「ふたがしら」松山ケンイチ、早乙女太一らで撮影快調 TVドラマで描くオノ・ナツメの世界 | アニメ!アニメ!

「ふたがしら」松山ケンイチ、早乙女太一らで撮影快調 TVドラマで描くオノ・ナツメの世界

WOWOWで6月13日から放送スタートの新ドラマ『ふたがしら』の撮影が、3月~4月上旬にかけて東映京都撮影所を中心に行われた。

ニュース
「ふたがしら」松山ケンイチ、早乙女太一らで撮影快調 TVドラマで描くオノ・ナツメの世界
  • 「ふたがしら」松山ケンイチ、早乙女太一らで撮影快調 TVドラマで描くオノ・ナツメの世界
  • 「ふたがしら」松山ケンイチ、早乙女太一らで撮影快調 TVドラマで描くオノ・ナツメの世界
6月13日よりWOWOW、放送スタートの新ドラマ『ふたがしら』が始まる。オノ・ナツメが描くマンガを原作に、劇団☆新感線の座付き作家・中島かずきが脚本化する。さらに『SR サイタマノラッパー』シリーズ、『ジョーカー・ゲーム』などを手がける気鋭の入江悠が監督となる。
そして主演は松山ケンイチと早乙女太一という人気の顔ぶれとなった。多方面から期待される作品となった。

その撮影が3月~4月上旬にかけて東映京都撮影所を中心に行われた。主演のふたりも渾身の演技で挑んでいる。そしてその撮影現場レポートが到着した。
「おもしろいことがやりたい」という野望を胸に世話になった盗賊一味から離れて、大坂、江戸を転々とする弁蔵(松山)と宗次(早乙女)。2人は旅の途中さまざまな人々と出会い、成長し、やがてふたりで頭(ふたがしら)をつとめる盗賊一味を作り上げていく。松山と早乙女はどのような気持ちだったのだろうか。

今回は江戸から大坂の町にやってきた弁蔵と宗次が泥棒として大きな仕事をすることもままならず焦っているところ、出会った人たちからチャンスがもたらされるという場面。撮影は撮影所のオープンセットで行われたという。
活気に満ちた盛り場を舞台に、颯爽と現れる松山と早乙女の2人。着物を粋に着こなした姿も魅力的だ。実はこの2人、2014年に劇団☆新感線の舞台「蒼の乱」で共演しているので息もピッタリに合っていたという。
「そのときのふたりの関係性が『ふたがしら』にちょっと似てるんですよ」と話すのは早乙女だ。だからこそ余計に弁蔵、宗次の役作りが深まっていると言えるだろう。

また、現場で次々にアイディアが出て盛り上がっている点も特徴だ。酔ったふたりが歩く場面では、いつもクールな宗次がハメを外し過ぎて髷が乱れているのだが、これも現場で決定した設定だという。
松山は、「ぼくらのアイデアも取り入れてくれるので、現場でアイデアを出し合いながら世界観を膨らませています」とコメント。また、「早乙女太一君とのコンビもかなり面白くなっています」と早乙女との演技にも自信を見せていた。
その早乙女は「映像経験もさほど多くないため、戸惑いもありますが、映像経験抱負な松山ケンイチさんにいろいろ教えていただきながらやっています」と謙虚なコメントを残している。

土曜オリジナルドラマ 「連続ドラマW ふたがしら」
6月13日(土)放送スタート 毎週土曜夜10:00(全5話)※第1話無料放送
/http://www.wowow.co.jp/dramaw/futagashira/
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集