「ひなこのーと」テレビアニメ化決定 「コミックキューン」連載の演劇コメディ | アニメ!アニメ!

「ひなこのーと」テレビアニメ化決定 「コミックキューン」連載の演劇コメディ

8月26日、三月が「コミックキューン」(KADOKAWA)にて連載中の4コママンガ『ひなこのーと』のテレビアニメ化が発表された。個性的なキャラクターたちが織りなす演劇コメディに要注目だ。

ニュース
8月26日、三月が「コミックキューン」(KADOKAWA)にて連載中の4コママンガ『ひなこのーと』のテレビアニメ化が発表された。個性的なキャラクターたちが織りなす演劇コメディに要注目だ。

『ひなこのーと』は「月刊コミックアライブ」2014年10月号において、100号記念として誕生した雑誌内の4コマ誌「コミックキューン」で連載がスタート。2015年8月号をもって「コミックキューン」が独立創刊した後も連載を続けている人気作である。
主人公のひなこは、人と接するのが苦手だけど動物には好かれるため、田舎ではかかしとして働いていたという女子高生だ。彼女は人見知りを克服するため単身で上京。高校の名門演劇部に入ろうとしたものの、部はすでに廃部したことを聞かされる。さらに下宿先のアパートは1階が古本屋で、喫茶店も併設されており、その住人たちと少し変わった同居生活を過ごすことになる……。

主人公以外のキャラクターたちもユニークな面々が揃っている。ひな子の同級生・くいなは古本屋で働いているが、お気に入りの本を思わず食べてしまう癖を持つ。
先輩の真雪は喫茶店の従業員でいつもメイド服を着用。大家の千秋は元演劇部員で、無口な性格だが舞台では一変する。キュートなキャラクターたちが演劇に取り組むコメディは人気を集めそうだ。
8月27日には最新単行本第2巻がリリースされた。価格は各巻600円(税抜)となっている。なおKADOKAWAのマンガ総合サイト・ComicWalkerでは第1話と最新話を試し読みできる。

「コミックキューン」の連載作品は、2016年4月から6月にかけて『パンでPeace!』がアニメ化された。こちらは5分間のショートアニメシリーズだったが、『ひなこのーと』の放送枠はどうなるのだろうか。スタッフやキャストなどの続報も見逃さないようにしたい。
[高橋克則]

『ひなこのーと』
テレビアニメ化決定

(c)三月・KADOKAWA刊/ひなこのーと製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集