「それが声優!」AnimeJapanにブース出展 キャラクターと一緒の3Dフィギュアを制作 | アニメ!アニメ!

「それが声優!」AnimeJapanにブース出展 キャラクターと一緒の3Dフィギュアを制作

2015年夏放送開始のテレビアニメ『それが声優!』がAnimeJapan 2015にブース出展する。キャラクターと一緒の3Dプリントフィギュアを制作できるユニークな企画を行う。

ニュース
2015年夏放送開始のテレビアニメ『それが声優!』が、3月21日、22日開催のアニメイベントAnimeJapan 2015にブース出展することが決定した。人気声優と人気マンガ家が手を組んで同人誌からスタートした異色の作品だ。
そんな作品らしくAnimeJapan 2015でも、異色の企画を実施する。全身のモデルデータを自動生成できる3Dスキャナを使用し、キャラクターと一緒の3Dプリントフィギュアを制作できるユニークな企画だ。

AnimeJapan 2015では『それが声優!』のアニメーション制作を担当するGONZOブースと共同で、3Dプリントフィギュア制作の実演が行われる。フィギュア制作希望者は日本初上陸の3Dスキャナ・Shapifyを使って自身をスキャンし、後日プリントされたオリジナルの3Dフィギュアを受け取ることができる。
3Dフィギュアはキャラクターとセットになったものだけでなく、スキャンした本人のみのフィギュアも作成可能。GONZO公式通販サイト・GONZO STYLEでは、3月8日まで事前オーダーを受け付けている。
価格は本人のみのフィギュアが25000円、『それが声優!』のキャラクターとのセットフィギュアが35000円(全て税抜き)となる。自分のフィギュアを入手できる貴重な企画は注目を集めそうだ。

また『それが声優!』ブースでは、オリジナル小冊子の無料配布やテレビアニメの最新情報を公開する。
さらに隣接のGONZOブースでは、3Dスキャナを体験した原作者・あさのますみさんの3Dプリントフィギュアも特別に展示。こちらの仕上がりも気になるところである。

『それが声優!』はマンガ家の畑健二郎さんと声優のあさのますみ(浅野真澄)さんがタッグを組み、2011年からスタートしたオリジナル同人誌が原作。新人声優の成長を描いており、実体験に基づいたリアルな日常描写や、実在声優が実名で登場するなど前代未聞な内容で人気を博している。
[高橋克則]

テレビアニメ『それが声優!』ティザーサイト
http://soregaseiyu.com/

GONZO STYLE
http://gonzo-style.ecq.sc/
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集