釘宮理恵さんお誕生日記念!一番好きなキャラは? 3位ルイズ、2位神楽、1位は… | アニメ!アニメ!

釘宮理恵さんお誕生日記念!一番好きなキャラは? 3位ルイズ、2位神楽、1位は…

アニメ!アニメ!では、釘宮理恵さんのお誕生日をお祝いする気持ちを込めて「演じた中で一番好きなキャラクターは?」と題した読者アンケートを実施しました。結果を発表します。

ニュース
「銀魂」(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス
  • 「銀魂」(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス
  • 「釘宮理恵」
  • 「鋼の錬金術師」(c)荒川弘/スクウェアエニックス・毎日放送・アニプレックス・ボンズ・電通2003
  • 「とらドラ!」
  • 「THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!」
  • 「ハヤテのごとく! Cuties」(c)畑健二郎・小学館/HAYATE PROJECT・テレビ東京
  • 「緋弾のアリアAA」(C)2015 赤松中学・KADOKAWA刊/ProjectAA
  • 「ノーゲーム・ノーライフ ゼロ」(C)榎宮祐・株式会社KADOKAWA刊/ノーゲーム・ノーライフ ゼロ製作委員会
5月30日は声優の釘宮理恵さんの誕生日です。

1990年代後半から声優として活動中の釘宮さんは、バラエティ豊かな作品でヒロインを演じてきました。女性キャラクターはもちろん、少年や人間以外のキャラなど幅広い役柄を担当している点も大きな魅力です。

「釘宮理恵」
そこでアニメ!アニメ!では、釘宮理恵さんのお誕生日をお祝いする気持ちを込めて「演じた中で一番好きなキャラクターは?」と題した読者アンケートを実施しました。5月28日(月)から5月29日(火)12時までのアンケート期間中に510人から回答を得ました。
男女比は男性約72パーセント、女性約28パーセントと男性がメイン。年齢層は19歳以下が約32パーセント、20代が約45パーセントと若年層が中心でした。

■トップはシャナ 海外ファンからの投票も


1位は『灼眼のシャナ』のシャナ。支持率は約28パーセントでした。
『灼眼のシャナ』は電撃文庫のファンタジー小説が原作。2005年にTVアニメの放送がスタート。劇場版やOVAなどさまざまなメディアで映像化されたヒット作です。

(C)高橋弥七郎/いとうのいぢ/アスキー・メディアワークス/『灼眼のシャナF』製作委員会(C)高橋弥七郎/いとうのいぢ/アスキー・メディアワークス/『灼眼のシャナF』製作委員会
本作の主人公であるシャナは、ツンデレキャラの代表格として知られています。照れ隠しの際に放つ「うるさいうるさいうるさーい!」というセリフに魅了されてしまったというコメントが多数寄せられました。
さらに「ツンデレなだけではなく、独特な強さや少女らしい一面もあって、どんどん好きになってしまいました」とシリーズを重ねるごとに惹かれていったという声も。海外ファンからの人気も高く、「夏娜」という中国名での投票もありました。

2位は『銀魂』の神楽。支持率は約15パーセント。
こちらは女性ファンから多くの支持が集まっています。神楽はヒロインでありながら、過激な発言が多いという異色のキャラクターです。
ファンからは「女の子なのにちょっとキケンなセリフがいっぱいで、この神楽ちゃんを長年演じてきた釘宮さんを尊敬します!」や「語尾の“~アル”という口癖が最高に可愛い」といったコメントが寄せられています。

「銀魂」(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス「銀魂」(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス" src
3位は『ゼロの使い魔』のルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。支持率は約9パーセントでした。
ルイズは名門貴族の娘のため、誇り高い性格の持ち主です。非常に長い本名が特徴的ですが、略さずに投票したファンが多く、その人気ぶりがうかがえました。
本作で釘宮さんのファンになった人も多いようで、「釘宮理恵さんを知るきっかけになったアニメです。声の可愛さに衝撃を受けました」といったコメントが多数寄せられています。

ルイズ『ゼロの使い魔』原作ビジュアル
ルイズ『ゼロの使い魔』原作ビジュアル
またルイズもツンデレキャラのため、「シャナとどちらに投票しようか迷った」という声も見られました。

トップ20では『FAIRY TAIL』の青猫のハッピーや、「たまごっち!」シリーズのまめっちといったマスコットキャラもランクイン。主人公やヒロインから、印象的なゲストキャラまで多彩な作品の登場人物が選ばれる結果となりました。

■ランキングトップ10


[釘宮理恵さんが演じた中で一番好きなキャラクターは?]
1位 シャナ 『灼眼のシャナ』
2位 神楽 『銀魂』
3位 ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール 『ゼロの使い魔』
4位 アルフォンス・エルリック 『鋼の錬金術師』
4位 逢坂大河 『とらドラ!』
6位 水瀬伊織 『THE IDOLM@STER』
7位 三千院ナギ 『ハヤテのごとく!』
8位 神崎・H・アリア 『緋弾のアリア』
9位 テト 『ノーゲーム・ノーライフ』
10位 ハッピー 『FAIRY TAIL』
10位 ホワイト 『血界戦線』

(回答期間:2018年5月28日(月)~5月29日(火))

次ページ:ランキング20位まで公開
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集