「BLEACH」福士蒼汰主演で実写映画化 監督は「GANTZ」の佐藤信介 | アニメ!アニメ!

「BLEACH」福士蒼汰主演で実写映画化 監督は「GANTZ」の佐藤信介

2001年より週刊少年ジャンプで連載がスタートした『BLEACH』が、2018年に実写映画として公開される。

ニュース
2001年より週刊少年ジャンプで連載がスタートし、これまでに発売された73巻で累計発行部数8,700万部の売上を記録している『BLEACH』。アニメ化やミュージカルへの展開を行われている久保帯人の代表作が、ついに実写映画化を果たす。『神さまの言うとおり』の福士蒼汰、監督には『GANTZ』の佐藤信介を起用。2018年の全国公開を予定している。

主人公の黒崎一護役を演じるのは、『神さまの言うとおり』『ストロボ・エッジ』などの映画に出演しヒットに導いた福士蒼汰。黒崎一護は、ある日突然現れた死神・朽木ルキアから死神の力を与えられる高校生。この力を駆使して悪霊たちと戦うことになる。本作は黒崎一護のバトルアクションに加えて、一人の男としての成長する姿も描いた作品だ。
福士は今回の発表を受けて「『BLEACH』が実写になると聞いて自分も驚きでした。自分が一護となり死神の代行として、責任を持って演じたいと思います」と意気込みを語っている。

監督を務めるのは『GANTZ』『アイアムアヒーロー』などの漫画作品を実写化し評価を高めた佐藤信介だ。佐藤は「想像力の限りが尽くされたこの世界を、映像の力の限りを尽くして描きます」とコメント。『BLEACH』という壮大な物語を映画化することに喜びを感じているようだ。さらに「福士蒼汰が一護として暴れまくる姿、お楽しみに」とファンに向けてアピールしている。

原作者である久保帯人は「ボンヤリ浮かんでは立ち消えてた実写映画が遂に実現することになりました」とこれまでの道のりを振り返ると同時に、「唯一心配なのは一護の髪の色かなー!あの色実写だとヘンだけどどうすんだろなー!」とファン目線の心境も明かしている。

実写映画『BLEACH』は2018年に公開予定。15年続いた連載の終了が明らかになっている本作だが、今回の実写化によりファンはまだまだ作品の世界を楽しめそうだ。

映画『BLEACH』
原作:「BLEACH」久保帯人(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:佐藤信介
出演:福士蒼汰(黒崎一護役)
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)久保帯人/集英社
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集