「明治東亰恋伽」芽衣を指南する芸者・音奴の正体は…?第5話先行カット | アニメ!アニメ!

「明治東亰恋伽」芽衣を指南する芸者・音奴の正体は…?第5話先行カット

2019年1月から放送中のTVアニメ「明治東亰恋伽」の第5話先行カットが公開された。

ニュース
「明治東亰恋伽」芽衣を指南する芸者・音奴の正体は…?第5話先行カット
  • 「明治東亰恋伽」芽衣を指南する芸者・音奴の正体は…?第5話先行カット

 2019年1月から放送中のTVアニメ「明治東亰恋伽」の第5話先行カットが公開された。

 2013年にタイムスリップ恋愛ファンタジーゲームとして制作された「明治東亰恋伽」。2018年にミュージカル化、2019年に実写ドラマ化や実写映画化も決定し、注目を集めている作品だ。


 2月6日より順次放送されるTVアニメ「明治東亰恋伽」の第5話は「はるかなるフィアンセへの道」。鴎外のフィアンセとして相応しい女性になる為、芸者の音奴から厳しい指南を受ける芽衣。着物の着方や所作、礼儀作法などを苦戦しながらも必死に学ぶ。

 そんな芽衣を見て、「そういう女は嫌いじゃない」と言う音奴。芽衣は、時折雄々しい声を出す音奴の正体が川上音二郎とは気づかず、目の前で着替えをしてしまい……?


■TVアニメ「明治東亰恋伽」作品概要

赤い満月の夜、女子高生の綾月芽衣は、妖しげな奇術師チャーリーのマジックに誘われ箱の中へ。目を覚ますとそこは、明治時代の「東亰」だった! 戸惑う芽衣を助けたのは、森鴎外と菱田春草。言われるがまま馬車に乗せられ、着いたところは鹿鳴館。高官たちが集う華やかな舞踏会の場で、泉鏡花、川上音二郎、小泉八雲、藤田五郎といった歴史上の人物たちと出会う。 この世界では、日没から明け方の「朧ノ刻(おぼろのとき)」に、「物の怪」たちが姿を現す。その姿を見ることができる者は「魂依(たまより)」と呼ばれ、芽衣もこの力を持っていた。慣れない生活の中、彼らと触れ合い芽生えていく恋心。「魂依」の力は、芽衣と彼らをより強い絆で結びつけていく。 しかし、現代に戻るチャンスは一か月後の満月の夜。芽衣が選ぶのは現代か、それとも…… 少し不思議な明治の東亰で、時を越えた恋の物語が開花する――。

【放送概要】

●TOKYO MX/毎週水曜23時30分~

●テレビ愛知/毎週水曜26時05分~

●サンテレビ/毎週土曜25時~

●KBS京都/毎週日曜23時~(※2月24日 第7話は24時20分~より放送)

●BSフジ/毎週日曜24時30分~(※2月10日 第5話は25時~より放送)

●AbemaTV、U-NEXTほか各社にて配信中


(C) LOVE&ART/めいこい製作委員会


アニメ『明治東亰恋伽』最新話無料▶️Abemaビデオはこちら

「明治東亰恋伽」第5話先行カット公開 芽衣を指南する芸者・音奴の正体は…?

《AbemaTIMES》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集