「GANTZ:O」前売特典は複製原画&ボイスドラマ 4DXとMX4Dも上映決定 | アニメ!アニメ!

「GANTZ:O」前売特典は複製原画&ボイスドラマ 4DXとMX4Dも上映決定

10月14日より全国公開がスタートするフル3DCGアニメーション『GANTZ:O』の全国共通特別前売券が8月19日より発売開始となる。

ニュース
10月14日より全国公開がスタートするフル3DCGアニメーション『GANTZ:O』の全国共通特別前売券が8月19日より発売開始される。その特典内容も明らかとなり、あわせて4DXとMX4Dでの上映も決定した。

全国共通特別前売券には2種類の特典が付属する。そのひとつが原作者・奥浩哉描き下ろし複製原画である。複製原画はブックレットに収納されての配布となる。
さらに作中に登場する加藤勝、玄野計にスポットを当てたオリジナルボイスドラマも特典として付いてくる。加藤勝は小野大輔、玄野計は梶裕貴が演じており、彼らによるキャラクターボイスドラマは本編とは違った貴重な内容になるだろう。
なおこのボイスドラマは、封入されているQRコードまたはURLサイトにアクセスすることで楽しめる。再生期間は8月19日から12月31日までで、ストリーミング再生のためダウンロードは不可能となる。
前売券は、税込1,400円で各上映劇場にて販売される。

さらに通常の上映に加えて、4DX、MX4Dを実施することも明らかになった。加藤勝をはじめとするガンツチームたちと共に、大阪に転送された感覚をリアルに体感できる。劇中の激しいアクションシーンの再現にも期待できるだろう。
最近は4DX、MX4Dが普及し、全国各地で気軽に楽しめるようになってきた。原作の人気も高い『GANTZ:O』が対応することは、4Dシステムのさらなる定着に一役買うことだろう。

『GANTZ:O』は、奥浩哉によるSFアクションコミック『GANTZ』で屈指の人気を誇る大阪編を3DCGで描いた作品。主人公・玄野計が死亡した世界を舞台に、加藤勝をはじめとした東京と大阪のガンツチームが「妖怪軍団」に闘いを挑む。

『GANTZ:O』
(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集