「重神機パンドーラ」津田健次郎が出演! 女と猫を愛するスナイパー役に | アニメ!アニメ!

「重神機パンドーラ」津田健次郎が出演! 女と猫を愛するスナイパー役に

TVアニメ『重神機パンドーラ』の追加キャストが発表された。ダグ・ホーバット役を津田健次郎が務める。AnimeJapan 2018で行われるステージイベントへの出演も決定し、河森正治監督の最新作を盛り上げていく。

ニュース
「第3弾キービジュアル」(C)2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media
  • 「第3弾キービジュアル」(C)2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media
  • 「津田健次郎」
  • 「ダグ・ホーバット」(C)2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media
  • 「MOEV」(C)2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media
  • (C)2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media
TVアニメ『重神機パンドーラ』の追加キャストが発表された。ダグ・ホーバット役を津田健次郎が務める。AnimeJapan 2018で行われるステージイベントへの出演も決定し、河森正治監督の最新作を盛り上げていく。

津田健次郎が演じるダグ・ホーバットは、本作に登場するメカ・MOEV(モーヴ)の搭乗者の一人。微笑みと軽口を絶やさないムードメーカーだが、スナイパーとして獲物を狙う瞳は獣のように鋭く冷たい。バウンティハンターが生業で、飼い猫とは片時も離れずに行動を共にしている。
第3弾キービジュアルには、ネオ翔龍の街を遠く見つめるダグが登場。女と猫を愛するスナイパーである彼のクールな魅力が詰まった1枚だ。
さらにダグが搭乗するMOEVのビジュアルも公開された。河森正治がデザインを手がけおり、機体はバイクをモチーフとしている。河森メカは変形も大きな魅力。一体どんな姿に形を変えるのか楽しみである。

今回の起用について津田は「斜に構えた軽口と、重量感のある言葉が同居した役なのは事前に分かっていたので、やりがいのある役になるであろう事は予想していました。それだけにテンションが上がりました」と喜びのコメントを発表。「ダグという掴み所の無い色男に寄り添い、彼のドラマを演じる事は楽しき時間です。ダグという男を深く魅力的に描ける様にしっかりと対峙していこうと思っています」と意気込みを語っている。
河森監督も「キャストの津田さんは一声聞いたときから、この人しかいない! と直感しました」と絶賛を隠さない。ハードボイルドな雰囲気を持つキャラクターが加わることで、物語はより深みを増すだろう。

3月24日に行われるAnimeJapan 2018のステージイベントには、河森監督、レオン役の前野智昭、ダグ役の津田が登壇予定。Twitterでは河森監督と津田健次郎のサインが当たるキャンペーンも実施中だ。詳細は公式サイトおよび公式Twitterを確認してほしい。

TVアニメ『重神機パンドーラ』
2018年春放送開始

(C)2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集