生決まっちゃいますよ」とアニメ業界に興味を持つきっかけになったことを明かした。


 さらに谷山は「中学生のときに、隣のクラスが合唱祭でラピュタの『君をのせて』を歌ってたのよ。素人の合唱祭で、しかも中学生なんて嫌々歌うやつもいるわけじゃん。でも、それが俺の心に響いてきたの。1人で隣のクラスの歌を聞いてたら鳥肌が立って、そのときに俺は『アニメーターになりたい!』って思ったんだよ」と、当初は声優ではなくアニメーター志望だったことを告白。これには浪川も「すごくいいきっかけだね。それくらい影響力があるということですね」と感心していた。


 その後、谷山は自身のオールタイム・ベスト映画だという「ゴッドファーザー」を紹介した。「息子が生まれたら小学生くらいでこれを見せる」と語ると、浪川が「ラピュタではなく?」と指摘。谷山は「ラピュタも見せるよ、同時に。月火水木金で、今日はナウシカ、とかね。英才教育を叩き込みますよ」と野望を語っていた。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】映像ラストに延長戦も!【浪川大輔×谷山紀章】 #44 ゲストに森久保祥太郎と安元洋貴

▶【見逃し視聴】声優と夜あそび水曜日回 全話リスト

声優・谷山紀章、「天空の城ラピュタ」を見てアニメーターに憧れた過去

《AbemaTIMES》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集