“神戸市公安9課”起動。「攻殻機動隊」が神戸市と取り組む連携プロジェクトとは? | アニメ!アニメ!

“神戸市公安9課”起動。「攻殻機動隊」が神戸市と取り組む連携プロジェクトとは?

神戸市と『攻殻機動隊 新劇場版』、『攻殻機動隊 ARISE ALTENATIVE ARCGITECTURE』のPRプロジェクトが「神戸市公安9課」に決定した。描き下ろしイラストも登場している。

ニュース
(c) 士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会
  • (c) 士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会
この4月からテレビ放送がスタートした『攻殻機動隊ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE』、そして6月20日に全国公開される『攻殻機動隊 新劇場版』、両作品が神戸市とコラボレーションを実施している。2015年3月17日から始まったこのプロジェクトが、「神戸市公安9課」と銘打ち、起動することになった。また今回のプロジェクトのためにイラストが描き下ろされ、発表となった。

イラストは『攻殻機動隊 新劇場版』の総作画監督を務める大久保徹さんによって描かれたものだ。神戸市にあるポートタワーを見る主人公・草薙素子の姿が印象的に仕上げられた。
そして「これから…はじまるのよ」と「神戸市公安9課、起動。」と白い文字で書かれている。イラストはポスターとして市役所1号館の24階展望ロビーや神戸空港、ポートライナーなどで掲出される予定だ。

『攻殻機動隊』には神戸市をモデルにしたと思われるシーンが数多くあるという。「神戸市公安9課」は、そうしたことをきっかけに実現している。
PRプロジェクトでは神戸市ならではの観光振興に取り組む。「IT関連産業の振興」、「オープンデータ・ビッグデータの利活用」などIT先進地域ならでは、そして『攻殻機動隊』ならではの取り組みになる。

また専用サイトもリニューアルされ、描き下ろしイラストを活用した観光振興や、神戸市のIT施策などを世に発信していく。さらに神戸市をモデルにしたと思われるシーンの紹介も行われ、アニメと共に楽しめる内容となる予定だ。
注目度の高い『攻殻機動隊』と神戸市のコラボ、今後も豪華な企画が登場しそうだ。続報に注目したい。

「神戸市公安9課」公式サイト
http://kobekokaku.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集