VR技術で非現実を体感できる ダイバーシティ東京プラザに期間限定オープン | アニメ!アニメ!

VR技術で非現実を体感できる ダイバーシティ東京プラザに期間限定オープン

ダイバーシティ東京プラザ3FにVRエンターテインメント研究施設「VR ZONE Project i Can」が期間限定オープンする。

ニュース
VR技術で非現実を体感できる ダイバーシティ東京プラザに期間限定オープン
  • VR技術で非現実を体感できる ダイバーシティ東京プラザに期間限定オープン
  • VR技術で非現実を体感できる ダイバーシティ東京プラザに期間限定オープン
アミューズメント施設運営のナムコが、東京・台場にあるダイバーシティ東京プラザ3Fに最先端の技術を盛り込んだ新たなエンタテインメント施設をオープンした。期間限定で登場するVRエンターテインメント研究施設「VR ZONE Project i Can」だ。
最近ではPlayStationVRの発売決定やOculus Riftの登場で、以前より身近になってきた印象のあるVR技術。しかし、上記の2つを試そうと思ってもなかなか試す機会がまだ少ないのが現状だ。そんな中、今回期間限定解説される「VR ZONE Project i Can」では、VR技術を駆使して様々な疑似体験が出来る施設になる。

「VR ZONE Project i Can」では、VRを活用することで、通常ではありえない体験に次々に。6 種類の非現実的体験をVRアクティビティとして楽しむことが出来る。
「高所恐怖SHOW」は地上200メートルのビル高層階に突き出た板を歩く。「スキーロデオ」は断崖絶壁でのスキー急滑降を体験できる。、実車のようなスポーツ走行と楽しめるのは「リアルドライブ」だ。
廃墟と化した巨大病棟で“本当に襲われる”ホラー体験が楽しめる「脱出病棟Ω (オメガ)」、山手線の運転手となり車掌体験ができる「トレインマイスター」、少女と共にロボットに乗り込み敵と戦う「アーガイルシフト」とラインナップは多彩だ。料金は700円から1000円ほど。

これだけ聞くとただVRで楽しく遊く遊べる施設にだけ聞こえるが、VRエンターテイメント“研究施設”と謳うという事にも理由がある。
来場者はVRアクティビティを遊ぶだけだが、ここで得た意見をバンダイナムコエンターテインメントのVRプロジェクトチーム「Project i Can」が実際に研究に取り入れる。来場者の意見が、更なる技術進歩に繋がるかもしれない。

そんなアクティビティの新しい形とも言えるこのVR体験施設。なかなか体験出来ないものを擬似的に体感出来るということで、今年の注目スポットの一つとなりそうだ。オープンは4月15日で、半年間の期間限定開設となる。
《半蔵門アラタ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集