「BORUTO-ボルト-」、2016年春に「週刊少年ジャンプ」で連載開始 原作・監修は岸本斉史 | アニメ!アニメ!

「BORUTO-ボルト-」、2016年春に「週刊少年ジャンプ」で連載開始 原作・監修は岸本斉史

「少年ジャンプ」は12月19日に、ジャンプフェスタ2016のジャンプスーパーステージ『NARUTO-ナルト-』にて、『BORUTO-ボルト-』のマンガ連載開始を発表した。

ニュース
世界的な大ヒット作『NARUTO-ナルト-』、その世界観を受け継ぐ新たな作品が2016年春より「週刊少年ジャンプ」(集英社)に登場することになった。「少年ジャンプ」は12月19日に、幕張メッセにて開催中のジャンプフェスタ2016のジャンプスーパーステージ『NARUTO-ナルト-』にて、『BORUTO-ボルト-』のマンガ連載開始を発表した。
本作は『NARUTO-ナルト-』の作者である岸本斉史が原作・監修を務める。それを小説家の小太刀右京が脚本とし、さらに漫画を池本幹雄が描く。『BORUTO-ボルト-』は、『NARUTO-ナルト-』の主人公であるナルトの息子ボルトら新世代のキャラクターの活躍を描く。
また連載マンガのだけでなく、岸本斉史自身による番外編の読切作品も2016年春に「週刊少年ジャンプ」に掲載される。ジャンプスーパーステージに登壇した岸本斉史が明かした。

『BORUTO-ボルト-』は『NARUTO-ナルト-』の後に続くストーリーとして、2015年に『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』として劇場アニメ化され大ヒットになっている。映画化にあたっては、岸本斉史が製作総指揮にあたった。『BORUTO-ボルト-』のマンガは、ファン待望と言っていいだろう。
『BORUTO-ボルト-』の脚本を担当する小太刀右京は、テーブルトークRPGの執筆や小説家として活躍する一方で、この映画にも脚本協力として参加している。池本幹雄と伴に、新しい作品に挑戦する。

発表のあったジャンプフェスタ2016は、「週刊少年ジャンプ」「週刊少年ジャンプ+」「Vジャンプ」「ジャンプスクエア」最強のジャンプ」のジャンプ5誌の作品が集結する大型イベントだ。今年で17回目となり、昨年は2日間で約16万人ものファンが来場した。
人気マンガ家や声優が登場するジャンプスーパーステージや原画を展示するジャンプ原画ワールドなどの企画を用意する。出展社ブースも人気だ。各作品の最新情報もそのひとつで、『BORUTO-ボルト-』の連載開始は、目玉のひとつになる。
「週刊少年ジャンプ」の公式サイトでは、これまで「COUNTDOWN TO THE NEXT GENERATION」とタイトルしたカントダウンイベントを続けてきた。これが現在、『BORUTO-ボルト-』の連載開始告知ページに切り替わっている。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集