榮倉奈々が女鑑定士! 「劇場版 名探偵コナン 業火の向日葵」はアートがテーマ | アニメ!アニメ!

榮倉奈々が女鑑定士! 「劇場版 名探偵コナン 業火の向日葵」はアートがテーマ

『名探偵コナン 業火の向日葵』が4月18日に全国公開となる。本作のゲスト声優が決定した。女優の榮倉奈々さんが絵画鑑定士・宮台なつみ役を演じる。

ニュース
劇場版「名探偵コナン」の最新作第19弾『名探偵コナン 業火の向日葵』が4月18日に全国公開となる。このたび、本作のゲスト声優が決定した。
本シリーズは、毎回、話題の人をゲストに起用することで知られている。誰がゲストに選ばれるかも楽しみのひとつになっている。今回は女優、そしてモデルとしても活躍する榮倉奈々の登場となった。

映画の題材もシリーズの見どころだ。『名探偵コナン 業火の向日葵』では、アートがテーマになる。ゴッホの歴史的名画「ひまわり」を題材としたアートミステリーを展開するという。
榮倉奈々さんが声を演じるのは、絵画鑑定士・宮台なつみ役だ。宮台なつみは、怪盗キッドから「ひまわり」の絵画を守るために召集された「7人のサムライ」と呼ばれる精鋭のメンバーのひとりだ。迅速に鑑定をこなす絵画鑑定士である。
歴史にも造詣が深く「ひまわり」についても様々な学説を研究しているとの設定だ。事件を捜査するコナンたちに大きく関わっていくことになる。人気キャラクターである怪盗キッドとどの様に絡むのかも楽しみだ。

今回の起用にあたり榮倉さんは、子供の頃から「名探偵コナン」シリーズを楽しんでいたとコメントする。一番好きなキャラクターはヒロインの毛利蘭で、彼女に気持ちを投影して作品を観ていたため特別な思い入れがあるようだ。
榮倉さんが声優を務めるのは『コララインとボタンの魔女』の日本語吹替版以来、実に5年ぶりとなる。幼少時より慣れ親しんだ「名探偵コナン」でどのような演技を披露するのか期待させる。

劇場版「名探偵コナン」は1997年に第1作が公開されて以来、毎年ゴールデンウィ―ク映画として人気を集めている。前作『名探偵コナン 異次元の狙撃手』は史上最高の興行収入40.9億円を記録し、シリーズ累計興収も500億円を突破した。
最新作『名探偵コナン 業火の向日葵』は主人公・江戸川コナンのライバルである怪盗キッドが事件に深く関わってくる。コナンと怪盗キッドのバトルも盛り込まれており、今年もファン注目の1作に仕上がりそうだ。
[高橋克則]

『名探偵コナン 業火の向日葵』
2015年4月18日(土)全国ロードショー
http://www.conan-movie.jp/index.html

[コメント]

榮倉奈々
「子供の頃から観ていた作品なので、お話を頂けた時はとても嬉しかったです。声優としては5年ぶりの挑戦になりますし、あの「名探偵コナン」ということもあってプレッシャーを感じています。しかし、大好きな作品なので自分自身楽しんでやれたら、と思います。
私が演じる“宮台なつみ”は、絵画を深く愛している、絵画鑑定士です。鑑定士は絵画に対して全力で打ち込めるとてもロマンチックな職業なので、そのあたりを上手く演じられたらと思います。あとは、専門用語が多いので言い慣れるように頑張ります!
今回の映画は、ファンの皆様が注目しているコナンVS怪盗キッドの対決がド派手なアクションで繰り広げられますので、どうぞお楽しみに!私も頑張ります!」
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集