LiSA、三森すずこ、上坂すみれも出演した狂乱の前夜祭『AJ Night』開催! | アニメ!アニメ!

LiSA、三森すずこ、上坂すみれも出演した狂乱の前夜祭『AJ Night』開催!

今年が初開催の「AnimeJapan 2015」スピンオフ企画のアニソンクラブ系イベントが『AJ NIGHT』だ。当日の盛り上がりを密着レポート、お届けする。

イベント・レポート
「AnimeJapan 2015」スピンオフ企画「AJ NIGHT」
  • 「AnimeJapan 2015」スピンオフ企画「AJ NIGHT」
  • 「AnimeJapan 2015」スピンオフ企画「AJ NIGHT」
  • 「AnimeJapan 2015」スピンオフ企画「AJ NIGHT」
  • 「AnimeJapan 2015」スピンオフ企画「AJ NIGHT」
  • 「AnimeJapan 2015」スピンオフ企画「AJ NIGHT」
  • 「AnimeJapan 2015」スピンオフ企画「AJ NIGHT」
  • 「AnimeJapan 2015」スピンオフ企画「AJ NIGHT」
  • 「AnimeJapan 2015」スピンオフ企画「AJ NIGHT」
3月20日、Zepp Tokyoにて「AJ Night」が開催された。「AnimeJapan 2015」スピンオフ企画のアニソンクラブ系イベントで今年が初開催となる。LiveActとDJが交互にアクトするイベントはステージ上に3つ用意されたスクリーンを駆使したVJも展開し、詰めかけた観客を熱狂させた。
さらに今回は「ラブライブ!」「ソードアート・オンライン」「ご注文はうさぎですか?」など各製作委員会から許諾を得たアニメ映像をVJに使うという試みも行われた。

会場直後からオープニングDJであるDJ和が様々なアニソンの神曲を連発しフロアを煽ると、『This game』のピアノイントロの中、LiveActのトップバッター、鈴木このみがハードなロックサウンドで会場の空気を一変させる。
14歳でデビューし、この3月で高校を卒業した鈴木の研ぎ澄まされた歌声に観客も熱い声援で応えていく。高校卒業後初のライブであることをMCで告げ、新たなスタートの決意を込めるように『DAYS of DASH』を歌い上げた。
続くDJサイドは秋葉原のアニソン系クラブハウスMOGRAの店長D-YAMA。4つ打ちビートにアニソンを叩きつけるように重ね、フロアを「オイオイ」コールから「心ぴょんぴょん」の大アンセムまで自在に生み出していく。
アーティスト2番手を務めたのは上坂すみれ。むろみさんに自分の居場所を教えるために絶唱する『七つの海よりキミの海』から突入し『閻魔大王に訊いてごらん』などを披露。全身から溢れるグルーヴが激しいサウンドと相まってステージからまるで目が離せない。

間髪入れずにDJ WILDPARTYがプレイ。『ラブライブ!』の楽曲を中心としたファンを殺しにかかる選曲にいい意味で恐怖を覚えたが、観客は受けて立つかのように休む事もなくペンライトを振り、声を張り上げていく。

LiveAct3番目はピンクのワンピースに身を包んだ三森すずこ。ライブ初披露の『Wonderland Love』、デビュー曲『会いたいよ…会いたいよ!』など大切な曲を惜しむことなく披露し、あっという間にファンタジックな世界で会場の色を塗り替えていった。
『ご注文はうさぎですか?』のキャラソンなども手がけるKai Kawasaki(p.m.works) は硬質なテクノ、ハウスサウンドで会場を挑発する。自身が制作に関わった曲を中心に、シンセサイザーの演奏を織り交ぜての演出が興奮を禁じ得なかった。

次のLiveAcで、バトンを引き受けた黒崎真音へと繋いだ一幕には興奮を禁じ得なかった。は『X-encounter』『楽園の翼』と圧倒的な歌声で観客を引っ張り上げ、デビュー曲『Magic∞world』をこの日だけのAJ NIGHTバージョンで歌唱、激しいコール&レスポンスで会場全体を熱狂の空間へと巻き込んでいった。
次のDJはアイドルマスター クリエイターズ。アイマスの作曲家中川浩二(BNSI)、おおくぼひろし(BNSI)、Taku Inoue(BNSI)によるDJユニットだ。盛り上がらないはずがないアイマスのあの曲、この曲を畳みかけるように繋ぎ続ける荒技は一種の狂乱を作り出した。

イベント最大規模のお祭り騒ぎが終わり、ステージからDJブースが運び去られると、ステージはぽっかりと空いた。暗転し、モニターに名前が映し出されると、それまでとは異なる歓声が上がる。はっと息をのむ瞬間に姿を現したのはLiveActのトリ、LiSAだった。『Rising Hope』がはじまると観客が丸ごと入れ替わったかのような感覚に襲われた。ライブをするために生まれたような彼女の存在感。圧倒的なステージングで『crossing field』『シルシ』を歌唱。会場は完全に「ライブハウス」となっていた。

大トリはDJデュオ、motsu×DJ KAYA。一見はランダムと見えるが、そこには絶対的な安心感がある。RAPやMC、煽り、パフォーマンスから選曲にいたるまで、ホスピタリティーに満ちた二人のショーに、3時間オーバー休憩もなし、立ちっぱなしで音楽に浸り続けたアニソンクラスタが余力を振り絞って、というよりむしろパワーを生み出し続け熱狂する。 最後の選曲『CYBER CYBER』が流れると、黒崎真音さんが、観客として来ていた八木沼悟志を引き連れ突然乱入。ALTMAメンバーが全員揃い、しかもパフォーマンスをするというサプライズに会場も大盛り上がり。強烈で濃厚な余韻を残し、イベントは終了した。

各アーティスト、DJの個性やパフォーマンス、観客の熱意が集まった非日常空間。本イベントの余韻は、今後の動きを大いに期待させるものだった。

鈴木このみ 上坂すみれ 三森すずこ 黒崎真音 LiSA
<オープニングDJ> DJ和
< DJ > D-YAMA(MOGRA) DJ WILDPARTY Kai Kawasaki(p.m.works) アイドルマスター クリエイターズ motsu×DJ KAYA
《細川洋平》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集